ギター歴5年

明日、4月19日(金)がなんの日かといえば、2014年に僕が趣味でギターをはじめたとカミングアウトした日です。

本当はこの数週間前の3月末にギターを買ってはじめていたんだけど。
購入した時点では「3日坊主で終わったら恥ずかしいな」と思っていたので黙ってた。4月中旬になって「この調子なら半年くらいは続けられそうだな。あれだけ大騒ぎした自転車は3ヶ月くらいで飽きちゃったけれど、その記録は抜けそうな予感がするから公表してしまえ」と思ってカミングアウトしたわけです。

半年くらいだと予想していたギターが、ついに5年を超えたわけです。みなさんにとってはくだらない話かもしれないけれど、僕自身にとってはかなりグッとくるわけです。

ただ、この時買ったギター(当時市価15,000円くらいだった Maestro のレスポール)は見事に半年くらいで飽きたらなくなって、その10倍弱の値段のギター(お高いことで有名なPRSのものだけれど、その中でも安いモデル)を買っちゃったわけだけれど。これはすごく気に入っていて、買い替え以来ずっと使ってる。出張などで物理的に無理(いや、時には出張先に持っていったこともあるけど・・・)な場合を除いて、2日と空けずに触ってるんじゃないかな。びっくりです。

これだけ続けてこられた大きな要因は、「人から応援してもらった」ということかなと思っています。みなさんありがとうございます。

応援されると言って最初に挙がるのは、月3回のギターレッスン。講師が根気強く褒めてくれたり、励ましてくれたりするというのがある(時には手厳しくやられるけど)。
でも、僕がレッスンに通い始めてもうすぐ5年になるけれど、何度も周りの生徒の顔ぶれが変わった。多少は講師と生徒の相性もあるのかもしれないが、同じ講師なのに他の生徒が継続していないということは、レッスンなり講師なりが継続の主要な要因ではないと推測できる。

僕がもっとも主要だと考えるのは、毎週金曜日の夜に行っている「フライデーナイトギター」という動画生配信だと思っている。

僕の手元に残っている記録によれば、初回の配信は2015年の11月ころのようだ。きっかけは、某学会でシンポジウムの様子をライブ配信したことだと思う。ライブ配信が簡単にできることがわかり、遊び半分でギターの中継をやってみたことだと思う。
遊び半分だったので継続してやるつもりは全く無かった。それでも、何人かの人が見てくれると何だか面白くなって。不定期に中継することになった。

定期開催になった大きなきっかけは、後に一緒にざじょんくすを結成することになる @HIGUCHI_MA の登場である。彼は僕と同世代で、高校生くらいからギターをやっていたが、しばらく遠ざかっていたという。
そんな彼が、僕の中継を見て物置(?)からギターを引っ張り出してきたらしい。そして、僕と同じように中継をするようになった(それを初めて見た時、僕は彼の腕前に嫉妬して「今度会ったら殴ってやろう」と思ったことは秘密だ)。

それをきっかけに、ふたりとも金曜日の夜に「フライデーナイトギター」と銘打って、ギター演奏中継をするようになった。時にはNETDUETTOという遠隔セッションソフトを使って合奏を中継したりもしてる。彼が関東で、僕が関西なのだが、どちらかが出張で相手の近所に出向いたときは一緒にスタジオに入ってセッションしたりしてる。
彼はいい人なので、僕のしょぼい演奏にも嫌な顔をせずに付き合ってくれる。応援してくれる。

こういう仲間がいると続けられる。
毎回1-2人がせいぜいだけれど、誰かが中継を見てくれていると思うと張り合いが出て続けられる。

自分が応援されてわかったけれど、人を応援することって大切ね。

なお、ギターはじめた時に宣言した目標は「モテること」でしたが、そっちはさっぱりです。くっそ。

同時に、当時「誰でも簡単に弾ける “Smoke on the water” すらたどたどしい。精進します」みたいなことも言ってたけれど、つい先月もやっぱりダメでした

精進します。モテたいです。(5年ぶり2度め)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. マロニエ

    5周年おめでとうございます。
    ギター弾くとモテるかはよくわかりませんが、人の輪は広がりますね。感謝しています。
    ところでJazz Nのママが木公に本物のベースを紹介すると言ってました。
    女子ということと、かなり美形だということしかわかりません。
    とても気になりますので連絡してみてください。
    応援しています。

    • 木公

      とても気になります。
      美女バンド結成を目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。