安全戦士CONDOMSと気体発生実験

安全戦士CONDOMSというコンドームをプレゼントされ、それを使ってアイスキャンディーを作ったのは今月上旬のことである。

それから20日あまり。
件のコンドームをプレゼントしてくれた某♂が、自慢げに”酸素水“というミネラルウォーターを飲んでいた。
聞くところによると、通常の水の5倍ほどの酸素が混入されているらしい。

通常の5倍と言えば、シャア専用のさらに1.67倍に相当する。こんなナマっちろいボディが、赤くて通常の3倍のシャア専用以上の能力を有しているとはどうしても信じがたい。

信じがたいので、
「腸には酸素を取り込む機能はないよ。赤血球の二酸化炭素と酸素を交換する働きがあるのは肺だよ。腸にいくら”酸素水“を送り込んだところで、何も影響はないのでは?むしろ、その水を鼻から吸い込んで、気管を介して肺に送り込まないと意味ねーんじゃね?むせかえっても責任は取らないけれど。」
と、シャアを擁護する発言をしてみた。

しかし、シャアを愛する者としては
「見せてもらおうか、アサヒのミネラルウォーターの実力とやらを!」
と言ってしまうのがサガであり。


水に溶解する気体の量は「溶解度」と呼ばれ、気体の種類によっても異なるが、圧力や温度によって影響を受ける。一般に、温度が高くなるほど、もしくは、圧力が低くなるほど気体は溶けにくくなる。
ペットボトルに飲料を封入するとき、大きな圧力をかけるとのことである。ということは、開栓するとペットボトル内の圧力は低下し、水に溶けきれなくなった気体がいくばくか発生するはずである。
その気体の量を測定すれば、”酸素水“に本当に5倍の酸素が封入されているか確かめられるはずである。

しかし、悲しいかな。我が家には理科実験用の道具がない。
どうやって発生した気体を集めて測定すればいいのか。

ぴーん。
ペットボトルの口にゴム風船をつけて、発生した気体を集めればいい。
あるじゃないか、おあつらえ向きのアノ道具が!


【方法】
開栓前の”酸素水“の口にコンドームを装着し、開栓直後に発生した気体をコンドームで収集する。
統制条件として、コカ・コーラ酸素イン(酸素量12倍!!)、天然水を準備し、比較する。

ドリンク4種類


開栓する前に各ペットボトルの口にコンドームを装着。
余分な空気が入らないように気をつけて装着することは、ナニのときと一緒。
空気漏れが最小限になるよう、口を輪ゴムで縛る。

コンドーム装着

コンドームを破らないように、慎重にキャップをひねって開栓する。


【結果】
まずは比較対照のコカ・コーラ
炭酸飲料は一気にガスが出るので、もっとも多くの気体が発生すると予測される。

コーラの結果


さすが、天下の炭酸飲料コカ・コーラ。ちょっとキャップをひねって、「プシュッ」というや否や、あっという間にコンドームが膨らんだ。



さて問題の酸素水である。

酸素水の結果

ちょっと膨らんだ。
コカ・コーラには遠く及ばないが、きちんと膨らんでいる。
コンスコン風に言えば「ア、アサヒのミネラルウォーターは化け物か!?」である。



最後に、全部並べてみる。

最終結果

膨らんだ量が多い順に、
コカ・コーラ > 酸素水酸素イン天然水
であった。
酸素水のコンドームが若干横に広がっているところに注目して欲しい。

ていうか、酸素イン天然水は全く膨らまなかった。


【結論】
酸素水は確かに通常(天然水)より多量の酸素が含まれているようである。
しかし、12倍を誇る酸素インは通常の水とあまり変わらないようである。


【おまけ】
各ミネラルウォーターを飲み比べてみた。
違いのわからない男である当方には、やはり違いがわからなかった。
しかし、どのミネラルウォーターにも甘みを感じた。
コンドームに添付されているゼリーが飲み口に付着し、それを舐めとってしまったのではないかと不安になった。


なお、実験中に過って何枚かのコンドームを破って破損した。
ちょうど在庫が0になりました。
どうもありがとうございました。

コメント (7)

  1. 酸素水は500ml入りで 150円ほど。
    仮に金魚の水槽が2リットルだとすると、酸素水で満たすのに300円ほどかかります。
    月に2回水の入れ替えをするなら、金魚の”家賃”は月額600円。
    金魚が1匹100円で売っているとするなら、彼/彼女の価格の6倍もの家賃を支払うことになるわけです。

    さて、僕の値段はいくらか?
    とりあえず、死んだら3000万円くらいの生命保険がおりることになっているので、これを僕の価格としましょう。
    僕の価格の6倍の家賃を払うとすると、月1億8千万円。
    なお、僕の実際の家賃は保険金額の300分の1以下です。

    僕が自分の価格に比べてこんなに”安い”家に住んでいるのに、どうして金魚にそんな贅沢をさせなきゃいけないのでしょうか。

    そんなわけで、3000円のブクブク装置と塩素抜き剤と水道代でいいのです、金魚は。
    そうしないと、僕の人間としての尊厳が保てましぇん。

  2. 「すわ! 安全戦士の続編!!!」と
    早速楽しく拝読いたしましたわ。

    しかし、今回も「間違った使いかた」ですわよ(-_-;)
    もっと発奮してくださいませっ!

  3. おお~。
    酸素水、なかなかやりますな。
    12倍の酸素インに比べて
    5倍とはなんて控えめな。

  4. なかなかのパフォーマンスの「酸素水」。
    どうでもいいことですが、逆から読むと「水素酸」。なかなかにカラダに悪そうです。

  5. コンドームにコーラを限界まで入れる

    当blogの「安全戦士CONDOMSと気体発生実験」と基本的なアイディアや、バカさ加減に関しては大差はないのだが。 豪快さとお色気で、完全に負けた・・・。…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。