NHK『ゲゲゲの女房』第63回

 当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第63回めの放送を見ましたよ。

* * *


「貧乏神をやっつけろ」

 茂(向井理)の戦艦模型は、片手だけで作ったとは思えないほど精密だった。茂はもっと見せようとするのだが、急に締め切りの事を思い出して仕事に戻ってしまう。マンガ修行と称して、はるこ(南明奈)が無給でのアシスタントと申し出た。なんとか彼女をデートに誘おうとする浦木(杉浦太陽)は、あまりのしつこさに家からたたき出されてしまった。

 2月も半ばになった。 茂は、戌井(梶原善)の出版社へ原稿を届けに行く。彼の所から出すのはこれで3作目になる。そろそろ原稿料の値上げを交渉しようと思っていた。
 しかし、戌井の出版社の雲行きは怪しくなっていた。出した本が返品されて戻ってきており、茂の作品に対する苦情のハガキも届いていた。
 その上、少ないパイを取り合って、他の出版社との関係も悪化している。取次に圧力をかけて、戌井の会社の本を扱わないよう指示しているところもあるという。戌井は資金繰りのために、自分で描いた漫画を他社に持ち込んで原稿料を貰っていたのだが、ついに掲載を全て拒否されるようになったという。ふたりは、貸本業界が不景気だからこそ助け合う必要があると残念がる一方で、どこも経営が苦しく必死であることに理解も示すのだった。

 結局、茂は原稿料の値上げを言い出すことはできなかった。受け取った原稿料1万円は、そっくりそのまま自宅ローンの支払にあてた。しかし、すでに20万円の負債があるため焼け石に水である。不動産屋の主人(田中要次)は強硬手段に出ることをちらつかせ、脅しをかけてくるほどだった。

 戌井の出版社の状況、不動産屋とのやりとりなどを聞いた布美枝(松下奈緒)は、隠していた出産祝い金を差し出した。藍子の初節句の雛人形を買うようにと、布美枝の実家から送られて来ていたのだ。ひな祭りは来年以降もチャンスがあるが、ローンは今すぐ解決しなければならないと言って、不動産屋への負債にあててしまった。

 精一杯のひな祭り気分を出そうと、布美枝は紙を折って内裏様とお雛様の人形を作った。買い物の時に、ひなあられを一袋だけ買って帰ってきた。
 家に入ると、茂は上機嫌で布美枝を待っていた。豪華な7段のひな壇を絵に描き、襖に貼っていたのだ。一番上には、布美枝の折った人形が貼り付けられていた。絵に描いた料理や酒を前に、ふたりで飲み食いした芝居をしながら楽しむのだった。

* * *





 貧乏神(片桐仁)は一瞬だけ登場。茂は貧乏神の存在をはっきりと意識していて、彼の姿が見えると「出て行け」と罵倒する。・・・別にあってもなくも、どうでもいいようなシーン。上のまとめ記事ではカットされるレベル。

 結局、一部にコアな人気のある片桐仁を話題づくりのために押し込んだだけじゃねーのか?と疑うレベルの扱い。もうちょっと使いようもあっただろうにと、冷ややかに見てしまうレベル。
 今後、活躍の機会があるのだろうか。

 話としても、手を変え品を変え、いかに貧乏かという表現の繰り返しなので、進展もなくいまひとつパンチに欠けます。子どもが生まれても、あんまり代わり映えがしない、正直なところ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)


  1.  ちょっと待て! どんな当方? どんな当方がNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第63回めの放送を見たの!?

  2. 「ボーっとしていて、マクラを準備していなかった」当方です。

    ・・・ていうか、書き忘れたことを明日のマクラにしようと計画していたのに、先に突っ込み入れちゃうんだもんなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。