プレ・プロポーズ

彼女と出会ったのは、僕が京都に住んでいた時分だ。もう何年も前の話である。
そして現在、僕は神奈川に住んでいる。彼女とは、いわゆる遠距離恋愛という関係だ。

さる3月25日未明、僕たちはいつものようにビデオチャットでおしゃべりをしていた。
数日前から、僕はブログのエイプリル・フールのネタを考えあぐねていた。ていうか、彼女にいくつか原案を提示したのだが、ことごとく却下されていた。ネタに対する彼女の査読はわりと厳しい。

その日はそれとは別に、「そろそろ結婚のことを正式に考えようか」という話になった。なんとなく。
両家の顔合わせはいつにするかとか、そもそも親には交際を打ち明けてないからどうしようとか、届出をするのはいつ頃で、一緒に住み始めるのはいつにしようかなどなど、半分真剣に、半分冗談めかして話していた。

結局、大事な話は一つも決まらなかった。けれども、ふたりの関係を電撃発表してみんなを驚かせてやろうということは合意に達した。こういうネタ好きなところは、僕と彼女は本当によく気が合う。

* * *


ふと、彼女が「木公のプロポーズ大作戦」とつぶやいた。
エイプリル・フールのネタとして、僕がブログでプロポーズの方法を募集すれば面白いと言うのだ。

(1) 僕に恋人がいるとは思っていなかった読者は驚く。しかし、4月1日だからウソだと思うに違いない。・・・でも本当のことなのに(笑)。
(2) 僕たちの関係に薄々気づいている人々は、「ああ、やっぱり」と思う。しかし、4月1日だから「いやいや、待て。これはウソかもしれないぞ。そもそも付き合ってすらいないのでは?」と悩む。・・・ザマアミロ(笑)。
(3) 裏の裏を読んだ読者はこう思うだろう: 木公がプロポーズしたいと思っているのは本当だ。しかも彼は、この記事をもって本気のプロポーズとするつもりに違いない!今頃恋人は、この記事を読んでびっくりしてることだろう。・・・黒幕は恋人本人なのに(笑)。

などなど、とても複雑な仕掛けのしてある、良いネタになると言う。
僕の恋人は、本当に賢くて愉快な人だと思う。僕はすぐに賛成し、採用を決めた。

* * *


ふたりで盛り上がっていたのだが、ビデオチャット画面に映る彼女の表情が少しずつ曇ってきた。
「もしかして、本当にそれでプロポーズを済ませるつもりじゃないでしょうね?読者からロマンチックなプロポーズを募集するのはいいけど、あなたはそれを上回るプロポーズ方法を考えて実行しなくてはならないのよ。」
と言うのだ。

俺、絶句。
しかも、ふたりの生涯の大切な瞬間を、公のブログで面白おかしく脚色することは人として許されるのだろうか?
もっと上品で、穏やかに、ふたりだけの思い出に残るような、それでいて親しい人々や子孫には「木公くんはこんなに素敵なプロポーズをしてくれたのよ」と彼女が自慢できるようなものにしなくてはならないのではないか?

* * *


僕は、とっさに、思わず、「今言います。結婚してください。」と口走ってしまった。
その日は休日で、髭も剃らずシャワーも浴びないボサボサ頭で、指輪もないし、ビデオチャット越しだった。セリフに何の工夫もない。
けれども、世間にネタを発表する前に、確固とした事実として、きちんと彼女に求婚しておく必要があると思ったのだ。

しかしそれは、どう見ても場を取り繕った、言い訳のようなプロポーズだった。
彼女はますます眉をしかめた。そりゃ、そーだ。

しかも、僕は
「あ、今のは練習。っつーか、プレ・プロポーズということで。本番はもっとちゃんとロマンチックなやつを行いますから」
などと、火に油を注ぐ始末。「プレ・プロポーズ」という言葉が特に悪かった。ますます怒られる俺。

その後はどうなだめたのか、実はちゃんと覚えていない。しかし、僕がどれだけ彼女のことを大切に思っているか、真剣に説明したはずだ。

その熱意だけは通じたようだ。
「こんな私でいいですか?嬉しいです。」
と言って、彼女は目を潤ませながら答えてくれた。

彼女の涙を拭いてあげられないのがもどかしかった。遠く離れている彼女を泣かせるなんて、自分はなんてひどいことをしたんだろうと反省した。

しかし。これは悪い涙じゃない。

「これから一生、あなたには絶対に悲しい涙を流させません。そのかわり、たくさんたくさん嬉しい涙を流させます。」

そう約束した。
みらいを明るくするべく、これから頑張る所存です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (29)

  1. ここまでひっくるめて「嘘」だとすれば,稀代の詐欺師になれると思うけど,さすがにそれはないだろう(広告業界に転職して大成功した行動主義心理学者もいるから無いとは言えないけど)。

    しかし,2年連続でエイプリルフールに重大な発表をする木公さんには,ほとほと参りました。「ネタを装ったマジな話」ということを「ちらちら」と考えつつ,アホな提案してしまいました。どうぞ彼女と盛大な銀行強盗をしでかして,逃避行に疲れた末の,ロマンチックのかけらもないプロポーズをしてください(まだ言うか)

    で,ここは素直に「プレおめでとう」を言うべきですね。
    「絶対に悲しい涙を流させない」と言った言葉は重いよ~。本気で歯を食いしばって頑張らなあかんね。きっと何かしら二人にのしかかる大変な出来事ってのが巡ってくるから。その時に,この言葉を思い出して,ぐっと頑張ってください。
    これからの二人に心からのエールを送ります。

    • ありがとうございます。自分で自分に重い十字架を背負わせてしまったので、本当にいろいろ大変だろうなと思いますががんばる所存です。

      なお、この記事を書くにあたり、オチ等を伏せて前半部分だけをレビューに回しました。ここで公開した後、後半部があることに気付いた彼女は、ケタケタ笑いながら読んでました。
      そして、最後まで読ませて半べそをかかせることに成功しました。とりあえず、今日は誓いを守ることができました。

    • ありがとうございます。

      ていうか、他の女性を泣かしたことがバレると、後々いろいろ問題が起きるかもしれないので、どうぞ涙はご遠慮くださいませ。

  2. げ。マジネタかよっ!?超ショック!
    どうやって、でっかく広げた風呂敷たたむのか
    楽しみにしてた当方が
    2日になって、ぜんぜん、記事が訂正されないので
    …?寝落ちしたか?
    と、思っていたんだが。

    いやはや。
    なにはともあれ、おめでとうございます。
    相手の女性に
    こ、こ、この人は、ダルビッシュの姉なだけで、俺とは関係ないんだからねっ!
    って、言い訳しておいてください。

    • うん。関係ない、関係ない。
      家に上がって、ふたりでお料理作って、お酒飲んだけど、ちゃんと日付が変わる前に帰ってきたし、指一本触れなかった。
      うん、なんでもない、なんでもない。

  3. おめでとうございます♪♪
    ノリも笑いのセンスも木公氏にピッタリの素敵な彼女さん、そりゃ大事にしなきゃねーd(^_^o)

    ちょっと感動した☆
    木公さん、彼女さん、お幸せに!

    • ありがとうございます。
      僕は彼女のノリが大好きです。その点を褒めてもらえて嬉しいです。彼女も喜ぶことと思います。

  4. きゃあ、おめでとうございますo(^-^)o
    どこまでほんとか読解が難しかったけど、ほんとなんですよね!?
    素敵です、お幸せに。

    • ユキさん:
      あまりにトントン拍子にことが進んだので、僕もこれが本当のことかどうか疑っているほどです。
      でも多分本当のことです。とても幸せです。

    • bmbさん:
      「誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい木公のオンナ関係のすべてについて教えましょう」とか言いそうな、あなたのその黒い笑みが怖すぎます。
      どうか、いらんことは一切しゃべらないで下さい。黙っていてくれたら、貢物もって行きます。

  5. どこで,兄妹漫才をかますか狙ってましたが,マジネタやん,いやんってなったので,おとなしくGrow!しました.おめでとうございます!

    応募されたプロポーズはぜひ一通り実行してUST中継してください;-p

    • a2cさん:
      Grow!ありがとうございます。
      なお、Grow! 1ポイントにつきUST中継0.1秒という料金体系にしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  6. 木公さん、おめでとうございます♪
    Daと今年もネタかな〜?と会話をしていたのを
    まんまと裏切られました。
    ブライダル業界に身を置いた経験を持つ身として
    なんなりとご相談くださいませ(^^*)
    お幸せに☆☆☆
    奥様がこちらに来られたら、是非一緒にマジスパに行きましょう♪♪♪

    • dadaaYOMEさん:
      心強い。もう、本当に、初歩の初歩から教えて欲しいです。
      相手の親御さんへの挨拶にふさわしい服装、髪型、挨拶、作法とか、そういうあたりを重点的に。
      あと、愛され妻のなり方を彼女に教えてやって下さい。

    • daさん:
      ありがとう。もう、本当に、夫婦生活の初歩から教えて欲しいです。
      家事を手伝わなくても済む言い訳、ごまかし方、詭弁の方法とか、そういうあたりを重点的に。
      あと、それでも愛される夫のなり方を僕に教えて下さい。

  7. 少しドキッとして、ふと日付を見て、「ああ、また恒例のヤツか」と気づかされて、さらにまたどんでん返しがあるとは…。ともあれおめでとうございます。心より祝福いたします。

  8. そんなぁ。「19歳のいたいけな木公を、ボスの命令で高速演算パソコンの占有を餌にしてヤクザな研究室へ拉致してきた、自他共に認める後輩思いの口の硬い先輩の頬が、大きくなった弟が婿入りに行くような様子を見て、微笑ましさのあまりつい緩んでニヤけてしまう」様を、あの一言に込めただけなのに。

    • そうおっしゃるなら、ちょっと一肌脱いでもらわんといかんですな(BL的な意味ではなくて)。

  9. おめでとうございます。
    「いつものエイプリルフールネタ」と思い込んでいましたが、本当の話だったとわ。となると、来年は、どのような展開になるのか、今から楽しみにしておきます。

    • ふたりで力をあわせて温かい家庭を築く前に、ネタ溢れる関係を作り、来年の4月に備えられればと思います。

  10. おめでとー!
    私の中では、すっかりオオカミ中年なので、ずーっと成り行きを見守ってましたが、本当に本当でしたか。
    ちょっと前のSWGの動画も懐かしかったけど、梅ちゃん先生のまとめ記事がないのは、残念です。
    幸せな、ウィットに富んだ家庭を気づいてくださいまし。

    • お約束のツッコミで申し訳ないですが、オオカミ少年(中年)はケンですよ。この場合は「ウソつき少年(中年)」が正しいと思いますよ。

      それに、当方がオオカミ(肉食系)どころではなく、かなり筋金入りの草食系中年であることは、多くの女性が証言するところ。僕がオオカミ(肉食系)だったら、小田原デート(デート?デートなのか!?)の時に、貴女も襲われてましたよ。
      無事でよかったですね。

  11. ピンバック: [alm-ore] シュレーディンガーのプロポーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。