2016年4月2日7:30 『サワコの朝』 vs 『あさが来た』

月曜から土曜日の朝7:30といえば、NHK BSプレミアムで朝ドラを見ている当方なわけで。
寝坊して見逃すことも頻繁なので、この時間はレコーダーの予約録画をしているわけで。

そして、来る4月2日(土)は現在放送中の『あさが来た』の最終回なわけで。
当ブログにおけるまとめ記事連載は2月下旬にやめてしまったけれど、このドラマの最終回がどうなるかには関心があるわけで。
当然、4月2日の最終回はリアルタイムで見るつもりだったわけで。

しかし、今日ゲットした情報によれば、TBS系列の番組『サワコの朝』4月2(土)7:30放送分のゲストは我が最愛の山瀬まみ様だと言うではないですか!

『サワコの朝』2016年4月2日予告

これはもう、『あさが来た』のリアルタイム視聴もレコーダー録画もキャンセルして、『サワコの朝』を見るしかない。
同番組のサイトに掲載された写真を見ると、山瀬まみと阿川佐和子がピンク・レディーの振りまねしてるようだし、これはもう激烈に萌える。びっくりぽんや!
絶対にリアルタイムで見るしかない。放送終了後(8:00)からは録画を見返すくらいの勢いかもしれない。

今期の朝ドラが『ちりとてちん』か『あまちゃん』だったならば、『サワコの朝』とどちらをリアルタイム視聴するか悩んで毛が抜ける思いだったかもしれないけれど、今期が『あさが来た』でよかった。なんの迷いもなく山瀬を見れる。

まとめ記事も断念しておいてよかった。朝ドラまとめ記事は、一刻も早く掲載することに命をかけていたので、山瀬が裏番組となると本当に困ったことになっていたはずなのだ。

ご清聴ありがとうございました。

『あさが来た』まとめ記事終了のお知らせ

ドラマ自体はつまらないわけではないのだが、毎日まとめ記事を書くほどに熱中しているわけではなく、数週間前からほとんどやる気がなくなっていたものの、決め手となる理由がなかったのでズルズルと続けてきたわけだけれど、幸か不幸か今日はものすごく頭が痛くて萎えており、ちょうどいい潮時だと思う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のまとめ記事を終了します。

ご愛読ありがとうございました。
次は『とと姉ちゃん』でお会いできるといいですね。

NHK『あさが来た』第122回

2016年4月15日(金)よりTBSラジオで「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」(放送時間8:00-11:00)という新番組が始まるという情報をゲットした当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第122回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『夢見る人』

あさ(波瑠)の回復ぶりは医者も驚くほどだった。生死の境をさまよったにもかかわらず、意識を取り戻したその日のうちに体を起こして食事が摂れるほどだった。

病院や銀行には多くの人々が見舞いに訪れた。
しかし、あさを刺した萬谷(ラサール石井)が捕まらないうちは大事を取って身内以外の面会を全て断った。見舞客への対応と説明は、九州から駆けつけてきた亀助(三宅弘城)があたった。

あさは病室に集まった見舞いの花を見て、まるでお通夜のようだと軽口を叩いた。まるで自分の葬式のようだというのだ。
あさの怪我のために千代(小芝風花)は長い間女学校を休んでいる。あさはもったいないことだと言い、自分の心配はせず、千代に京都の女学校へ戻るよう話した。

千代は、あさが悪い冗談を言ったり、心配して付き添っている自分が邪険にされることに腹を立てた。あさが眠っていた時はいつ死ぬかと取り乱していたが、今のあさの様子を見ていると気持ちがすっかり冷めてしまった。あさに対して以前のように喧嘩腰で話すようになった。
あさは無神経で無鉄砲であり、デリカシーが無いと罵った。刺されておとなしくなるくらいがちょうどいいと言い捨てて病室を出て行ってしまった。
あさは、全て冗談で、柔らかい心を持って笑って生きていくための方便だと弁解しても聞く耳を持たなかった。

病室を出た千代は、花瓶の水を変えるために給湯室へ向かった。そこには、リンゴを切っている大学生(工藤阿須加)がいた。
特に彼に対して関心のない千代であったが、彼が手にしている果物ナイフを見るとあさの事件を思い出して恐ろしくなった。手にした花瓶を落として割ってしまった。
騒ぎを聞きつけたよの(風吹ジュン)に助けられ、千代はその場を去った。

その日の夜、「アサキトク」とだけ電報で知らされたはつ(宮﨑あおい)と惣兵衛(柄本佑)が慌てて加野屋にやって来た。
はつはあさの様子を見てすぐに帰るつもりでいた。しかし、あさの命に別状はないと言うだけで、よのは話せば長くなると言って泊まっていくように勧めた。ちょうど加野銀行で働く息子・藍之助(森下大地)とも久しぶりに会えたことだし、話をするのにちょうどいいというのだ。
はつは、押し切られて泊まることにした。

その夜、病院では千代と新次郎(玉木宏)が付き添うことになった。
病室という状況ではあるが、久しぶりに親子3人の夜だった。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第121回

堀北真希にそっくりな某女子と交際を始める夢を見たわけだけれど、彼女が初めて僕の家に遊びに来て、炊き込みご飯とお味噌汁と塩鮭を焼いてくれて、どれもおいしくてお腹いっぱいになって、それじゃそろそろ寝室に行きましょうかというすごくいいところで目が覚めてしまってものすごくがっかりした当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第121回めの放送を見ましたよ。

* * *
第21週『夢見る人』

萬谷与左衛門(ラサール石井)に刺され、生死の境をさまよったあさ(波瑠)であったが奇跡的に死を免れた。

一度目を覚ましたあさだったが、再度眠りにつき夢を見た。
生前の五代(ディーン・フジオカ)や義父・正吉(近藤正臣)と話した楽しい思い出が夢に登場した。

子供の頃、一番仲の良かった祖父・忠政(林与一)は幽霊となってあさの夢枕に立った。
忠政は、あの世であさが来るのを首を長くして待っていたという。あの世からあさの様子をいつも気にかけていたのだが、近頃のあさは厳しい顔ばかりしていて、少しも笑顔を見せない。それを心配し、あさを笑わせてやりたいと思っていたのだ。ちょうどよくあさが刺されたので、これからはあの世でいくらでもあさを笑わせてやれると喜んだ。
一方のあさは、まだ死にたくないと訴えた。それに、自分が笑わなくなったのにも理由があると説明した。いい年をした大人が笑ってばかりいるのはおかしいというのだ。加えて、自分は先頭に立って皆を導く必要がある。笑ってばかりもいられないというのだ。

忠政は、大人が子どもと同じように笑ってはいけないという決まりはないと話した。
そう言われるとあさも納得し、忠政に満面の笑みを向けた。

あさは再び目を覚ました。夢の内容はほとんど覚えていなかったが、気分は明るく前向きになった。
すると今度は、病院で寝ていられなくなった。早く帰宅して仕事に復帰したいと言い出した。
傷が深いためしばらく安静が必要だが、言うことを聞こうとしない。医者(井之上淳)ですら手を焼き、説得を放棄してしまった。

そんなあさの態度を見ていて、千代(小芝風花)がカンカンに怒った。仕事のせいで人に恨まれたのに、その原因である仕事に早く復帰したいなどと言うのはアホであるというのだ。そう叫ぶと、千代は病室を飛び出していった。
あさは、千代が心配してくれるのももっともだと思い、追いかけて謝りたかった。しかし、体の自由が効かない。ここは千代の言い分を聞き入れ、静養することにした。

病室を飛び出した千代を追いかけたのは新次郎(玉木宏)だった。
新次郎の前では、千代は素直に自分の気持ちを吐き出すことができた。あさ本人の前では憎まれ口を叩く千代であるが、あさの回復をとても喜んでいるのだ。泣きながらそう話した。
新次郎は、その素直な気持ちをあさに伝えれば良いと助言した。しかし、強情な千代は、自分の柄にもないことはできないと拒絶するのだった。

警察は、あさを刺した萬谷を捜索しているがまだ捕まらないという。再度病院に襲いに来るとも限らないので、萬谷が捕まるまでは身内以外の見舞客は全て断ることとした。

その矢先、あさの病室の前に不審な男がいることに気づいた。
新次郎が慌てて組み伏せると、それは九州から駆けつけてきた亀助(三宅弘城)だった。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第120回

昨夜は@HIGUCHI_MAさんと一緒に思う存分フライデーナイトギター(金曜の夜にギターの練習をネット中継するという企画)ができて楽しかった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第120回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『今、話したい事』

萬谷与左衛門(ラサール石井)に刃物で腹部を刺されたあさ(波瑠)は意識を失い、病院に担ぎ込まれた。
手術は成功したものの、大量に出血したため危険な状態であった。あさは数日間眠ったままだった。

あさ危篤の知らせは、電報ですぐさま親族にも知らされた。
和歌山の姉・はつ(宮﨑あおい)は電報を受け取ると驚きのあまり腰を抜かして動けなくなってしまった。東京からは弟・忠嗣(興津正太郎)が駆けつけてきた。

新聞でも報道され、大隈重信(高橋英樹)も知るところとなった。大隈は、あさと会ったことで政界に復帰することを決意し、女子大学校の設立に向けて国から援助しようと思っていた矢先だった。あさを見舞う手紙を送った。

一方、加野銀行の店頭は大混乱した。あさが倒れたという噂を聞きつけ、加野銀行の経営に不安を持った顧客が殺到したのだ。
その中には、あさの容体を聞きに来た成澤泉(瀬戸康史)の姿もあった。しかし、支配人の山崎(辻本茂雄)は成澤を罵って追い返した。成澤があさへ女子大学設立をそそのかしたため今回の事態を招いたと言って恨んでいるのだ。成澤はどうすることもできず帰るしかなかった。
成澤が女子大学設立事務局に戻ると、大隈からの見舞いの手紙が届いていた。それを読んだ成澤は勇気づけられ、あさの回復を祈るのだった。

病院では、千代(小芝風花)がずっと看病していた。家族は千代の体調を心配し、一度家に帰って体を休めるように勧めたが、千代はその場を動こうとしなかった。
あさと折り合いの悪い千代ではあるが、自分の母がいなくなるかもしれないと思うとやはり悲しいのだ。千代は、これまであさが死ぬことなど一度も想像したことがなかった。その可能性を目の当たりにし、動揺しているのだ。新次郎(玉木宏)の前で泣き崩れた。

泣きつかれて眠ってしまった千代に変わって、新次郎が病室に付き添った。
目を覚まさないあさに向かって、新次郎は声をかけた。新次郎は、自分はあさに心の底から惚れていて、あさのすることは何でも応援するし、何をしても怒らないと約束した。
ただし、自分より先に死ぬことは絶対に許さないと話しかけた。話しながら新次郎は泣いていた。

そうしていると、あさは弱々しい声で「まだ死にたくない」と言った。
それを聞いた新次郎は、あさを励ますよう応えた。あさの座右の銘である「九転び十起き」と何度も声をかけた。
すると、あさはおうむ返しをした。最初は弱々しかった声がだんだんはっきりとしてきた。

そうしてついにあさは目を覚ました。
もう二度と意識が戻らないと思われていたところの奇跡の生還であった。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第119回

フクロウちゃん(花粉症歴10年以上)に「今日もいっぱい花粉が飛んでますねー。木公さんも花粉症デビューしちゃいましょうよ。今日なんて目が腫れてるじゃないですか!インディーズの時代は終わりです、病院で血液検査を受けてメジャーデビューしましょう!!」とニコニコ顔で言われて切ない当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第119回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『今、話したい事』

大隈重信(高橋英樹)が賛同したことで、あさ(波瑠)は東京で多くの賛同者を得ることができた。女子大学校設立へ向けて大きな弾みがついた。

喜んで大阪に帰ってきたあさであるが、大阪では大問題が発生していた。あさと加野銀行に関する悪い噂が流布していたのである。
あさは加野銀行の儲けを女子大学校につぎ込んでいるが、それが成功する見込みはない。莫大な投資が加野銀行の経営を圧迫し、銀行が倒産し、預金が返ってこないおそれがあるという噂である。このため、加野銀行には預金解約を求める人々が大勢詰めかけた。

頭取・榮三郎(桐山照史)、支配人・山崎(辻本茂雄)はこれまであさに対しては一目置いており、あさにやることにほとんど口出しはしなかった。しかし、今回の事件だけは重く見て、騒ぎが収まるまであさは表に出ないよう命じた。
根も葉もない流言ではあるが、事態は深刻である。新次郎(玉木宏)もあさを庇うことができない。あさは従うしかなかった。

あさは家の中でふさぎ込んでいた。そこへ、数日前から帰省している千代(小芝風花)が声をかけた。女学校卒業後の進路についてあさと相談したいのだという。
しかし、大阪での騒ぎに頭を痛めているあさは、まともに取り合う気力がなかった。千代は千代の好きなようにすれば良いと、力なく答えただけだった。

あさが真剣に取り合わなかったので千代は傷ついた。
あさにとって自分は足手まといであり、生まれてこなければよかったのだろうと怒鳴った。自分がいるせいであさは商売や学問に集中することができないに違いないと断じた。あさが自分に興味が無いのなら、自分は卒業後は好きな様に生きると宣言した。

その言い分にあさは気分を害した。
自分は千代のことを足手まといだなどと思ったことは一度もないと激しく反論した。むしろ、千代の相手をしてやれず申し訳ない気持ちでいっぱいだったと弁解した。千代に満足に乳を与えることもできず、千代が初めて言葉を喋ったり歩いたりした時も仕事で家を空けていた。それをとても残念に思い、辛かった話した。それでも、全ては娘のためだと思えば仕事にも精が出るのだと説明した。

あさの弁解も千代の耳にも届かなかった。
千代の立場からすれば、あさは常に娘より仕事を優先しているようにしか思えないのだ。あさがどれだけ話しても千代は受け入れなかった。
最後には互いに涙ぐみながら言い争い、物別れに終わった。

そんな折、萬谷与左衛門(ラサール石井)がまたしても加野銀行にやって来た。何度も融資を頼みに来るのだが、酒ばかり飲んで担保のあてのない萬谷に金を貸すわけにはいかず、毎回追い返している。

今日も追い返そうとしたところ、萬谷は大声でわめき始めた。加野銀行はあさが女子大学校に莫大な投資をするので直に潰れる、預金は早く引き出すべきだと叫んだ。周囲の客たちは不安になった。
さらに萬谷は、女子への教育は全くの無駄だと言いふらした。女にできることは男を悦ばせることくらいだなどと卑猥な発言をしながら、加野銀行の女子行員たちを追い回した。あさから学んだことを見せてみろというのだ。

普段は温厚な新次郎であるが、この時ばかりは激昂した。
新次郎は、男が女に乱暴することと、的はずれなあさの悪口を言うことだけは許せないというのだ。
萬谷を力づくでねじ伏せ、追い払った。

あさは、千代と和解したいと思った。
外出した千代を家の前で待ち構え、声をかけようとした。

その時、萬谷が再び姿を現した。
自分が冷遇されている仕返しとして、包丁であさの腹部を刺して逃走した。
あさはその場に倒れた。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第118回

ここ数日、コンタクトレンズの調子が悪いし、全身に倦怠感があるし、鼻が少しムズムズするのだけれど、自分が花粉症だとは信じたくないので怖くて病院に行けない当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第118回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『今、話したい事』

あさ(波瑠)は大学設立の助言をもらうべく大隈重信(高橋英樹)に手紙を送った。
しかし、大隈からの手紙は待てど暮らせど届かなかった。

噂によると、大隈と話をしたい人は彼の家を訪問するのだという。大隈も来る者は拒まないと聞いた。
そこで、あさは東京の大隈の屋敷へ直接出向くことにした。

大隈の家に着くと、確かに大勢の人々が集まっていた。
大隈の妻・綾子(松坂慶子)に訪問を告げると、彼女はあさの名前を知っていた。大隈はあさから届いた手紙を読んでおり、会うことを楽しみにしていたのだという。そのため、あさはすんなりと大隈に会うことができた。

大隈は、自分の教育観について語った。
女性の理想の姿は良妻賢母である。日本の女子教育が西欧に比べて立ち遅れているのは確かだが、良妻賢母となるのに必要な教育制度はすでに確立している。特に明治以降、女学校が整備され、良妻賢母教育は軌道に乗っていると言うのだ。
大隈の取り巻きたちも大いに頷いた。

あさは、雰囲気にのまれるわけにはいかないと決心した。周囲に気圧されないよう、力強く自分の考えをまくし立てた。
確かに今でもある程度の女子教育は行われているが、それで満足すべきではないと話した。それはまるで、目の前に落ちているビー玉に気を取られて、道の向こうにある宝石を見逃すようなものであるというのだ。100年先の社会を見据え、より大きな観点から教育方針を打ち立てるべきだと主張した。

確かに良妻賢母になることは重要であるが、より優れた良妻賢母になるためには世の中の動きに敏感である必要がある。そのためには高等教育が必須なのだと説得した。明治以降、女子が小学校に通えるように成り、女学校も設立された。しかし、男子に比べて就学年数は少ないし、女子向けの教科書では道徳教育に重きが置かれている。学問や実学を学ぶ機会はずっと少ないのだ。

女性も社会の一員となり、自立して生きる術や人を助ける術を身につけ、自らの幸せを追求し、国や社会の役に立つ人材となることが必要である。そのためには女子にも高等教育が必要だと説得した。
そこまで一気に話し終えると、成澤泉(瀬戸康史)の教育論を手渡し、あさは一息ついた。

大隈は終始難しい顔をして、口をへの字に曲げて黙って聞いていた。
他の訪問客たちも、あさの生意気な態度に反発した。

大隈は会合をお開きにして、あさ以外の訪問客たちを全員帰してしまった。

大隈は、あさの弁舌に心底感心したと話した。
大隈が政治家になって以来、政界を引退した今でも、周囲にはその場を言いくるめるような弁論をする者しかいなかった。それに対して、あさの主張は大局的で熱意があったので気に入ったというのだ。
そして、自分の周りには大勢が集まるが、自分の真の味方は一人もいないと嘆いた。

あさは大隈に同情した。
大隈が身を置いていた政治の世界も、あさが身を置く商売の世界も、生き馬の目を抜くような世知辛さがあると感じるのだ。

一方で、教育はそれと違っているという点であさと大久保の考えが一致した。
この世知辛い世の中において、裏表なく後世に残すことができるのは人材だけである。だから人を育てることが何よりも大切であるのだ。

ふたりは意気投合した。
そして、大隈はあさに協力すると約束した。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第117回

産経ニュースに掲載されている『【異能の人・みうらじゅんに聞く】「完全に自分をなくすと、すごく爽快」「ブームはいつも誤解から生まれる…」』を読んで、内容はバカバカしいのだけれど生きる勇気が湧いてくるなと思う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第117回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『今、話したい事』

あさ(波瑠)は、女子大学校設立へ向けた具体的な方針を立て、成澤泉(瀬戸康史)に説明した。

それには2つの重要な活動があるという。
1つは、世間の人々の女子教育への認識を改めさせ、理解を得ることである。これは成澤の得意とするところである。成澤の女子教育論を本にまとめ、配布するよう指示した。
もう1つは資金集めである。これはあさが担当すると話した。金の扱いはあさの得意とするところであり、成澤には教育について専念してもらいたいからだ。
あさは成澤の教育論の本を持ち、有名な資産家や商人、財界人から寄付を集めるべく奔走した。
しかし、応じてくれるものは皆無だった。

加野銀行の大口顧客である工藤(曾我廼家八十吉)にも相談した。
工藤は先代から加野屋を贔屓にしてくれている資産家である。娘・サカエ(横田美紀)を職業婦人にするため女学校に通わせ、今や彼女は加野銀行で立派に働いている。あさは工藤ならば趣旨に賛同してくれると思ったのだ。

しかし、工藤の反応はあさの予想の正反対だった。工藤は女子教育には反対だという。
その理由は、サカエとの関係にあった。工藤はサカエの縁談を準備し、嫁入りさせようと計画していた。しかし、サカエはそれを断ったのだという。結婚して家に留まるくらいなら、一生独身でも銀行で働き続けた方が良いと言っているのだという。工藤は、なまじ女子に学問を身につけさせてしまったせいで親の言うことを聞かなくなったと言って後悔しているのだ。
これ以上、不幸な親子を増やさないためにも、女子教育には反対だと言うのだ。工藤はあさに対して腹を立てて帰っていった。

その様子を見ていた榮三郎(桐山照史)もあさに対して憤慨した。
大口顧客である工藤との関係が悪化することは加野銀行にとって不利益となるからだ。栄三郎にこっぴどく叱られ、あさはしょんぼりしてしまった。

あさは新次郎(玉木宏)に胸の内を明かした。
世間には女子に教育を受けさせたいと思っている人がほとんどいないとわかって落ち込んだのだという。自分が子供の頃も女子への教育は必要ないと言われており、あさは望んでも勉強をすることができなかった。世間の考え方はその頃と全く変わっていないと嘆いた。

その一方で、あさには恵まれていた点もあったという。それは新次郎との出会いである。
新次郎は女子への教育に理解があり、あさを自由にさせてくれた。あさの欲しがっていた算盤を贈ってくれたことで、あさの未来が拓けた。

そのことを感謝し、今度はあさが今の女子たちの将来を拓いてやりたいと考えているのだという。
あさは新次郎から算盤をもらったが、今の自分が後世に残せることは女子大学を設立することだと話した。それが女性たちの将来への希望になると言う。

さらに、あさが女子大学を求めることにはもう一つ理由があるという。
あさは、自分ももう一度勉強をし直したいのだという。女子大学ができた暁には、自分も通いたいと述べた。できることなら、娘・千代(小芝風花)も入学させ、母子で共に学びたいのだという希望を述べた。

それらの話を聞いて、新次郎も深く感じ入った。あさをますます応援したくなった。

とはいえ、大学設立のための寄付は全く集まらなかった。
成澤は、東京の私立大学に出向き、寄付の集め方を担当者から聞き出そうとしたという。しかし、その極意が漏れると寄付者が奪われるおそれがあるので、全く教えてもらえなかったという。

現在、東京で有名な私立大学といえば、福沢諭吉(武田鉄矢)の作った慶應義塾と、大隈重信が作った東京専門学校である。

あさは、成澤が末端の寄付担当者に話を聞いたのが失敗だと思った。
そこで、大隈重信に直接手紙を書いて相談することにした。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第116回

去る14日のバレンタインデーに東京在住のりえてぃちゃんから「チロルチョコ100個分」というメッセージとともにアマゾンギフト券1000円分が贈られて来たわけで、僕は早速コンビニにチロルチョコを買いに行ったわけだけれど、今日ではチロルチョコが値上がりして単価が10円ではないということにりえてぃちゃんも僕も気づいてなかったわけで、結局1000円では40個弱しか買えず、バカバカしくなって100個買い集めることは放棄したのだけれど、今日スーパーに行ってみれば偶然チロルチョコが投げ売りされていたのでせっかくなのでコンプリートしてみた当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第116回めの放送を見ましたよ。
2016-02-16 18.56.49

* * *
第20週『今、話したい事』

あさ(波瑠)は、女子大学校の設立を目指す成澤泉(瀬戸康史)にもう一度会って話がしたいと思っていた。
しかし、成澤の行方がわからなくなってしまった。あさは毎日成澤を探しまわったが、見つからない。そうしているうちに、あさは九州の炭鉱へ出かけなければならなくなった。
一日でも早く成澤に会いたいと思ったあさは、自分の留守中、新次郎(玉木宏)に成澤を探すよう頼んだ。

新次郎は、あさが成澤に執着しているのが面白くなかった。けれども、あさの頼みとあっては無視するわけにもいかず、形だけでも町を見て歩くことにした。

成澤捜索に身が入らない新次郎は、銀行支配人・山崎(辻本茂雄)と連れ立って晴花亭へビールを飲みに出かけた。
すると、店内には英語で朗々と歌う奇妙な男がいた。女将・美和(野々すみ花)の説明によれば、その男は貧乏で飲食をする金もないのだが、連れから歌を歌えば奢ると言われてその通りにしているのだという。

新次郎は成澤の顔を知らなかった。しかし、成澤のことを知っている山崎によれば、そこで歌っているのが成澤本人だという。
ひょんなところで成澤はあっさりと見つかった。

あさが九州から帰って来る日、新次郎は家に成澤を呼び寄せ、あさと対面させた。
あさと成澤は、共に感激して再開した。あさは成澤の女子教育論に心の底から感銘を受けたことを話し、成澤はあさが理解を示してくれたことをとても喜んだ。

ふたりは女子大学設立に向けた話し合いを始めた。
成澤の希望は、あさに設立賛同者として名前を連ねて欲しいというものだった。賛同者の中に著名な女性実業家がいることで箔がつくというのだ。
あさは、自分が名義貸しにだけ利用されると知って憤慨した。あさは自分も実際的な働きをしたかったのだ。

それまで成澤に対して丁寧な言葉づかいだったあさだが、急に言葉が厳しくなった。
あさ以外に何人の賛同者が集まったのか成澤に問いただすと、たった11人だという。成澤は、自分が教育界では厄介者扱いされているから賛同者がなかなか集まらないのだと言う。成澤が女子教育について学ぶためにアメリカに留学している間に、日本国内での女子教育に対する世論はかえって交代してしまったのだと話した。女に学問は必要ないという考え方が大きくなり、女学校も減っている。そのため、女学校推進を唱える自分は嫌厭されているというのだ。それと言うのも女子教育に対する政府の方針が誤っているからだと弁解した。

あさは、成澤の熱意と見識の深さは大いに認めている。しかし、実行力が伴っていないと見ぬいた。自分が支えなければ、成澤の計画は頓挫すると思った。

あさは、女子大学設立に必要な資金をざっと見積もった。その結果、およそ30万円(現代の価値で約15億円)が必要だと計算された。
成澤にどうやって資金を集めるつもりだったのかと尋ねると、彼は賛同者からの寄付で賄うつもりだったと答えた。西欧では、教育方針に賛同した人々から寄付を集めて学校を作るのが一般的なのだという。だから、成澤はその方法を踏襲するつもりだったのだ。
30万円もの寄附を集めるだけの賛同者が現れるとは思えない。そこで成澤は、とりあえず集まった寄付額に応じた規模の学校を作るつもりだと答えた。

あさは銀行から融資を受けることを勧めた。
しかし、成澤は借金はしたくないと断った。一度金を借りてしまうと、返済する責任が発生する。そうなると、学校が教育の場ではなく、金儲けのための「経営」の場になるというのだ。成澤は、自分は実業家ではなく「教育者」なのだから金は一切借りたくないと断った。

あさは、成澤の志の高さは認めるものの、学校設立の計画が机上の空論にしか思えなかった。成功する見込みが全く無いと思われた。
一方で、成澤の顔も立ててやらなくてはならない。

そこで、あさは、自分の私財の中から現金を成澤に手渡した。貸付ではなく、成澤への寄付という形にし、食うものにも困っている成澤を援助した。
さらに、同じく寄付という形で、成澤に洋服を誂えさせた。ボロボロの着物を身につけ、風呂にも入らない姿では人の信用は得られないし、加野銀行に出入りするのも具合が悪いからだ。
成澤は素直にそれを受け取った。身なりを整えた成澤はまるで別人のように見違えた。
* * *

続きを読む

NHK『あさが来た』第115回

いくらしたたかに酔ったからといってヘイトスピーチは絶対に許されるべきではないと強く思うような事件が身近で起きたわけだけれど、後になってその事件を少し冷静になって思い出した時、「いくらしたたかに酔ったからといって女性の肩を抱いたり、『2000円払うから胸を触らせてくれ』って迫ったりする自分はどうなのよ?大いに反省すべきだ」と自問自答した当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第115回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『今、話したい事』

あさ(波瑠)は、成澤泉(瀬戸康史)から女子大学を作りたいという話を持ちかけられた時、現実味のない絵空事だと思った。
あさが銀行を開業してからというもの、荒唐無稽な事業計画を語るばかりで成功や返済の見込みのない融資希望者を何人も見てきた。成澤の話し方や振る舞いは大げさで軽薄であった。無理な融資を頼みに来る者たちにいかにもそっくりだったのだ。

あさは成澤を体よく追い払ったつもりだったが、彼の夢に共感する部分もあった。あさ自身、幼い時から勉強をしたかったのに、男子と女子は別だと言われ叶わなかった過去があるからだ。それで、成澤から押し付けられた彼の女子教育に関する論文原稿だけは読んでみることにした。

その原稿は、あさの想像を絶する素晴らしさだった。
女子を教育し、人として、婦人として、そして国民として育成する必要性が主張されていた。女子にも高等教育を行うことで生きがいを育み、技術や能力の開発を行い、独立し自立した生活ができるようにするべきだと記されていた。社会の様々な側面で役に立つ人材として女子を教育するとともに、彼女らの能力を活かせる場や環境の整備も説かれていた。さらには、100年先の社会を見据え、将来にわたって女性が自活できるための教育方針を打ち立てる必要があるとも書かれていた。

いずれも具体的な方針が示されており、成澤が全身全霊をかけて女子教育のことを考えていることがひしひしと伝わってきた。
そして、成澤は男であるにもかかわらず、これほどまで真剣に女性の将来のことを考えているということに感激した。
あさは泣きながら原稿を読み、また、人に成澤の論考を説明する際にも涙無くしては話せなくなった。

早速あさは成澤にもう一度会って、よく話しあおうとした。
しかし、どういうわけか成澤の姿が町から消えた。成澤の家に毎日通ったり、町中を探したりしたが、成澤に会うことができなかった。
成澤は栄養失調になるほどの貧困ぶりである。どこかで行き倒れたのではないかと、あさはひどく心配した。

なんでもあさの自由にさせる新次郎(玉木宏)であったが、今回のことだけはどうにも面白くなかった。

もちろん、女子教育の充実は新次郎も望むところではあった。
男であれ女であれ、学びたいと思う者が望みのままに学べることはいいことだと思っている。あさの強い願いにも協力したいと考えている。

しかし、新次郎は成澤個人に嫉妬していた。
新次郎は成澤の姿を見たことはないのだが、成澤は若くて色男だという。そんな男にあさが執心するので、新次郎は妬いているのだ。
そろそろあさは九州の炭鉱に出張しなければならない。あさは、自分の留守中に新次郎が成澤を探すよう頼んだ。しかし、新次郎は断るのだった。

そのころ京都の女学校では、千代(小芝風花)と田村宣(吉岡里帆)が休暇中の過ごし方について話をしていた。

宣は実家に一切帰ろうとしない。
宣の説明によれば、親から卒業後の進路を聞かれるのが嫌なのだという。その面倒を避けるために、実家には帰らないのだ。

一方の千代は、休みのたびに大阪に帰省する。
千代によれば、祖母・よの(風吹ジュン)が寂しがっており、自分の帰りを楽しみにしているから頻繁に帰るのだと話した。

あさに憧れる宣は、一度千代の実家に遊びに行きたいと話した。そこであさに会って見たいというのだ。千代は歓迎し、いつでも迎え入れると約束した。
ただし、あさに会える保証はないと説明した。あさはいつも忙しく飛び回っているからだ。
さらに千代は、あさが家にいない方が気が楽だと軽口を叩いた。自分が小さい時からあさは家にいなかったので、なまじ家にいると気づまりするというのだ。

その話を聞いた宣は、あさの本に書いてあったというエピソードを話して聞かせた。
九州の炭鉱で大きな落盤事故が起きた時、あさは大阪にいたのだという。通常なら九州に詰めていたはずだが、その時は出産のために大阪にいる時間が長かったと書いてあったという。事故の後始末に関しても、子供の世話があったので現地で十分な働きができなかったと言っているという。事故の責任の多くは自分にあると反省していたと言うのだ。

千代は胸を詰まらせた。
自分のことは放っておくばかりだと思っていた母・あさであったが、家が潰れるかどうかの瀬戸際の時に全てを投げ打って自分と一緒にいてくれたと知ったからだ。
* * *

続きを読む