弾いて歌えるDSギター”M-06″

今年の自分へのクリスマスプレゼントは Nintendo DS 用ソフト「弾いて歌えるDSギター “M-06”」(←リンクは公式サイト)に決定。

Nintendo DS の十字キーでコードを選んで、タッチパネルを擦ると音が鳴るというもの。
みんなの歌(紹介ムービー)」のなかの “ミュージシャン” の演奏がちょっとカッコイイ。
#演奏している姿は間抜け。
##その下のバンドは、もっと間抜け。

夢は、大阪梅田の陸橋の上でストリート・ライブです。
曲はもちろん、当方オリジナル「この青空を君に届けたい」(作る予定・・・)。

店頭発売は 2007年2月1日とのことですが、amazon.co.jp で先行発売だそうです(2006/12/21)。
さっそく、ポチッとしてしまいました。

このソフトがヒットしたら、きっとドラムとかベースとかも発売されることでしょう。
そしたら、バンド組みましょう。
バンド名はもちろん「あるにゃんず」。


John Lennon に憧れて “Epiphone Casino” を購入して、約5年。
その Casino を肩から落とし、ネックをバッキリ折ってから、約4年と360日。
ネック修理から戻ってきて、約4年と300日。
Deep Purple の “smoke on the water” のリフを最後に練習してから、約3年。

俺のロック魂が再燃したぜ。
(ていうか、”M-06″ ではコードストロークしかできないので、”smoke on the water” のリフは弾けないが。)

Epiphone Casinoとあるむ

#ギターケース(貧乏なのでソフトケース)が埃とネコ毛だらけになっていて、目も当てられなかった。

【参考】
Epiphone Casino を構える John Lennon はここで見れる

オタクなことを言えば、John の Casino は元々サンバーストというカラー(赤茶色?)だったんだけれど、その後塗料を剥いで白っぽくなってる。
僕の持ってるモデルは、白っぽくなった方。
ただし、John は塗料を剥がすのと一緒に、ピックガードもはずしてしまったから、僕のヤツはオタク失格。
あと、John のヤツはボディのノブを1箇所だけ黒い物に変えてあるとか、いろいろこだわりポイントはある。

でも、まともにギターも弾けないくせに、格好だけ真似しても仕方ないと思って改造してない。

あとついでに白状しておくけれど、僕のは韓国製の安いやつ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. りょう

    これ最高ですねw
    買うかもー。ってか買います!

    エレクトロプランクトンとセッションしたいです。

  2. 木公

    エレクトロプランクトンって知らなかったのですが、ぐぐって判明しました。
    うーむ、エレクトロプランクトンもなかなか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。