琴光喜ぃいい! 応援してきた!

平成19年大阪場所8日目を観戦してまいりました (幕内の取組結果)。

会場は大阪府立体育会館
南海難波駅から徒歩3分くらいなので、アクセスも容易。
僕は、Magic Spiceのカレーも食べたかったから、マジスパのそばの駐車場に車を停めた。そこから歩くと10分弱。

大相撲チケット

午前中に当日券をゲット (参照:チケット情報)。
10時過ぎの段階で、椅子席A以外は売り切れ (升席にも憧れはあったけれど、4人1セットなので買わなかった)。
なお、窓口でクレジットカードは使えなかった。注意。






入り口にはのぼりがたくさん立っている

府立体育会館の入り口には、多数ののぼりが立てられており、普段は大相撲を全く見ない僕ですら、興奮し始める。
また、会場の周りには力士たちがものすごく素な表情で、一般人にまじって普通に歩いてる。
普段、外タレのライブとか、山瀬まみのイベントとかしか行かない当方であり、それらのイベントでは出演者が厳重な警備の下におかれているのが普通なので、力士が一人で歩いている姿にちょっとビックリ。
会場にも、力士用の裏口があるわけでもなく、観客の出入り口とほぼ同じところに用意されていた。
周りの人も、特に騒ぎ立てるわけでもないし。

ていうか、僕が会場周りを歩いていたのは、幕下力士の取組の時間であり、幕下力士で名が知られてないから騒ぎが起きてなかっただけかもしれない。
3時前に会場に入ったころは、幕内力士の入場時間なのか、確かに力士を待ち受けているっぽい人々がたくさんいたから。

そのほか、売店で買い物をしていたら、取組前後の力士が普通にすぐ後ろを歩いていったり。
升席への出入りは、力士が通るのと同じ道だったり。
とても身近な感じが魅力だと思ったし、こういう運営で混乱が起きないところが素敵だと思った。




今日の大相撲観戦の目的は、先にも宣言した通り、琴光喜関の応援。

にわかファンとはいえ、ミーハーな当方は、
琴光喜関ののぼり

琴光喜関ののぼりを探し出したり、

今日の取組み

入り口に掲示されている取組表の中から琴光喜関を見つけて記念撮影してみたり。


幕内力士の土俵入りでは
琴光喜ぃいい!
と、2階の一番上の座席から思いっきり声援を送ってみたり。

幕内力士土俵入り
※土俵から降りようとしている青と白の化粧回しが琴光喜関・・・だと思う。


17:20頃、いよいよ我らが琴光喜関の取組。
相手は、安馬(現・日馬富士)関。
会場で配られているパンフレット(その日の取組にあわせて毎日アップデートされるらしい)のデータによると、これまでの対戦では琴光喜関が勝ち越しているようだ。
今場所、琴光喜関は6勝1敗の成績で、全勝の栃東関の後ろにピタリとつけている。
ぜひとも、今日も見事に勝ってもらいたい。

琴光喜関の取組

僕は東側の席だったので、琴光喜関の立会いのお尻しか見えなかったけれど、先ほどの土俵入りの時以上の声で
琴光喜ぃいい! ・・・琴光喜ぃいい! ・・・こぉ~とぉ~みぃ~つぅ~きぃぃぃ~!
と断続的に3回ほど声援を送った。
#テレビ放送のマイクに拾われないかと、少し期待を込めたことは秘密だ。

でも、今日は残念ながら負けちゃったんだなぁ。
おもっくそ気合を込めたつもりだったんだけれど、僕の声援がダメだったのかも。
ごめんなさい。



目当ての琴光喜関が負けちゃったことは残念だったけれど、生まれて初めての大相撲観戦はとても楽しめました。

審判席に座っている貴乃花親方とか九重親方(元・千代の富士)とかも見れたし。
遠い席だったけれど、双眼鏡でズームしたらバッチリ顔も見えた。
貴乃花親方は東の審判席だったので後頭部しか見えなかったけれど、正面審判席の九重親方はシゲシゲと顔を眺めてしまった。
彼、「抱かれてもいい」とまでは思わなかったけれど、ハンサムですなぁ。

永谷園のCMに出演している高見盛関も生で見れたし。
彼が姿を見せると会場が沸き、土俵に上がると会場が沸き、取組が始まっても会場が沸き、勝って盛り上がり、退場するときも大盛り上がり。
楽しかった。

あと、大人の事情でNHKの中継ではおおっぴらに流せないんだろうけれど、スポンサー付きの懸賞取組が面白かった。
広告の垂れ幕をもった人が土俵の周りを歩いて、場内アナウンスが放送される。
お茶漬け海苔の永谷園、鮭茶漬けの永谷園
を何度聞いたことか。
CM出演の高見盛関の時は、さらに2本追加で
梅茶漬けの永谷園、たらこ茶漬けの永谷園
とか流れてた。
#ちなみに、安馬-琴光喜戦も懸賞取組だったけれど、当方の大人の事情によりこれ以上は語らない。


立会いまでに時間がかかるわりに、取組があっという間に終わってしまうのはあっけにとられてしまうけれど、それを差し引いても楽しかった。
さすがは、日本の国技であり、伝統的なエンターティンメントだ。
#ちなみに、想像以上に外国人観客がいた。

チャンスがあれば、また足を運びたいなり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (5)

  1. むきゃあ。
    今日は本当に悔しかった。びんたびんたされて、ひるんだすきに体勢崩されって感じなのかしら。
    相撲暦二場所目の新人ですが、面白いねえ、お相撲。
    相撲なんてぜーんぜん興味ナッシン!と豪語していた私ですが、いとも簡単にはまっています。
    力士に愛着わくわく。
    それにしても、相撲は短い。
    こんなにひいき力士の勝敗で一喜一憂するなんてねえ。
    いつの日か、一緒にお弁当とお土産つきの升席で観戦したいわ。
    注意されつつも座布団ぶんなげたりしたいねえ。

    ところでさあ、琴光喜関の取り組み前に木公くん、端っこのほうで立ってたりした?ベージュのセーターでちょっとそれらしい人が映った気がするんだが、気のせいだろうか。

    とにかく、いいないいなあ~
    あたしも生相撲みてみたいよう。

  2. 気のせい、気のせい。
    中入り後はずーっと椅子に座っておとなしく観戦しておりました。立ってない。
    しかも、本当にいっちばん上の席だから、カメラには捕らえられない角度だったんじゃないかなぁ。

    座布団投げに関しては、本日2枚ほど舞っていました。
    朝青龍が倒れた相手にひざ蹴りを入れたことへの抗議?

    升席、僕もかなり憧れています。
    ぜひご一緒したいですな。

  3. ご覧になりましたさ。

    昨日、ご丁寧に「写真を転載していいですか?」というお問い合わせをいただきました。
    パソコンの画面の前で、がたがたと震えちまいました。

    うれしくて、すぐに Rin さんにメールで連絡しようと思ったのですが、Rin さんをものすごくびっくりさせようと思って、黙っていたのでした。:-)
    ふふふ。

  4. 琴光喜ぃいい! 今年も応援宣言!

    2008年大阪場所の開催地である大阪府立体育館を見学し、琴光喜のノボリを撮影してきた。行司(東国原知事寄贈)や呼出しのノボリもあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。