cafe JUNK 解体工事

工事案内わが青春の cafe JUNK(京都府木津川市)が閉店したことは既報の通りだが、本日偶然にも cafe JUNK の前を通りがかったら解体工事が行われていた。
建物が解体されてしまったからには往年のスタイルで再開される望みは絶たれたわけである。

非常に残念だ。

11:30頃通りかかったときには、まだ建物の半分くらい(奥の倉庫のあたり)が残っており、外装アートの見納めをした。
その時は写真を撮らなくて、14:00過ぎに気になって写真撮影のために戻ってきたら、既に建物は全て取り壊されていた。

Cafe JUNK 解体風景

Cafe JUNK解体風景

基本的にヒップホップが好きではない僕であるが、あの店に限っては大音量のヒップホップBGMであっても苦にならなかった。
そんなBGMが、店中に張られたアメリカンでポップなポスターやステッカーの雰囲気とあいまって、京都府郊外の田園風景の中にいることも忘れ、ちょっぴりトリップ感を与えてくれた。

一時は、3日と空けずに通い、いつもカウンターの端っこの席で山本文緒とか唯川恵などの女性作家の、ちょっと冷めたラブストーリーをむさぼるように読んでた。
店のおねぇさん方は、美人揃いで、愛想のいい人ばかりだった。
ラブストーリーを読む手を休めて、彼女らとねんごろになる自分を、ちょっぴり想像したり、しなかったり。

読書のお供は、クラム・デルレイ(ボンゴレソースのスパゲティ)。
もう少し通ったら、「いつものやつ」で通じそうだったのに。
作り手の違いによる微妙な塩加減の違いがわかるほど、何度も食べた。

ここ2年くらいは、大晦日に年越し蕎麦代わりにクラム・デルレイを食べるのが恒例になっていた。
年末年始に北海道へ帰省することもなく、身寄りもいない京都で、ちょっとした故郷のような気分だった。
店員さんも僕の顔を覚えてくれていて、いつも暖かく歓迎してくれたし。

知り合いの♂も何人か連れて行った。
デート(デート?デートなのか!?)で女の子を連れて行ったことも、1度や2度ではない。
ある時なんて、僕が駐車場に車を停めて女の子を連れて降りたのが店の中から見られていたようだ。
店員さんたちがニヤけながら窓からこっちを眺めていた。

トイレには、アメリカ合衆国の白地図が貼ってあった。
白地図には、各州のマグネットがジグソーパズルのように貼り付けられていた。
そのマグネットが何なのか知らなかったが、先週アメリカに行ったとき、Providence の空港で Rhode Island 州のマグネットが売られていた。
「そうか、これがジャンクのトイレにあったマグネットか。ジャンクへのお土産に買っていこうかな」
と思ったが、再開店の兆しが見えなかったので、買わなかった。

水道の調子が悪くて、Cafe JUNK のトイレの流水がものすごく黄色く濁っていたことがあった。
店員さんが気を回して、
トイレの水が濁っていてすみません
と謝ってくれた。
自分の排泄物を流す水が多少濁っていたところで、僕に実害があるわけでもないし、気にしていなかった。

それよりも、すきま風が吹いて、冬場に肌寒いほうが気になっていた。
今まで、口に出して言ったことはなかったけれど。
入り口の白いドアの建付けも悪かった。
どんなに一生懸命押し付けても、きちんと閉まらない。

店の歴代のおねぇさんの中で、一番のべっぴんさんだと思う人がいた。
彼女が僕に続いてドアをくぐっていたことに気づかず、いつもの通りドアを閉めたら、彼女をドアに挟み込んでしまった。
きゃっ
という悲鳴が、ちょっと可愛かった。


全ては、もう過去の話。
昼間、写真を撮るときはクールな顔でパチパチ撮った。
今、いろんなことを思い出しながら、一人でPCに向かっていると、ちょっと画面がぼやける。


【cafe JUNK 跡地】

大きな地図で見る

コメント (38)

  1. その後、いろいろお店の開拓もしているのですが、JUNK ほど居心地が良くて、美人なおねぇさんの多いお店は見つからずにいます。
    本当に残念で、悲しいことしきりです。

  2. ありがとうございます。JUNKを愛していただいて・・・
    残念ながら私はその可愛いお姉さんではないのですが、10年ほど前に働いていました。今JUNKがなくなりほんとに淋しい気持ちと故里がなくなったような虚しさを感じています。
    JUNKで働いたみんなは自分というものを心に秘め持った人達ばかりで刺激がいっぱいで私の中でもJUNKで働いていた頃のことは青春の一ページとして今もいきています。そんなふうに思えるのもオーナーのアニが素敵だからだと思います。
    これからもJUNKの事、忘れないでいてください。そんなお客さんが居てくれてる事、アニは喜んでいると思います。

  3. のんさん、はじめまして。
    僕の生涯の中で、JUNK ほど楽しくて、居心地の良かった店は今までありません。この先も、それに匹敵するお店を見つけるのは困難だと思っています。

    >残念ながら私はその可愛いお姉さんではないのですが、10年ほど前に働いていました。

    10年前といえば、僕はJUNKの存在を知らなかったので、お店でお会いしていることはないですね。
    ちょっと残念。

    そんなわけで、僕のマドンナの店員さんとのんさんは間違いなく別人です。
    だからといって「のんさんが可愛い人ではない」ということは意味しません。
    そんなわけで、「JUNKって顔で採用してんじゃねーの?」とまことしやかに語られていたことともあわせて、のんさんも美人さんなのだろうと信じております。
    お会いできなくて、かなり残念。

  4. 私も閉鎖され解体、非常に残念です。オープ当時からこよなく愛してました。オープンから5年ほど月日が流れ業者としてJUNKの裏口に入れた事、非常に幸せ、そしてオーナーにも可愛がっていただき、多々の相談にものっていただきました。この場をおかりしてありがとうございました。

  5. コメントありがとうございます。

    Junk には随分通いましたが、裏口や厨房の中は一度も覗いたことがありませんでした。
    どんな風になっていたのか、そこに入ったサムライボールさんがうらやましいです。

    本文にあるとおり、年越し蕎麦代わりにスパゲティを食べていたのですが、昨年末はそれができませんでした。
    年明けにはいつも「今年もよろしくお願いします」と言ってくれたのですが、今年はその声が聞けませんでした。

    寂しい限りです。

  6. 本当に寂しい限りです。跡形もなく消えてしまい・・・
    2号店をオープンされる前厨房でコンソメ風スープを作られてた。あのときの香りがいまでも残ってる。オーナがいつかこんな事言っておられました。「この中はアメリカ!アメリカスタイルでやってるから丁寧な挨拶はいらんよ」なんて。大変あこがれた。オーナももちろんJunkにも9年前有線放送を我が家に取り付けラジオパワーステイションも死ぬほど聞いた。オーナーがソースの作り方も教えてくださった。今はもう会えない・・・毎度!の声が聞けない。目を閉じればあのサウンド、飲みきれないアイスコーヒー、隣の客が10分ほどメニューとにらめっこ、食膳にジーマ、綺麗な従業員のお姉さんをウォッチング。食べ残した皿、出入り口にメニューを持った渋滞客。そして19年6月9日の納品書の最後のオーナーのサイン私の宝物だ!Junkファンクラブ会員NO1 サムライボール

  7. 最後のサインとは、これまたレアな一品をお持ちで。
    その上、Junk でのファンキーな時間の過ごし方。
    かっこよすぎます。

    僕もファンクラブの末席に加えてくださいませ。

  8. 仮名・Junkファンクラブ会員NO2木公 サン。宝物なんです・・・お亡くなりになられたから!だから寂しいんです・・・のんサンのお言葉、JUNK絶対に忘れてはアカン!
    私も今、いろんな事思いながらPCにい向かい画面がぼやける・・・寂しい・・・

  9. オーナーさん、お亡くなりになったんですか?
    それは知らなかったので、今、ちょっとブルーになっています。

    教えてくれなかったら、一生知らないままだったかもしれません。ありがとうございます。

    ご冥福をお祈りします。

  10. はいお亡くなりになられました。私、実は亡くなられてすぐJunkの再びオープンにわたくしながらですが、力いれはじめ身内の方や前店長さんと御出会いもさせていただいておりましたが、時が過ぎ気がつけばこのような事態でした・・・何とか何とか残したかったです。たくさん大切なもの奪われた気持ちです。Junkファンクラブ会員NO1 サムライボール

  11. 形はなくなってしまいましたが、Junk のスピリッツは残るのだと思います。
    僕は、それで十分だと思っています。

  12. スピリッツ・・・か・・・なるほど、それで十分だよな。
    近く良く晴れた日あの日以来、辛くて行けなかった今わJunk跡地に洗車場からそっと目に妬きつけ沢山の思い出をもって帰ろ・・・

  13. うわさは聞いておりました。長い雑草の生えたJunkよりも綺麗になっていたほうが良いかも・・・我が目で確かめにいきますわ・・・

  14. Junkのスピリッツは残るからこそもう一度、木公サン、往年のスタイルJunkフードをもう一度だけ食べたいですね!探偵ナイトスクープにでも依頼して協力してもらいましょうか?

  15. 木公サン探偵ナイトにとりあえず応募しました。倍率は高いらしいが、いつか、滋賀から・・の依頼あればわたしですよ!

  16.  はじめまして。
    昨日ここをみてなるほどと思いました。
    そういえば、ジャンクの建物がなくなっていたなと。

     質問なのですが、2号店ももうないのでしょうか?
    ビッグマムカレーがけが好きで好きで。
    もう食べられないのかと・・・。

  17. 2号店というのは富雄でしょうか?
    実は、僕は2号店には行ったことがないのでよくわからないです。申し訳ありません。

  18.  はい、富雄店です。
    私も行ったことないのですが、
    ビッグマムが食べたくて・・・。
    メニューはどうなんでしょうか?

  19. mixi の cafe JUNK コミュニティなどを見ても、富雄のお店の話はぜんぜん出てきませんし、富雄店ももはや存在していないのではないかと思われます。
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=154076

    mixi のこのコミュニティでは、ジャンクのレシピをみんなで考えようというスレッドも立ち上がったりしましたが、結局情報は寄せられないままだったり。
    なんとか、またあの味を食べたいですね。

  20.  先ほど車を飛ばしてみてきました。
    確か、国道169沿い、阪奈道路横だったと思います。
    辻ジャンクション南。
    それらしき建物はありました。
    一度阪奈道路から看板を見たこともあったので、
    おそらく間違いないかと。
    でも、違う店になっていました・・・。
    残念です。復活ならないかなぁ。

  21. メールアドレスを知らせてくだされば、mixi に招待しますよ。
    最近はmixiの JUNK コミュニティは静かになっちゃいましたが、以前はスタッフの書き込みとかもあって、いい感じでした。

  22.  どこにメールアドレスをお知らせすればよろしいでしょうか?ここにおくのはちょっと怖い気も・・・。

  23. 元喜神: 天スタ押熊店跡地

     当方は、一度気に入ると、そればかりに執着する傾向にある。  山瀬まみの大ファンを20年以上続けていることは有名だし、月に2回以上は大阪まで車を飛ばしてマ…

  24. 懐かしい限りです。。
    ヒロズリベンジ、ピッグストリップ。。
    週に何回も食べに行ったものです。。
    どなたかメニューと店再現してくれないかなぁ。。
    オーナーお亡くなりになられてたんですね。
    心より冥福を祈りたいと思います。

  25. 奈良のJUNKが忘れられない一人です。
    あのお店が、いつかどこかで復活してないか、期待しながら年に何度か検索して探してみてたんですが・・・。

    オーナーさん、お亡くなりににっての閉店だったのですか!
    あれだけの人気店、なぜに突然閉店だったのか不思議でしたが、それを聞いて納得しました。
    いま、とてもショックです。

    あのお店ほど、気に入ったお店には出会えず、いまだに料理の写メなんかを見て、懐かしく思っています。

    • あの独特で居心地のいい雰囲気のお店ってなかなかないのですよね。
      僕も今でも時々思い出して懐かしくなったり、しんみりしたりしております。

  26. cafe JUNK  富雄鳥見町に復活しますよ!2013/8/8にopenです。
    以前のスタッフさんもいるので、味は本物です!
    鳥見町のローソンの東側です

  27. ピンバック: [alm-ore] cafe JUNK 2013年8月8日近鉄富雄駅そばで復活

    • うぉー!!!すげー!!
      よく見つけましたね。ニタニタしながら隅々まで読んできました。
      オープンがますます楽しみになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。