NHKトップランナー 小説家 森見登美彦

2007年10月6日23:00放送のNHK トップランナーに森見登美彦が出演。

山本周五郎賞を受賞・直木賞候補にもなったファンタジー恋愛小説『夜は短し歩けよ乙女』、太宰治、芥川龍之介らの名作を独自の解釈と文法で転化させた作品集『新釈 走れメロス 他四篇』などで、今注目の小説家。
京都での自らの大学生活をモチーフに、現実と幻想を錯綜させる”マジックリアリズム”という手法でヒット作を連発している。
今も京都を創作の場とする森見の”四畳半的京都”への想いと、それを作品に昇華する手腕に迫る。

トップランナーの司会の一人は本上まなみであるが、森見は彼女のファンであることを公言している。
「太陽の塔」の主人公の自転車には “まなみ号” という名前がつけられているくらい。
森見が本上まなみにどういうカラミを見せてくれるか、ちょっと楽しみ。

なお、再放送は11月1日(木)25:05~25:49にNHK総合で。


とはいえ、土曜日の23時といえば、ちょうどTBSブロードキャスターで、われらが山瀬さまの長期レギュラーである「お父さんのためのワイドショーコーナー」とモロかぶりの時間帯なのだなぁ。

トップランナーは録画しておいて、あとで見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。