『山瀬まみのおいしく暮らそっ』の目次

山瀬まみのおいしく暮らそっ

先ほど、当blogではおなじみのサービス・ドライバー “すずちゃん” (♀、推定27歳)が届けてくれました。
そして、いつものごとく、僕は油断して寝癖で毛玉だらけのスェット上下。
さらに悪いことに、上がグレーで、下が黒。色があってない。
こんな汚い格好で、我らが山瀬様の本を見てよいものかどうか思案するも、とりあえずパラパラと眺める。


前著『山瀬まみのおウチが好き。毎日が好き。』と同じ路線。
ESSEの連載をまとめたもので、料理のレシピやホームメイド雑貨の紹介など。
前著との比較で最大の特徴は、今回は料理レシピの紙幅が著しく増えている。
全体の7割り方が食い物系。確かに、タイトルもそれにあったものになっている。

前著はざっと見たところレシピはページ数にして3分の1程度。
しかも、器の話題と抱き合わせのため、情報としてはもっと少なくなる。
それに対して、今回は季節に合わせたお薦めレシピとして確固とした記事になっているし、ものによっては作り方の手順(ダシのとり方とか、コーヒーの入れ方とか)が写真で説明されていて、料理初心者にもちょっと優しい。
#なお、山瀬レシピ集なら『山瀬ごはん亭のおいしい12ケ月』をイチオシする。

その分、生活雑貨系はものすごくマイナーな扱い。

山瀬写真を見ることが最大の目的の当方にとっては、いかにカワユイ山瀬写真があるかが評価のポイント。
レシピだと料理の写真がメインになってしまい、被写体としての山瀬まみは脇に追いやられてしまう。
生活雑貨系だと、実際に使っているところの写真として、山瀬まみが大写しになる傾向にある。
そんなわけで、生活雑貨系が少ない本書、当方にとってはちょっと悲しい。ぐすん。

それでも、p.33 の写真に超萌えている僕がいる。
ノースリーブの服とホットパンツをはいて、床にだら~っと座って、簡単に分けただけの前髪をさくらんぼのヘアピンで留めてある。
そして、コップを持っておやつタイムというコンセプトの写真。

「どこの幼稚園児よ?」と突っ込みつつも、すんげぇカワユくて、5分くらい眺めている当方がいる。
眼福なり。

あと、足を骨折してギプスをはめてる写真とか、スタッフ一覧に夫の中上雅巳がいたりとかする。


なお、購入を検討している人のために、以下に目次を転記しておく。

  • はじめに
  • 1. おいしい季節レシピ
    • 春レシピ
      • おにぎり作ろう
      • 変わりサンドで春ランチ
    • 夏レシピ
      • さわやか香り野菜
      • 夏テーブルを涼しげに
    • 秋レシピ
      • 具だくさんのおみそ汁
    • 冬レシピ
      • 年末年始のおもてなし
      • もくもく湯気のスチームフード
  • 2. 器づかいあれこれ
    • ナチュラルで素朴な木の器
    • カフェオレボウル
    • ガラス遊びに夢中
  • ちょいと休憩
  • 3. 売っているお菓子を手作り
    • お菓子づくり
    • ぷよぷよ ぎゅうひの和菓子
    • 素朴な甘さの むにゅむにゅグミ
    • はかなく溶ける ふわふわマシュマロ
    • お菓子といえば、ティータイム
  • 4. 暮らしをうるおすハンドメイド
    • 手作りカーテンのある部屋
    • ハギレを浸かっておしゃれリメイク
    • 牛乳パックでできる手すき和紙カード
  • 5. バックステージをお見せします
    • 何はなくとも、まずお弁当
    • お問い合わせNo.1、エプロン
    • じつは、じつは・・・の撮影秘話
    • 愛すべきスタッフたち
  • あとがき


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. >まみちゃん、かわいいなぁ!!!

    あたりマエダのクラッカー。
    かわいくなかったことなど、ないっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。