ウソつきは泥縄のはじまり

昨年のエイプリルフール・ネタ(縦読み)の評判がまずまずだったので、今年はかなりのプレッシャーを感じながらのネタ仕込みでした。

初稿は、1月下旬ころに書き上げたのだが、
結局は没にした。
婚姻ネタを書き上げ、エイプリルフールを逆手にとって、読者が
しんじるべきか、信じざるべきかわからなくなるような
まずまずの文章ができたのだけれど、
すばらしいと言えるほどのものでもなかったからだ。
#本人も、去年のやつはかなりお気に入りらしいよ。

しばらく頭を冷やして、2月下旬に第2稿を書いた。
この春に僕の上司でなくなった人と、これから僕の上司になる人を登場させ、かつ自虐ネタを組み入れたのだけれど、内輪ネタ的になってしまうと多くの読者にとってはツマラナイものになるだろうと考え、没。
#誰かチクる奴がいるんじゃないか・・・と心配したわけではない。

締切10日前になって、「今年はホモセクシャルで行こう」とテーマを確定。そういう片鱗を一切見せていないはずの当方なので、すぐに4月バカだと分かってもらえるだろうし(儀式なので、すぐバレるということもある意味重要)、意外だからこそ「え!?そうだったのー!」とイノセントにだまされてくれる人もいるかもしれないし。
でもって、一度書いてみたのだが、あまりに生臭い話になりすぎて躊躇し、やっぱり没。
#とにかく、自分で書いていてキモち悪くなった。

5日前、さぁ困った。
困っている最中、大学の同窓で会社の同期の某おっさんからメールが来た。彼とのやりとりの中で「草食系男子」の話になったのは真実。
#ウソの中に一片の真実を入れるのはセオリーだからね。

で、草食系男子のことを考えていたら、第三者から見ればゲイと区別が難しいだろうなぁと思いついて、それと絡めればホモセクシャルの生臭さも緩和されるかと思い、書きはじめる。

公開2日前に原稿はできていたのだが(当方がblogネタを何日もかけて書いたり、事前に準備しておくことはまれだ)、正直、あんまり面白い文章にはならなかった。
けれども、もう時間がないし、いいや、と。
#ここで考えた別アイディアは来年に回すかも。覚えていれば。

アップ予定の朝になって、読み返せば読み返すほど、面白くない文章だったので、当blogの影のヒロインを仕込むことにした。
去年の延長だという設定にすれば、お茶が濁せるだろうという打算があったのも事実だ。

以上が、締め切りに追われていた当方の苦しい遍歴。



ところで、昨夜の記事における

けれどもそれは、草食系男子の十分条件を満たしているだけであって、論理的推論としては妥当ではない。
もう一つの可能性を無視しているからだ。

の部分。
これは、知人の推論のやり方が間違っていると指摘しているだけで、推論の結論が間違っているとは言ってない(つもり)。

「下駄を投げて裏返しに落ちたから、明日は雨だろう」
という推論は、論理的には妥当なやり方ではない。
でも、翌日、実際に雨が降ることだってありうるわけで、推論の結論そのものは正しいことだってあるのだ。

どーでもいい話だが、そういう点を鑑賞していただければ。

あと、タイトルで「結論」と書かずに「ケツ論」としたのは、もちろん・・・(良い子のお友達のために以下自粛)。

しかし、昨夜の記事の最大のポイントに気づいた人は少ないだろう。
それは、ファイル名が “post_1111.html” と1並びになっていることだ。
当blogのファイル名規則(システムが自動的に割り振る)として、記事タイトルが日本語だけの場合 “post_xxx” という形式の通し番号になるのだ(半角アルファベットが入っていれば、それがファイル名になる)。

4月1日に1並びになっているというのも、鑑賞ポイントの一つなのだ。むしろ、最大の鑑賞ポイントと言っても良い。
#この微調整のために、1日前に山瀬まみネタを仕込んだりと、いろいろ工夫しているのだ。

さらに言えば、先の記事の直後に
みうらじゅんの「男キッス」という曲のPVを紹介して、ゲイ疑惑を強調するつもりだったのだが、NHKドラマ「つばさ」の記事も挟まなきゃいけないし、1日にたくさん記事を上げすぎると読者も疲れるだろうと思って、割愛。
その代わり、ここに載せておく。
歌詞の是非はあるが、メロディはキャッチーで思わずハミングしてしまう。



最後に。
この記事の中に、1つだけウソを混ぜておいた。

コメント (2)

  1. ややこしすぎてよくわかんないので、1文字目だけ信じることにする。

    …。

    おめでとうございます!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。