自作トマトちゃん

某機関紙を読んでいたら、著者サイン付きで『いないいないばあっ! こんにちは! トマトちゃん』を5名にプレゼントすると書いてあった。

不肖当方は、非常勤講師の授業でこのトマトちゃんというキャラクター(いないいないばあっ!)を例示したことはあったのだが、同書は持っていない。だから、欲しいなぁとちょっぴり思ったり。

思ったんだけれど、某機関紙の読者プレゼントに応募するよりも、別の手段を使ったほうが入手しやすいかなぁ、と思ってみたり、みなかったり。

そんなわけで、偶然(本当に偶然だ。当方が家に食料をストックするなどめったにないことだ)、昨日買ってきたトマトが家にあったので、即席でトマトちゃんのフィギュアを自作し、著者に猛アピールしてみる。

木公謹製 トマトちゃん(部品をはずしてよく洗えば食べられます)






可愛い顔してるだろ。
ごはん粒がなかったから、ハンドソープで貼り付けてるんだぜ。
#あとで、よーく洗って食べるさ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (4)

  1. ステキ! よくできています! トマトちゃんの作り方を図示して、全国のこどもにも木公さんのように作ってもらいたいなぁ。でも、あの機関誌に、はたして応募があるんだろっか? どのくらい応募があるか予想しません? 私、3−5件。

  2. 意外と多いと思うよ。
    20人。

    ちなみに、
    1. 当blogを1週間に1回くらいは見る
    2. 子持ち(もしくは、予備軍)
    3. 某機関紙を購読
    という3つの条件に当てはまる人が、3人は思いつきます。少なくとも彼らは、興味本位で応募するでしょう。

  3. ふふっ、よくできてますね。
    うちの坊やにも作ってあげれば喜ぶかしら?トマトちゃん大好きです。

  4. ぜひ作ってあげてください。

    僕は紙を切り抜いて油性ペンで黒く塗ったのですが、黒い部分は海苔で作るといいかもしれませんね。白い部分は、ごはん粒を指でこね伸ばして作るのはどうだろう。

    あと、がんばればワンワンも作れそうじゃないですか。ご飯をワンワンの顔の形に盛って、黒いところは海苔、緑のところは青海苔ってことで。鼻は黒豆にすると雰囲気が出るかも。
    #味は考慮していない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。