あるにゃんを平和的に恫喝する

犬・猫の引取り有料化 | 精華町

京都府が毎月第1・3・5水曜日に行っている、飼えなくなった犬・猫の引き取りが、7月1日(水)から有料になります。

 引き取り手数料は、生後91日以上の犬・猫1匹につき2000円、生後90日以内の犬・猫10匹以下ごとに2000円となります。引き取り場所は、町役場衛生課、時間は午前10時25分~10時40分となっていますので、ご注意ください。

精華町在住の当方であり、万が一あるにゃんを手放すことになったら 2,000円の費用がかかるようになるってことだ。

つーか、そのことを逆手にとって、あるにゃんが悪さをしたら
「そんなことしていいのかなぁ~。役場に引き取ってもらおうかなぁ~。金ならあるしぃ~。(ひらひら)」
と恫喝しておとなしくさせようと企んでいる飼い主。

カネの力で黙らされている あるにゃん

コメント (2)

  1. 木公
    あるにゃんのおかげで2千円を失わずにすんだ話。

    今日、貸しにしていた2000円を返してもらった。たまたま財布が手元になかったので、無造作に折りたたんでジーンズのポケットに突っ込んでいた。

    この記事をアップした直後、その2000円のことを思い出した。逆にいえば、この記事を書いていなかったら、お金のことを思い出さないままジーンズを洗濯していたかもしれない。

    あるにゃん様のおかげで助かった。
    明日、猫おやつを買ってきてやることにする。

    (以上、かなりデキすぎな話だけれど、金額まで含めて全て実話)
  2. 木公
    ところで、今頃引用部分をよく読み返しているんだけれど、受付時間が15分しかないって、なかなかすごい話しだなぁ。しかも、月3回だけだし。

    まぁ、そんだけ「利用すんな」ってことなんだと解釈しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。