NHK『おひさま』第20回

本文前のこのマクラ部分を、本ドラマに関しては「おひさマクラ」と称している当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第20回目の放送を見ましたよ。

* * *
第4週「母の秘密」

宿へ訪ねてこない陽子(井上真央)にしびれを切らし、祖母・富士子(渡辺美佐子)が会いに来た。
手頃な場所を他に知らない陽子は、行きつけの水飴屋・村上堂へ祖母を案内する。庶民的すぎる店構えに眉をひそめる祖母であったが、まんざらでもない様子であった。

決して会いに来ようとしなかった陽子のことを強情な娘だと評した。そういうところは母・紘子(原田知世)にそっくりだという。そして、元をたどれば、自分の強情さが伝わったのだと言う。
その話題を口火に、祖母・富士子は一人で次々と話し始めるのだった。

陽子の祖父は子爵を拝命しており、一人娘の紘子の進学祝のために帝国ホテルで盛大なパーティーを行うことができるほどの財力があるという。そのような家筋だが、紘子は生まれた時から体が弱かった。医者には、小さいうちに死んでしまうかもしれないと言われていた。それにも関わらず、3人も子供を生むことができて良かったと、祖母は言うのだった。

紘子は音楽と本の好きな少女で、学校の先生になるのが夢だった。しかし、女に職業は必要がないという祖父の考えのもと、その夢は実現しなかった。さらに、祖母も経緯は知らないが、いつしか良一(寺脇康文)と出会い、親の反対を押し切って駆け落ちしてしまったというのだ。それ以来、親子の縁は切れてしまったという。

しかし、陽子の祖父母は他に子どもがなく、跡継ぎを必要とした。そこで、次兄の茂樹(永山絢斗)を養子に迎えることに決めた。紘子らの意向は無視され、半ば強制的に連れていくことが決まっていた。
その時、直談判に来たのが長男の春樹(中川大志)だった。自分が家族を守るのだ、祖父を殺して自分も死ぬ覚悟だと訴えた。その熱意に負けた祖母は、初めて夫に逆らい、養子縁組を反故にさせた。

その話を聞いて、一同は涙するのだった。
そして、村上堂の外では、通りがかった茂樹が一部始終を耳にしてしまった。
* * *





祖母のひとり語りで退屈だわ、なんのヒネリもないお話だわ、登場人物がわざとらしく泣くわで、視聴者たる当方はどっシラケ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。