NHK『おかえりモネ』第52回

神野マリアンナ莉子(今田美桜)は男性に求める条件のうち年齢上限は40歳だと言っており、それを20%近くも上回っている自分にショックを受けた当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第52回めの放送を見ましたよ。

* * *
第11週『相手を知れば怖くない』

朝の報道番組『あさキラッ』の担当チームに配属された百音(清原果耶)は午前3時半にテレビ局に行かなければならない。20時に就寝し、深夜2時に起床して身支度を整えた。

シェアハウスを出ようとした時、浴場の照明がついていて、中からブラシで床を擦るような音が聞こえてきた。百音は大家・菜津(マイコ)が掃除をしているのだろうと思い、声をかけた。しかし返事がないばかりか、突然明かりが消え、誰かの立ち去る影だけが見えた。
百音は恐ろしくなり、逃げるようにシェアハウスを出た。

百音が正式に『あさキラッ』チームに配属されて初めてのミーティングが始まった。
百音は、神野(今田美桜)とペアになって、屋外からの中継コーナーを担当することになった。神野とパペットの掛け合いが人気になりつつあり、パペットの操作をするためである。

ただし、それだけに留まらず、中継コーナーで扱う話題の選定も行うよう命じられた。
翌日、杉の話題を取り上げることを提案した。春先の杉は花粉によって人々に嫌われている。しかし、杉の香や森林浴にはリラックス効果があることを紹介したいのだと言う。それは、登米の森林組合で働いていた百音の得意分野であると同時に、空と山と海は互いに関連しているという百音の気象観に基づくものでもあった。
朝岡(西島秀俊)や高村デスク(高岡早紀)は百音の着眼点に感心し、その話題は採用されることとなった。

こうして、百音の東京での最初の週が終わった。
週末には、同じシェアハウスに住むことになった明日美(恒松祐里)と共に本格的な引っ越し作業を進めた。せっかく同じ所に住むことになったのだが、百音は昼夜逆転生活になってしまし、ふたりが顔を合わせるのは週末くらいしかなかった。

夜までに大方の作業を終え、ふたりはビールを飲みながら久しぶりにゆっくりと話した。未知(蒔田彩珠)と及川亮(永瀬廉)の恋の行方、明日美はもう亮に未練がないことなどを話した。明日美は百音の好きな人を聞き出そうとしたが、そもそも百音は誰かを好きになったことがなく、上手く答えられなかった。

すっかり酔っ払ってしまった百音は眠り込んでしまった。
しかし、明日美に揺り起こされた。奇妙な物音が聞こえてくるから一緒に調べてほしいというのだ。ふたりで浴場へ向かうと、中から突然大きな音が聞こえてきた。

びっくりして菜津に助けを求めると、彼女は深く謝った。
ふたりには話していなかったが、このシェアハウスには他の住人がいるのだという。菜津の祖父母に加えて、もうひとり別の住人がいるという。

* * *


以前の放送で明日美(恒松祐里)がシェアハウスに住みたいと言った時、菜津(マイコ)は激しく躊躇する様子を見せていました。その理由は、もうひとりの別の住人にあるようです。かなりの曲者の様子。

ならなんで百音(清原果耶)にも最初に言っとかないんだよ思ったわけですが、思い返せば、百音はシェアハウスに到着早々気象会社の下見に行き、そのままテレビ局に連れて行かれました。やっと帰ってきたかと思ったら、今度は早朝の番組にも呼ばれて出かけて行ったり。就職したら昼夜逆転生活になってしまって。
確かに、菜津が百音に説明する暇がなかったと言えば、そうなのかもしれない。とは言え、ふたりで仲良く天ぷら作ったりしてる暇はあったみたいだけれど、まぁいい。

本文からは割愛しましたが、百音は日中頻繁に近所のコインランドリーに通っています。そして、そこは菅波(坂口健太郎)も頻繁に訪れる場所です。しかも、百音とほぼ同じ時間帯。
百音は午前中に仕事を終えるシフトだから昼間にコインランドリーにいることはわかる。しかし、菅波はどうして昼間に洗濯に来れるんだ?病院勤務はどうした?勤務している病院がそばにあって、ちょっとした空き時間に洗濯に来るということだろうか。このあたり、種明かしされるのはもう少し先のようです。
そして、ふたりは同じ時間にコインランドリーにいるのに、百音はなんやかやと席を外したり居眠りしていたり。その間に菅波が洗濯物を放り込んですぐに立ち去ってしまいます。ベタなすれ違い展開が続いております。

【今日の蒔田彩珠
セリフで未知(蒔田彩珠)の名は挙がりましたが本人の登場はありませんでした。
水産高校に進学し、大学に行かずに地元の水産試験場に就職したということは、ずっと前から及川亮(永瀬廉)に一途なのだというのが明日美(恒松祐里)の見立てでした。
明日美の恋愛観によれば、好きな人とはそばにいることが一番大事だそうです。幼馴染でありながら亮のことが好きだった明日美ですが、今は東京にいて距離があり、亮には未練がないと主張していました。
以上のことは明日美が本心からそう言っているのか、どうしても亮が自分のものにならなかった悔しさと強がりから言っているのか、僕にはよくわかりませんでした。

百音による未知と亮の見立ては、ふたりはどちらも頑張り屋の性格なので上手くいくかどうか不安だというものでした。ふたりで一緒にいることで互いの気が楽になるならいいが、そうならない場合は良くないことが起きると思っているようです。

未知と亮は一筋縄ではいかなそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。