NHK『おかえりモネ』第88回

昨日はぼんやりしていて、まとめ記事の「今日の蒔田彩珠」コーナーを書き忘れた(修正済み)当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第88回めの放送を見ましたよ。

* * *
第18週『伝えたい守りたい』

過去にあまり例がない大きさと強さの台風12号が日本に接近していた。首都圏を直撃し、前例のない激しい風雨をもたらすと予測されていた。気象庁は台風上陸3日前に会見を開いた。こんなことは前代未聞だった。

百音(清原果耶)たち報道班は、台風上陸3日前からテレビ局に詰めることになった。朝の番組以外のニュースなどでも適時的に台風情報を伝えることになったのだ。

百音は裏方として情報収集やキャスターへの伝達などに奔走した。
その際、百音に与えられた使命は、視聴者へいかにして危機感をもたせるかということであった。暴風雨が発生するのはおよそ2日後であり、現在はとても天気が良い。このままでは人々が油断してしまうと懸念された。一度雨が降り出すと、あっという間に危険な雨量になり、避難もままならなくなるおそれがある。人々に早めの警戒や避難を促す必要があった。

しかし、百音はどうすれば人々に警戒感をもたせることができるか考えあぐねてしまった。
短い空き時間に菅波(坂口健太郎)に電話をして相談してみた。すると彼は、少し未来に起きるだろうことを具体的に話すと良いと助言した。たとえば彼は食事を摂りたがらない患者に対して、2-3週間後に体力が落ちて起き上がることができなくなると話すという。この先に何が起きるかイメージできれば落ち着いて行動がとれるようになるのだという。
百音はそのアイディアを受け入れることにした。

台風上陸の前日。
百音はテレビ局にある資料映像の放送を提案した。体験施設で暴風雨にさらされる映像を視聴者に見せたいというのだ。
実際に放送されると、効果がありそうだった。たとえば、シェアハウスの近所に住む住民が放送を見て、菜津(マイコ)を頼って避難してきた。シェアハウスは2階建てで高いところに避難することができ、銭湯も兼ねているため小型発電機もある。もちろん奈津は、避難してきた人たちを受け入れた。

そして、上陸前日の15時30分。一都六県に同時に大雨特別警報が発令された。このようなことは前例がなかった。

* * *

ヤバイ台風が来るぞ、ってのをひたすら見せる回でした。
そんな中、どうやって人々に早めの警戒をさせるか百音(清原果耶)が知恵を絞りました。知恵を絞るっつーか、いつものごとく菅波(坂口健太郎)の助け舟で解決の糸口を見つけたわけですが。

【今日の蒔田彩珠
首都圏に大きな被害が出そうだというテレビ放送を見て、実家の家族は百音のことを心配していました。その中に、部屋着の未知(蒔田彩珠)が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。