NHK『おかえりモネ』第115回

この修業もあと1週間で終わると思うと感慨深い当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第115回めの放送を見ましたよ。

* * *
第23週『大人たちの決着』

2020年1月13日(月、成人の日)、菅波(坂口健太郎)が百音(清原果耶)の実家を訪ねてくることになっていた。
それでも、百音はいつも通りに朝昼晩のコミュニティFMで気象情報を伝えなければならなかった。

夕方、亮(永瀬廉)にコミュニティセンターに来てもらった。先日の低気圧による漁船の遭難危機を検証するために航行記録や聞き取り調査を行うためだった。その日の夜は、未知(蒔田彩珠)が亮と会う約束をしていた。百音はふたりに迷惑をかけないためにもテキパキと話を聞いた。

聞き取りが終わると、亮は百音に過去の失言を謝った。百音が人々の役に立ちたいと故郷に帰ってきたことについて、亮が「きれいごと」であるとなじったことについてである。
その謝罪に対して、百音はそう言われて当然のことであると答えた。加えて、亮に言われたことが嬉しかったと話した。なぜなら、いつも当たり障りのないことしか言わない亮が心を開いて本音を言ってくれたと思ったからだ。亮は自嘲した。

そして亮は、あの時を境に百音にも変化があったと言いかけた。しかし、全てを言う前に会話が打ち切られてしまった。
コミュニティセンターに突如として菅波が現れたのだ。本来は19時ころに到着する予定だったが、少しでも早く来たいと思って17時前の到着となったのだ。

祝日のコミュニティセンターには、百音と亮以外の人影はなかった。
彼らがふたりきりだったのを見て、菅波は「19対5では分が悪い」と独り言を言った。

その真意を確かめる前に、百音は放送ブースへ向かった。もうすぐ17時になるので、百音は気象情報の生放送をしなければならないのだ、
菅波と亮は百音の放送をブースのガラス越しに見守った。百音はどこかやりにくそうだった。

* * *

本文からは割愛しましたが、百音(清原果耶)はブナの鉢植えを持っています。
登米にいた頃、耕治(内野聖陽)がひょっこり現れて、木工細工イベントに参加しました。その時に耕治が作って百音に贈ったブナの笛から芽が出てきたのです。それが大きく育って、鉢に植えて育てていました。
そのブナには雅代(竹下景子)の魂が憑依し、百音のことを見守っていました。

そもそも、雅代がどうして百音だけを見守っているのかよくわからないわけだけど。生前、雅代が特に百音だけに目をかけていたという説明もないし。ていうか、龍己(藤竜也)と雅代は仲睦まじい夫婦だったので、夫を見守ってやれよって思うし。

それはさておき、龍己はその鉢植えを見るなり、気に入ってしまいました。それで、百音は龍己にそれを譲渡することにしました。
というわけで、龍己と雅代の夫婦がまた一緒になったってわけですね。

この出来事は、菅波(坂口健太郎)が訪ねてくる日の朝のことです。ブナに憑依した雅代にしてみれば、百音を今後見守るには菅波であり自分の役目は終わった、ってことで龍己の元へ帰ったってことでしょうか?
ちょっと待てよ。もうひとりの孫である未知(蒔田彩珠)のことも見てやれよ。薄情なババァだなぁ。

あと、放送の最後に視聴者からの写真が紹介されるコーナーがあるのですが。
今日は上白石萌音が登場しました。さりげなく次の朝ドラの宣伝かよ。

【今日の蒔田彩珠
この日の夜、未知は亮(永瀬廉)と会う約束をしています。今後の身の振り方についてじっくり相談する予定だそうです。
それを控えて、自室のベッドの上に服を並べて、どれを着ていくか考えていたようです。放送されたシーン自体は百音と電話をしているだけで、その背後に服の並んだベッドが映っているだけでした。選んでいる実際の様子はなかったわけですが、ウキウキとしている未知の様子が想像できて、良い演出でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。