NHK『カーネーション』第126回

昨日は、少なくとも山瀬まみよりは胸が大きいと見積もられている女性と一緒に静岡でエビをたっぷりご馳走になり、二次会ではビールやラムを飲んでぐでぐでになったわけだが、いくら飲み過ぎと寝不足でしんどくても「カーネーション見にゃならんから起きろ」という声と共に朝の始まる当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第126回目の放送を見ましたよ。

* * *
第22週「悔いなき青春」

1973年(昭和48年)3月。
聡子(安田美沙子)は、家族や近所の親しい人々に見送られてロンドンへ旅立って行った。

糸子(尾野真千子)は空港まで聡子を見送った帰りに、心斎橋の優子(新山千春)を訪ねた。優子は、聡子が姉たちよりも先に海外へ飛び出して行ったことをしきりに感心していた。

糸子は、優子の東京行きや離婚することについて穏やかに訪ねた。優子は静かにそれらを肯定した。糸子は、そんな大事な事を北村から聞かされるまで親に黙っていたこと注意した。心配を掛けたくなかったという優子に対して、子の心配することが親の仕事だと言って再び注意した。

優子は、糸子も一緒に東京へ行くよう誘った。東京は経済や文化の中心であり、アパレル業界で成功しようと思ったら東京に拠点を置く必要があるというのが優子の考えだ。優子は自分の店の本店を東京に構え、全国に支店を展開する計画だという。5年以内に50店舗を作り、売上を30倍にしてみせるという。

熱心に語る優子であったが、糸子には少しも面白いと思えるところがなかった。東京行きが気に入らないのではなく、自分が本当にやりたい事が何なのかを見失いかけていたのだ。岸和田で仕事を続けることと、東京に進出することのうち、どちらがより面白いのか全く判断できなくなっていた。

その夜、八重子(田丸麻紀)が訪ねてきて、珍しく糸子と酒を飲んだ。八重子は自分の美容院を閉じることを決めたという。近頃では立ち仕事が辛くなってきたし、子供にも心配されているという。これまで働き詰めの生活だったので、「働かない」という新しい生活を始めるのにも労力が必要だと思われる。それだけの力が残っているうちに店をやめるというのが八重子の決断だった。

一方で、八重子は糸子のことを応援した。今や、オハラ洋装店は岸和田一の名店なのだから、長く店を続けて欲しいというのだ。
糸子は、北村(ほっしゃん。)や優子に東京行きを誘われていることを話した。店をたたむとなると、昌子(玄覺悠子)らの仕事もなくなってしまう。それを気兼ねする心境もあった。
台所で聞き耳を立てていた昌子は、自分達のことは気にする必要はないと言って糸子を後押しした。悪い話ではないし、糸子の自由にするのが何よりだというのが昌子の正直な気持ちだった。

糸子は自分の迷える胸のうちを話だした。
糸子はアパレル業界が戦争ゲームのようになっているのが気に入らないのだ。戦争と同じように周りは敵ばかりで、敵に負けないように頭がのぼせておかしな事を信じたりやったりする。最新モードを追いかけるばかりで、去年の流行服が今年は誰からも顧みられなくなる。そういったことは、糸子には少しも面白い思えないというのだ。

糸子は、自分に洋裁を教えてくれた根岸(財前直見)の言葉(第23回)を引用した。
「本当に良い服は、人に品格と誇りを与えてくれる。人は品格と誇りを持って、初めて希望が持てる。」
ところが、自分はその言葉を忘れかけていた。流行の服は一時的に希望を与えてくれるかもしれないが、すぐに別の服がその希望を奪い去ってしまう。そんなイタチごっこのようなことに自分も加担してきたと反省するのだった。

糸子の弱音を聞いて、珍しく八重子が怒り出した。彼女は何も言わずに突然立ち上がると、あっけにとられる糸子らを無視し、ぷいっと大股で家に帰ってしまった。

10分後、八重子が小走りで戻ってきた。そして、風呂敷包みを糸子に差し出した。
中には、安岡美容室の新装開店の際に糸子が作った制服(第86回)が入っていた。それと一緒に、玉枝(濱田マリ)や奈津(栗山千明)と一緒に撮った写真も収められていた。

安岡美容室の改装直前、安岡一家はどん底の状態だった。けれども、糸子が作ってくれた制服のおかげで八重子らは希望と誇りを取り戻した。黄ばんだ制服を指し、それのおかげで生きてくることができたと言って八重子は涙を流した。

糸子は昔の自分にひっぱたかれたような衝撃を受けた。
* * *



千代の動作がいよいよ危なっかしくなってきました。それと同時に、画面の中に映る麻生祐未の姿が小さいこと、小さいこと。背中を丸めて、じっとしている様子が本当に高齢の老婆に見えます。リウマチか何かで指が痛いのか、ずっと手が曲がったままですし、反対の手で指をさすっていたりします。
見てて切ない。

高齢メイクもうまく決まっているし、ちゃんとおばあちゃんに見える。そういうメイクをできるスタッフや、演技のできる共演者の助言があれば、尾野真千子でも老齢期を演じられるのではないかと、今さらながらに思ってしまう。
明日はいよいよ夏木マリ登場。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。