『川井チャンのF単〈4th〉F1中継によくでる用語』 川井一仁(監修)

昨日、F1の2008年シーズンが開幕したそうで。

特にそれにちなんだわけではないが、本屋で『川井ちゃんのF単〈4th〉F1中継によくでる用語』という本を見つけて、衝動買い。

白黒印刷ではあるが、約300ページにわたって F1 用語がびっしりと説明されている(一部、写真なども付いてる)。
F1中継を見ていて分からない言葉が出てきたら、ちょっとぐぐればたいていの言葉はわかってしまう時代ではあるという指摘は正しい。
しかし、パラパラと眺めながら、「おお、そういう言葉もあるのか!」と新しい発見があるのがとても楽しい。例えば、「フライング・フィン」という言葉はwikipediaにも載っているが、本書を手にしなければそんな単語を見聞きすることもなかっただろうと思う。

用語は全部でいくつ掲載されているのか知らないが、とにかく「川井一仁」だってちゃんと出てる。
#でも、元妻が鈴木保奈美であることは書かれていない。

川井一仁 『川井ちゃんのF単』より

用語集も良いできなのだけれど、僕は巻頭カラーで紹介されているF1の裏事情が楽しかった。
デザイナーがマシンを設計するところから始まって、実車の作成や手作業でのカラーリング風景などが全てカラー写真で紹介されている。チームの年間運営費の概算だとか、スタッフの役割だとかも解説されていて、いろいろ楽しい。

あと、本書は2006年8月出版だが、この年のF1のレギュレーションブックが付録でついてた。


なお、今後は本書を新刊で入手するのは困難になると予想される。
なぜなら、版元の山海堂が昨年12月に倒産してしまったからだ (wikipedia で「山海堂」を見る)。

僕は、本屋の半額投売りワゴンセールで見つけた。
多くの場合、書籍は出版社への返品が制度化されているけれど、さすがに倒産してしまった会社のものだから投売りするしかないのだろう。

定価1600円のところ、半額で買ってきた。
正直、定価では買わなかった本かもしれない。
倒産セール品だったので「今、ここで買わないと、もう二度とお目にかかれない珍本になるかも」という打算がはたらいて(しかも、川井チャンってクセのあるキャラだしさ)、中身もよく確かめずに買った。

しかし、上記の通り巻頭カラーは楽しいし、用語集もマジめに作ってあるし、実は良い買い物をしたと自分を褒めてあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。