総理の椅子の重さは約30kg

今、ブロード・キャスターを見てる。
今週福田首相が辞任したこと、さらに昨年の安倍前首相の辞任などに絡めて、「近年、首相の椅子の重みがなくなってきている」という話をしている。

ナレーターが「首相の椅子の重さを、大真面目に検証した」と煽った。

“首相の椅子の重み” というのは、もちろん「軽々しく首相になったり、首相をやめたりすることはできない。首相とは、重大な覚悟や責任を伴うものだ」という比喩であることは明らかだ。

“首相の責任” なんて映像では表現しにくい抽象的な問題なので、どういう風に切り込むのかと続きを楽しみにした。
その反面、「もしや、単なるオヤジ・ギャグなんじゃないか」と不安になったりもしたのだが。




しかし、そういう予想は、たいてい悪い方に的中するものだ。

ブロード・キャスターの取材班は、中古家具店に出かけていって、首相官邸の執務室に置いてあるのと同モデルの椅子の重量を測定してきた。

福田首相が使用しているのは、ドイツ・ヴィトラ製の「イマーゴチェア」というモデルだそうだ。
重量を測ってみたところ、27.34kg。
手で持ち上げてみても、ズッシリと重いとか。


・・・どこが、”大真面目に検証” なのか。
まったく笑えないオヤジ・ギャグだ。
番組の途中の余興とかだったらまだ笑って許せるが、今週の重大ニュースのひとつだぞ。
#番組のトップは大相撲の大麻問題で、次が福田首相辞任問題だった。

ブロード・キャスターは9月で打ち切りという報道もあって、山瀬まみの「お父さんのためのワイドショー講座」がなくなってしまうのは残念に思っている当方であるが。

今日の放送のバカ騒ぎにほとほと愛想が尽きた。
9月末なんて暢気なことを言わずに、今週いっぱいで終わっていい。

ばーか。

コメント (2)

  1. 首相の椅子の重さが軽くなったのは近年じゃないと思うけどな。中曽根さんが辞めた後なんて、軽い椅子ばっかりだったじゃないか。

    僕も30kgの椅子に座れる身分になりたいよ。

  2. 昔は、女性スキャンダルで首相の椅子から降りちゃった人とかいたよねぇ。

    昔から椅子が軽かったという話だと番組を作りようがなかったんじゃないかなぁ。
    #最近のブロードキャスターは本当に(以下略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。