TEN.TEN.CAFE: 酒と泪と男とぜんざい

P1000165.JPG河島英五の『酒と泪と男と女』に、

忘れてしまいたい事や
どうしようもない寂しさに
包まれた時に男は酒を飲むのでしょう

とある。

当方にももちろん、どうしようもない寂しさや忘れてしまいたい事があったり、なかったりするわけである。そういうモヤモヤした思いを抱えて、ならまち方面へ車を向けた。

なら工藝館という施設の正面に、ツタの絡まる古い建物があった。
そこは、ラクダのロゴが特徴的なTEN.TEN.CAFEという、地元ではちょっと名の知れたカフェらしい。

普通におしゃれでイイ感じの店であるのだが、それよりも、故・河島英五の細君が経営していることで有名。
もともとは、大阪ミナミにあったのだが、2003年の法善寺横町の火災事故の際に全焼。その時、すでに河島英五は亡くなっていた(2001年死去)が、彼が大好きだったというならまちに移転して現在に至るそうだ。


TEN.TEN.CAFE入り口の提灯そんなわけで、この店の名物メニューが河島英五のヒット曲をもじった「酒と泪と男とぜんざい」。
店の入り口に提灯も出ている。

忘れてしまいたい事や寂しさがあった当方であるが、さすがに車で酒はヤバいので(しかも、昼間だし)、ぜんざいで平和に忘れてみることにした。

店内は1階(禁煙)に20脚のほか、2階席(喫煙)がある模様。すでにタバコをやめてしまった当方なので、2階席がどんな様子なのかはわからなかった。

1階では、初老の女性2人組みや、同じく初老の夫婦がのんびりとお茶をしていた。
いまどきの若い人たちは河島英五なんて知らんだろうし(僕だって、かなりあやふやだ)、それほどキャピキャピした雰囲気はなかった。ゆっくり落ち着くにはいい感じか。

大きく取られた明り取りのガラス窓からは、中庭も見える(このあたりの建物って、こういうつくりになってるところが多い)。
壁にはめられているラクダなどの墨絵は、河島英五が描いたものらしい。法善寺横町の店に飾られていたものだが、奇跡的に焼け残り、現在の店に運び込んだそうだ。

TEN.TEN.CAFEの内部

さて、いよいよ、忘れてしまいたい事を忘れるための「酒と泪と男とぜんざい」である。
番茶と塩昆布がついて、650円。ラクダの焼印の入ったモナカの皮みたいなヤツ(なんていうんだろう?)のしたには白玉が3つ隠されてた。

酒と泪と男とぜんざい

程よい甘さで、上品なぜんざいでした。
おかげさまで、何を忘れようとしていたのか忘れてしまったわけで、結果オーライなのである。

なお、車で行く場合、駐車場が非常にわかりにくく、少々距離があるので気をつけたほうがいい。
場所は、店から西に50mくらい行って、道路の反対側の月極め駐車場の1区画。

あと、ドラマ『鹿男あをによし』の出演者の何人かのサインが店に飾られてた。ここでロケも行われたとのこと。

【お店データ】
Webサイト: TEN.TEN.CAFE
住所: 奈良市脇戸町19
TEL/FAX: 0742-26-6770
営業時間: 11:30 – 18:00
定休日: 年中無休(不定休あり)
駐車場: 店から西に50m、道路の反対側。1台(コインパーキングもある)


大きな地図で見る

コメント (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。