『ご指名!古都のバスガイド』 木島亜里沙

某知人が密かに熱いまなざしを送っている、奈良交通のバスガイドさんである木島亜里沙さんの手記『ご指名!古都のバスガイド』を入手した。

奈良交通は普段から路線バスでお世話になっている地元企業だし、本のカバーを見るとかわいこちゃんだし。

ていうか、上記知人が彼女の本を買おうとしているらしく、
「彼女を渡すもんか!俺が先に入手してやる!」
と、独自に彼を恋のライバル視して、早急に入手した次第。

つーか、これ、以前に買った『新幹線ガール』と同じ出版社なんですな。


で、早速読み始めたのだけれど、お風呂で半身浴しながらサクッと読める分量。

内容としては、父を早くに亡くしましたとか、バスガイドの研修は大変でしたとか、私の一日を紹介しますだの、失敗して泣いたこともあります、でもお客さんの笑顔を見ると苦労も吹っ飛びます!系の、よくあるパターンで、可もなく不可もない。

ただ、メディアファクトリーの”働くおねぇさんシリーズ”(俺が命名)を踏襲した、仕事中の制服姿のスナップには萌える。
今回は、p.60 に掲載されている、観光バスのタラップを登る木島さん。くびれた腰から丸いお尻、タイトミニから伸びる2本の細い足の後姿。あのヒールに踏まれてみたいという、イケない妄想を膨らませたり、ナニをふk [検閲]

そんな感じで、ミーハーで軽薄な読み方しかできなかった当方。

ただし、エピローグの一節だけはちょっと興味深かった。
バスガイドさんの仕事姿といえば、バスの先頭で後ろ向きに立ちながら、マイク片手にアナウンスする姿。しかし、2008年6月の道路交通法の改正により、高速道路ではバスガイドも着席しシートベルト着用が義務付けられた。そのことによって、彼女らの仕事がやりにくくなったそうだ。それに対して、具体的にどのように対処していくかという記述はほとんどなかったが、そういうこともあるのかとちょっぴり勉強になった。また、道交法改正の前後に出た書籍として、将来はなんらかの史料的価値があるかもしれないし、ないかもしれない。

というわけで、オリエンタルな顔立ちの木島さんの写真はどれもかわいいですし、制服フェチの人にもアピールしますし、とりあえず一回くらい立ち読みしても良い本かもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (7)

  1. 某大手旅行会社で団体旅行の営業をしてる29歳の会社員です。
    本屋でたまたま見つけ、読ませてもらいました。
    営業成績ばっかり気にしていて、新入社員の頃一番気になっていたお客様の満足という一番大事な事を思いださせてくれました。
    スナップを見て思い出したんですが、一緒に仕事した事あるかも…。

  2. 確かに「初心忘れるべからず」ですね。僕も今回コメントを頂いたのを機にちょっと心を入れ替えようかと。

    木島さんと一緒に仕事をしたとはうらやましいです。僕は奈良交通の観光バスを見かけるたびに車中を注視するのですが、いまだ発見できずです。

  3. 書評:木島亜里沙『ご指名!古都のバスガイド』

    奈良交通に木島亜里沙さんというバスガイドさんがいます.美人バスガイドとして,通常…

  4. バスガイドってお客さんからセクハラされやすいそうですが、木島亜里沙さんは一体どうなんでしょうかね?
    セクハラされる事もありそうな感じもしますが…
    表紙の写真は妙にセクシーな感じが(片脚上げのポーズ)するのは私だけ?

    • 本書にはセクハラ等の記述は無いので実際の所はよくわかりません。きっと、本に書けないようなご苦労がたくさんあるだろうと想像はしますが。

      今ざっと見返して、唯一見つけた客からのハラスメントは、酔った客にクーラーの効きが悪いと理不尽に当たられて泣き出してしまったという話でした。

  5. 私も本を読んだ人間なので内容は知っているのですが、私もP60のお写真の木島亜里沙さんのお尻に妄想してしまいました。
    思わず、お尻を触ってみたいと。
    スカートなのに下着のラインが透けて見えていませんが亜里沙さんはTバックとか穿いてるんでしょうかね?

    • 僕はどちらかと言うと足の方が好きなので、どういう下着を履いているかはあんまり想像がつきませんし、どーでもいいかな、って感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。