NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第25回

 出勤途中の吉野家で焼魚定食を食べながら、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第25回めの放送を見ましたよ。

* * *

 恐ろしい絵の描かれた原稿を見て驚く布美枝。しかし、茂は普段とかわりない落ち着いた声色であったため、布美枝は妙な誤解をせずにすんだ。

 生活用品を揃えるため買い物へ行きたいと訴えるのだが、茂は商店街への簡単な略図を描いて渡すと仕事に戻ってしまった。布美枝を手伝ったり、案内したりという気は少しもないようだ。布美枝は部屋にあった肩掛けカバンを無断で買い物カゴ代わりにして、一人で家を出た。

 商店街では、布美枝の故郷に比べて物価が高かった。加えて、内気な布美枝がモジモジしている間に、買うつもりだった商品が目の前で売り切れてしまった。

 さらに、ハンドバッグを脇において商品を吟味している時に、置き引きの被害に遭ってしまう。通りがかりの女性(松坂慶子)の協力によって犯人(中本賢)に追いつき、バッグを取り戻すことができた。お礼をするつもりであったが、ちょっと目を話した隙にその女性を見失ってしまい、名前を聞くこともできなかった。

 茂には、勝手に持ち出した鞄のことで叱られた。それは漫画原稿を入れて運ぶものであり、食料品の匂いが移ると困るのだという。ゆっくり今後の生活のことを相談しようと思っても、茂はすぐに仕事に戻ってしまい、相手にしてくれない。茂は結婚したことを後悔しているのではないか、と悩み始める布美枝であった。

* * *


 今日は、全般にわたって布美枝のネガティブモード全開の日。これまでの放送では、少々不幸せなことがあっても、脇役たちのギャグによってクスリと笑わせることで気持ちよく放送を見終わるという工夫がされていたように思う。しかし、今日はそれがなかったので、ちょっとションボリ。ただでさえ憂鬱な月曜の朝に、これはちと辛いかもしれない。

 特に、鞄のくだり。何の変哲もない鞄のように見えたが、わざわざそれにフォーカスを当てて茂が機嫌を損ねるというのは、何かの伏線になっているのだろうか。伏線もなにもなく、単に夫婦のすれ違いを表現するだけだとしたら感じ悪いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。