名古屋メダリオン・ツアー(1): みうらじゅんの100冊展

 「みうらじゅんの100冊展: Book on Rock ‘n’ Roll!」という展示会が、名古屋PARCOにおいて 2010年5月20日から6月13日までの日程で開催されている(開催案内)。メジャーデビュー30周年を記念した企画。

みうらじゅんの100冊展 於・名古屋パルコ

 多くの著作物と共に、その書籍の生原稿が展示されている。
 21世紀にもなってワープロは使わず、クセのある字で原稿用紙に鉛筆書きされているのが特徴。余白には、雑誌編集者に宛てた一言メモなどが書かれているのを見ることができた。簡素なものだけれど、腰の低い挨拶文。「みうらじゅんって、結構いい奴なんじゃねーの」という気分になる。
 一方イラスト原稿の方は、本や雑誌に掲載されているものそのままで、余計なことはほとんど記されていない。カラーイラストは少なく、白黒原稿の上に薄くて透ける紙(トレースシート?)を載せてカラー指定してある物が多い。漫画家の原画展など見に行くと、きちんと彩色されているものが展示されている。それらとの違いが僕には興味深かった。

 そんなわけで、わざわざ京都府内から新幹線に乗って名古屋まで見に行ったのだが、とても満足できる内容だった。
 パルコ主催の展示会なので、全国のパルコで順次開催される可能性もある。僕の家から近いところだと、大阪心斎橋パルコで開催されたら、もう一回見に行っても良いと思っている。

 ちなみに、会場入口のみうらじゅん序言には「パルコ主催なので、エロは控えめです」と書いてあって笑った。実際、仏像スクラップブックとか怪獣スクラップブックなどは表紙を開いて中を見せていたが、彼のライフワークである「エロスクラップ」だけは閉じて展示されていた。

 堪能した展示会であったが、僕の最大の目的は別にあった。


 会場には、みうらじゅんの特製記念メダルが販売されていると知り、是が非でもそれが欲しくて、1日でも早くそれが欲しくて、名古屋まで出向いたのだ。

 記念メダルとは、茶平工業が製造・販売しているメダルで、全国各地の観光地で土地特有のメダルが販売されている。横には刻印機があり、日付と文字を彫り入れることができる。
 このメダルには特に固有名詞はなかったのだが、みうらじゅんは勝手に「メダリオン」と呼んで集めている。そんな彼のバージョンがこのたび発売されると聞いたので、どうしても欲しくなったのだ。
 ちなみに、僕はみうらじゅんがそれを集めていると知る前から、独自に記念メダルを集めていた。当blog上では、2004年11月に奇しくも名古屋で購入した記録が残されている。

 風貌がみうらじゅんに似ている僕であるし、メダリオンは大好きだし、新幹線に飛び乗って名古屋まで行ったというわけだ。

みうらじゅんメダリオン(2種)

 僕にとって嬉しい大きな誤算だったのは、メダルが2種あったことだ。
 写真では不鮮明かもしれないが(写真をクリックで拡大)、右側が今回の「100冊展」のメダル。そして左側は、安斎肇とコンビを組んだ「勝手に観光協会」のものだった。
 僕は「勝手に観光協会」が大好きで、彼らが勝手に作った全国47都道府県のご当地ソングのCDを車でよく聞いていたりする。彼らが曲を録音した旅館の一覧を google maps で作ったりもした。

刻印機を操作する俺 そんなわけで、もちろん両方共購入し(各500円)、メダル販売機の横に設置されている刻印機にセットし刻印を始める。

 ここで嬉しい小さな誤算があった。
 メダル刻印機の料金は僕の知る限り文字数に関係なく、一律30円。しかし、ここの刻印機は無料開放されていた。とても古臭い機械なのに、コインがセットするとそれが自動的に検知される。そして画面が切り替わって、文字入力を受け付けるようになるのだ。
 今まで、硬貨の投入が動作のトリガーだと思っていたので、軽い驚きだった。

 そんなわけで、嬉々として自分のblog 名を刻印して持ち帰ったのは2枚のコインの写真を以下に載せておきます。

左: 勝手に観光協会、右: 100冊展。いずれも非刻印面

左: 勝手に観光協会、右: 100冊展。刻印面(alm-ore)

 昔は、頻繁に読者へのコインプレゼントをしていましたが、最近はもうやってません。あしからず。

コメント (8)

  1. 名古屋メダリオン・ツアー(2): 名古屋城

     みうらじゅんのメダリオンを入手するために名古屋に来た。  そして、当blogにおけるメダリオンの原点は、2004年11月7日に名古屋城で購入した1枚であ…

  2. 名古屋まで行かれたんですね。お疲れ様です。
    メダルの刻印料って取られるのが普通なんですね。
    昔バイトしていた某所では、メダリオンの刻印は無料な上、バイトが横について操作の説明もしていました。
    (小さなお客さんが多かったからかもしれませんが)

    にわかMJファンなので、心斎橋パルコで開催されることをひそかに期待してます。

  3. 僕が知っている限りでは、奈良ファミリー(近鉄・大和西大寺駅横)で せんとくんのメダルを買った時も無料でした。その時は、お店の人が刻印モードを起動したり、操作方法を横で説明してくれたりしました(「知ってるから、あっち行けや」とは言えなかった。小心者だから。)。

    その無料で刻印のできる某所ってのがどこなのか気になる。どんなメダルがあるのか知りたい。

  4. Michael Jackson Lifetime Collection: 遺品展@東京タワー

     東京タワーのすぐ隣に出かける用事があった。  そして、全くの偶然にも、東京タワーで Michael Jackson the Official Lifet…

  5. 遅レスですが、バイトしていたのは大阪港にある某水族館の土産物売り場です。
    今日ちらっと確認したところまだメダリオンはやっていました。(無料刻印が続いているかは不明ですが。。。)

  6. 海遊館ですね。
    http://www.kaiyukan.com/index.html

    「よし、早速行くぜ」と思ったのですが、入館料2,000円というのを見て、「気軽には行けんなぁ」と怖じ気付いてしまいました。

    そして、海遊館とは関係ないのですが、昨日は札幌の大通付近まで行ったのに、テレビ塔のメダリオンをチェックしなかったことを激しく後悔中。とほほ。

  7. ビンゴです。(伏せた意味がないじゃん)
    土産物売り場は1Fにあるので入館しなくても入れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。