NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第30回

2010年4月検索キーワード 2010年4月度の当blogへの検索キーワード No,1 が「ゲゲゲの女房」になり、「山瀬まみ」が2位になってしまったことはファンとして少々悲しいが、それよりも何よりも「thundrbird」がトップ10入しているのに「AL-Mail」がランク外であることにとても悲しくなった当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第30回めの放送を見ましたよ。

* * *


 布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)は自転車で深大寺まで出かけた。豊かな木々、水の音、そばが名物、そして縁結びの名所であることなどが布美枝故郷の島根を彷彿とさせた。

 そしてなによりも、これこそがふたりの初デートであった。

 話は見合いのことになった。茂は、襖の間から隠れて布美枝が覗いていた時の目玉を見た。その大きな目玉が結婚を即決した理由だと言う。目に着目した理由は、人の魂は目玉に篭ると信じているからである。それに加えて、姿が一反木綿に似ているのも良いと思った。しかし、布美枝は一反木綿がなんなのか、その時は理解していなかった。布美枝は、茂の食べっぷりの良さについて、父から食べる力の強い人間は生きる力も強いのだと教えられてその気になったと説明した。

 次に、茂が一番のお気に入りの場所だとして案内したのは墓場であった。嬉々とする茂に対して、布美枝は少々引き気味であったが、熱心に耳を傾けようとしていた。

 夜、家に帰ると、茂は原稿料を全て布美枝に差し出した。収入が少ないことを詫びながらも、家の中の事を全て任せると頼むのであった。また、仕事部屋の掃除も布美枝に任せることになった。仕事部屋の襖が常に開け放たれるようになり、夫婦の距離が一気に縮まった。自分に似ていると言う一反木綿の絵を描いてもらい、妖怪だと言われたことに少々ムッとする布美枝であったが、夫婦の無邪気な会話に楽しくなるのであった。

 夫婦水入らずで落ち着いて食事をしていると、急に外が騒がしくなった。不審な男(梶原善)が突如やって来て、茂の妖怪漫画に感銘を受けたと騒ぎ立てるのであった。

* * *





 ふたりのデート(デート?デートなのか!?)シーンは、オープニングとほぼ同じ衣装。軽い視聴者サービスか。ただし、布美枝の衣装に関して、赤いチェックのスカートと白いブラウスは同じであったが、本編でのみ赤いカーディガンが羽織られているという違いがあった。どーでもいいことですが、思わずビデオで確認してしまいました。

 あと、思わず突っ込んだ台詞としては、布美枝が深大寺の静けさに関して、「東京にもこんなに静かなところがあるんですね」とかなんとかいう箇所。いやいやいやいや、アンタ方の住居もかなり田舎で十分に静かなところとして描かれてますから!

 そんなわけで、今週1週間の放送のラストで、やっと名実ともに夫婦生活のスタートが切られたわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。