NHK『ゲゲゲの女房』第53回

 昨日の放送があまりに良かったため、録画しておいたものを夜に見直し、やっぱり同じところでウルッとしてしまった当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第53回めの放送を見ましたよ。

* * *


「私、働きます」

 玄関の物音を見に行くと、下宿人の中森(中村靖日)が倒れていた。彼は貸本出版社から頼まれた原稿を届けに行ったのだが、頼んだ覚えは無いと言われ、原稿料も貰えなかったという。どうやら、業績が悪化して原稿料を工面できなくなった出版社が発注をなかった事にしたらしい。電車賃すら苦労している彼は、原稿料をあてにして往路の電車賃しか持っていかなかった。金が貰えなかったので、水道橋の出版社から調布まで歩いて帰って来たのだという。仕事が全く見つからず今後の食い扶持も心配する中森のことを、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)は決して他人事だとは思えなかった。

 さらに1ヶ月経って、4月になった。
 茂の留守中に、はるこ(南明奈)が近況報告にやって来た。彼女はパチンコ屋に住み込みで働いている。仕事の終わった夜に漫画を描き、休みの日に持ち込みをしているが、まったく相手にされないという。しかし、自分の手伝った漫画が本になっているのを見せてもらい、より一層やる気にみなぎるのであった。そんなはるこの姿を見て、布美枝は自分の境遇と照らして、少し考えるところがあった。

 茂は『河童の三平』を携えて貸本漫画出版社を何軒も回っていた。しかし、一向に出版先が見つからない。街角で途方に暮れていた茂は、出版社社長の富田(うじきつよし)に出くわした。原稿料不払い事件による絶交から半年ぶりの再会だった。富田はあちこちで不義理をしたため、作家から総スカンをくらい、出版すべき漫画原稿がないのだ。過去を根に持っている茂であったが、落ちぶれた姿ですがりつく富田の頼みを断り切れず、また、自分も他に出版のあてが無いこともあって、彼の会社から本を出すことにした。

 はること行き違いに、茂が帰宅した。『河童の三平』出版のめどが立ったことをとても喜ぶ布美枝であったが、原稿料を3ヶ月後払いの約束手形で受け取ってきたことに落胆する。相手が富田書房であることも大きな不安の種である。支払いが滞っており今すぐに現金が欲しい布美枝。しかし、茂は出版社が見つからずいつまで経っても金が入らないよりは、3ヶ月後に金を受け取る約束をした方がマシだと楽観的な態度を見せる。そう励まされて、布美枝も頷くしかなかった。

 心の中では、茂も富田のことを信用しておらず、不安でいっぱいであった。しかし、今できることは漫画を描くことだけであると自分に言い聞かせ、しゃにむに原稿に取り掛かるのであった。一方の布美枝は、自分が働きに出なくてはならないと考え始めるのであった。

* * *





 ドラマの中は昭和37年。東京オリンピックの2年前だそうです。高度経済成長の真っ只中で、全国が好景気に湧いている時代。確かに、一般常識としてそのことは知っていたけれど、ドラマの舞台となっている村井家の貧乏描写ばかりなので、そのことはすっかり失念していました。
 一方、当時の時代背景と合わせて考えれば、村井家の貧しさが際立ちます(だって、少ないコーヒー豆だからといって妻が飲むのを遠慮するんだよ)。よその家庭は明るく前向きなんだろうなと頭で補完して見ると、視聴にも深みが出てきます。
 ちなみに、当時は漫画雑誌の創刊が始まった頃で、貸本業界は衰退の一途だそうです。茂は未だに貸本業界一本で仕事をしていて、漫画雑誌には全く興味がない様子です。

 ところで、茂の机の横に「河童の三平」という背表紙の本があったようなんですが、あれは何の本だ?まだ出版されてないはずなのに。

 あと気になるのは、約束手形の額面が10万円になっていました。茂の原稿の相場は1万円らしいので破格です。これはきっと支払ってもらえないな。

コメント (3)

  1. 自分は昔からの水木しげるファンで
    「ゲゲゲの女房」を見ている者です。
    数週間前からこのブログを見させてもらって
    ドラマを反芻していました。

    今更で済みませんが、ありがとうございます。

    「ゲゲ」面白いですね。自分の主観ですが
    物語って、幸せな境遇でいる時よりも苦労している時の方が
    断然面白いのです。何故なのか分らないですが。

    話が変わりますが、このブログは、その日に見た
    松さんの記憶で書かれているのですか?そうだとしたら
    その記憶力と文章力は超人的と思います。
    これからも見させていただきますので
    よろしくお願いします!

  2. 応援とお褒めのコメント、ありがとうございます。さらにやる気が出てきました。

    このまとめ記事シリーズは、放送が終わった直後、記憶が鮮明なうちに書くようにしています。上の方に記事の投稿時間が表示されていますが、だいたい8:45頃にはアップされています。
    8:00-8:15の放送を見ながら、リアルタイムでメモを取っています。そのメモをもとに、20分ほどでみなさんがご覧になっている文章ができあがります。

    たまにセリフが聞き取れないことや、メモを取っていて見逃すシーンなどがあるので、HDレコーダーで録画もしていて、それをちょっとだけ見返すこともあります。初登場のキャラクターの俳優名をチェックするためにオープニングを見返すことはよくあります。

    そして何よりも重要なことは、このドラマは本当に話がわかりやすく作られています。1回見ただけで、どんなまとめ記事を書けばいいのか、おおよそのプロットがすぐに思いつきます。
    過去に「だんだん」や「つばさ」で同じようにまとめ記事を書いたことがありますが、それらはもっと時間がかかっていました。

    脚本と演出、そして役者の演技の上手さがわかりやすさの原因なんだろうと思いながら、毎日見ています。

    正直に申し上げると、僕は akaname さんとは正反対に、これまで水木しげるにはまったく興味がありませんでした。
    期待もせずにドラマを見始め、むしろドラマを馬鹿にするつもりで記事を書き始めました(本邦初公開の本音)。しかし、今やミイラ取りがミイラになった感じです。
    最近では、水木しげるの作品や伝記をちゃんと読みたいと思うほどです。

  3. NHK『ゲゲゲの女房』第54回

     本日未明の自分のコメントの補足として、本記事を書くためのメモ・ファイルを放送直後の状態で大公開するので、関心のある人は本文と見合わせてニヤニヤしてはいか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。