NHK『おひさま』第17回

女学生トリオといえば、どうしても南野陽子、相楽晴子、吉沢秋絵(『スケバン刑事II: 少女鉄仮面麺伝説』)を思い出し、南野陽子はそのまま陽子だし、相楽晴子は不良少女の育子、吉沢秋絵はお嬢様の真知子に当てはめればピッタリだと思う当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第17回目の放送を見ましたよ。

* * *
第3週「初恋」

苦しい初恋を告白した真知子(マイコ)は、翌日珍しく学校を休んだ。心配した陽子(井上真央)と育子(満島ひかり)は、放課後に真知子の家を訪ねた。
しかし真知子はピンピンしていた。その上、大量の白米を平らげようとしていた。たくさん食べて太り、醜くなれば許婚から嫌われる。そうすれば春樹(田中圭)との恋の障害がなくなるという打算であった。親友たちからは、醜くなれば春樹からも嫌われるだろうと笑われるが、他に打つ手もなく食べ続けるのだった。
陽子と育子は、その行為を無意味だと思いつつも、友情の証として一緒に食べるのだった。

その時、留守にしていた真知子の母(中村久美)が帰宅し騒ぎを嗅ぎつけた。陽子と育子は腹いっぱいご飯を食べたいと頼んだと訴え、真知子をかばった。
しかし、突然の緊張と食べ過ぎで、陽子は気分が悪くなり、その場で倒れてしまった。真知子の母からは、陽子が片親だから他人の家で身勝手なことをするのだと嫌味を言われてしまう。真知子は本当のことを言おうとするが、陽子がそれを止め、あくまで自分が全ての罪を負った。

次兄の茂樹(永山絢斗)がリヤカーで迎えに来てくれた。リヤカーを牽く兄の背中を見て、普段は子供っぽくて喧嘩ばかりしている兄のことを、とても頼もしい一人前の男だと思った。
また、そのリヤカーは、一家が安曇野に引っ越してくるときに陽子(八木優希)と生前の母(原田知世)が乗ってきたものだ。その連想から、もう一度母に会いたいと強く思った。母に、学校のこと、友達のこと、初恋のことなど、いろいろな話を聞いて欲しいと思った。
* * *





陽子(井上真央)が、母(原田知世)と死別したことを悔やむ内容という理解でいいんだろうか、今日の放送は?
これまで、母が居なくても気丈に振舞ってきた陽子だったが、その緊張の糸が切れてしまったってことか。そして、再び決意を新たに強く生きていくってことか。

僕の理解力が足りないせいなのか、脚本が良くないせいなのかわからないが、どうも、話がどういう方向に進んでいるかわからないです。

#第1週はとても面白かったのですが、最近はかなり視聴意欲が低下しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。