NHK『おひさま』第19回

昨夜の日テレ『おしゃれイズム』では永作博美が足裏マッサージを受ける様子が放送されており、永作ファンかつ足裏フェチのため、とても興奮した当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第19回目の放送を見ましたよ。

* * *
第4週「母の秘密」

初対面の祖母・富士子(渡辺美佐子)から、陽子(井上真央)がはじめてかけられた言葉は、陽子が母・紘子(原田知世)にあまり似ていないという冷たい一言だった。

茶を淹れるために下がった陽子は、祖母の靴が気になって玄関へ見に行った。祖母の靴は映画の中に出てくるような立派なものだった。それに比べて、自分や家族の靴はとてもみすぼらしかった。恥ずかしくて隠してしまいたい反面、そうすることは卑しい行為に思われた。にわかに靴を磨き始め、自分たちの靴を堂々と玄関に並べるのだった。

次男・茂樹(永山絢斗)も帰宅した。自分の祖母が来ているとは知らず、近所にとても豪華な乗用車が停まっていると玄関で大騒ぎしてしまう。その声の聞こえた祖母は、自分の孫が田舎者になってしまっていることを嫌悪するのだった。
陽子や茂樹に会うのは初めてであったが、長男・春樹(田中圭)の事だけは知っているかのようだった。

富士子の夫は、紘子が家を捨てた事を今でも許していないという。そのため、夫が仕事で海外に行っている隙に目を盗んで安曇野にやって来たという。夫の許しが出ず、紘子の葬儀にすら来ることができなかったと富士子はこぼした。

紘子の墓に案内するという良一(寺脇康文)であったが、富士子は山の中の墓になど行きたくない、自分の一族の墓はこのような場所にはない、と言って帰ってしまう。
ただし、帰り際に、明日まで穂高に逗留すると告げた。遠まわしに、孫たちが会いに来るようにと指図したのだ。

その夜、父・良一は、紘子が最期に「安曇野に来て良かった」と言ってくれたことが自分の唯一の誇りだと、子どもたちの前で話した。そして、もし母の若い頃の話を聞きたかったら、祖母を尋ねるようにと言った。
しかし、茂樹は自分の知っている母の思い出だけで十分だと言い捨てた。陽子も、思わずそれに同意したが、本心では知りたくて仕方がなかった。悩みを抱える自分に照らし、同じ年の頃の母が何を考えていたのか知りたかったのだ。

けれども、陽子は祖母に対して反感を持っていた。だから、素直に祖母に会いに行くことができなかった。
すると、翌日の下校途中、祖母が車で追いかけてきた。そして、なぜ訪ねてこないのかと詰問されたのだった。
* * *





今日の放送では、正座して食卓につく井上真央の後ろ姿が映されていました。
なかなか可愛らしい足の裏でした。井上真央を可愛いと思い、同時に、足裏フェチの当方はとても興奮しました。

あとは、「祖母が嫌な奴」、「陽子は反感を抱きつつも、母のことを聞いてみたいと思っている」ということだけ押さえておけば、今日の放送はOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。