江ノ島のグルメ

久住昌之・原作、谷口ジロー・作画の漫画『孤独のグルメ』は名作だ。

主人公・井之頭五郎のセリフ

モノを食べるときはね
誰にも邪魔されず
自由で なんていうか
救われてなきゃあ
ダメなんだ

は、何度読んでも胸が震える(「東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ」より)。

そんな主人公が江ノ島で美味そうに女夫(めおと)饅頭を食べていたから(「神奈川県藤沢市江ノ島の江ノ島丼」)、ミーハーな僕も同じように食べてきた。




井之頭五郎が山二つを眺める

俺が山二つを眺める


井之頭五郎がはふはふと女夫饅頭を食べる

俺がはふはふと女夫饅頭を食べる


なお、食べているのは、作中の井之頭五郎が実際に訪れたと思われる中村屋羊羹店の女夫饅頭です。こしあんを食べましたが、蒸かしたてを出してくれて、温かくて美味しかったです。
江ノ島に立ち寄った際には、ぜひ探し出して食べてみて下さい。


また、『孤独のグルメ』のロケ地に関しては、飯と孤独のグルメを見るとスゴイです。
江ノ島編も、もちろん完全追求。


中村屋羊羹店
住所: 〒251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島2-5-25
TEL / FAX : 0466-22-4214
E-mail: info@noriyoukan.com
営業時間: 9:00-18:00(不定休)


より大きな地図で alm-map を表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。