ゴミクズみたいな夜に思い出すこと

ただ、こうして生きてきてみるとわかるのだが、めったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないが、「生きていてよかった」と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける。

中島らも『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』 p.193

ただ、こうして生きてきてみて振り返ると、「生きていてよかった」と思う夜なんて、あんまりなかった、37年でほとんどなかった。本当にそういう夜がやってくるのか確かめたい、ゴミクズみたいな中島らもが嘘つきかどうか確かめたい、その思いだけで日々生きていると言っても過言ではない。

ただ、こうして書いてみたらわかったのだが、めったにはないはずの、何十年に一回くらいしかないかもしれない、「生きていてよかった」と思う夜があった。しかも、そう言ってから一年すらも経っていなかった、ゴミクズ呼ばわりしてごめんなさい、中島らもさん。

山瀬まみ25周年記念のベストCD&DVD が発売されるって、マジで?マジで?生きてて良かった、生まれてきて良かった。神様、お母さん、ありがとう!

「山瀬まみ25周年記念のベストCD&DVD が発売されるって、マジで?マジで?生きてて良かった、生まれてきて良かった。神様、お母さん、ありがとう!」


https://twitter.com/#!/almore/status/17589073388507136

さらに、twitterのログを検索したらわかるのだが、「生きていてよかった」と思うことは必須ではなかった。いかなごのくぎ煮があれば、そのおかずさえあれば、あとは白米だけで生きていけると宣言していた例もあった。

いかなごのくぎ煮、めちゃくちゃ美味かったです。おかず無しで、白米だけで生きていけますね。ありがとうございました。

「いかなごのくぎ煮、めちゃくちゃ美味かったです。おかず無しで、白米だけで生きていけますね。ありがとうございました。」


https://twitter.com/#!/almore/status/11877179012

どうやら、こうして考えてきてわかったのだが、めったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないというのは中島らもの大ウソで、「生きていてよかった」と思う夜は年に一回くらいはやって来る。年に一度あるならば、そう信じることができるなら、あとはゴミクズみたいな日々であっても割と平然と生きていけそうだ。

これは大発見だ。
楽観主義者にとってはごく常識的なことかもしれないが、厭世的で悲観主義的な僕には大発見だ。
こんな大発見ができたなんて、生きていてよかった。
(今年のノルマ達成)

どうも僕は、失敗したこととか、悲しかったこととか、ツイてなかったこととか、そういう事ばかり記憶に留めてウジウジする傾向にある。しかし、成功したこととか、嬉しかったこととか、ツイてたこととか、女の子にモテたこととか、「頭いいですね」と言われたこととか、「おしゃれですね」って褒めてもらったこととか、タダ酒をたんまり飲ませてもらったこととか、一晩で3回イカせてもらったこととか、憂木瞳のご開帳を生で拝んだこととか、山瀬まみのパンチラ写真をHDDにいくつも持っているとか、学生時代にさんざん俺のことをハゲ呼ばわりした奴が今や俺より髪が薄いこととか、後半に行くほど「それってどうなのよ?」的な下品なリストになってしまっているが、それはそれとして、注意深く思い出せば僕にはポジティブな記憶もたくさんある。

人の記憶の容量が一定だとするなら、どうせ覚えておく事柄の数に上限があるなら、辛いことよりも、楽しいことをたくさん覚えておいた方が得かもしれない。
「アイツにあんなに嫌なことをされた。一生忘れない」と言い、折に触れてアイツの嫌なところを思い出してムカムカするのは損だ。「あの子にあんなに気持いいことをしてもらった。一生忘れないでおこう」と言い、折にふれて思い出してはニヤニヤする方が得だ。

とてもいいことに気づいた。
こんなことに気づいたなんて、生きていてよかった。
(今年のノルマ黒字)

コメント (2)

  1. とりあえず憂木瞳云々のひとつだけで,「おい,それは3年分ぐらいの幸せとちゃうか?」と思った。うらやましい。うらやましすぎて悶絶して,寝られない。

    • 札幌時代に悪いおじさまがいて。
      僕がストリップショーに行ったことがないと言ったら、「そりゃ、一度は経験してみなきゃいけないよ」と返されました。でも、なんだか出かけるのが気恥ずかしいし、かといって、「恥ずかしい」と正直に言うのもなんとなく恥ずかしくて。仕方ないから、
      「ギルガメッシュないとの憂木瞳が出演することになったら行きますよ」
      なんて適当にはぐらかしていたら、本当に憂木瞳がやってきたわけで。
      それで、約束通り連れていってもらいました。

      場所はススキノマドンナでした。今はもう閉館したみたい。
      初めて見るストリップショーは、それはそれは美しかったです。性的興奮なしで、純粋に芸術的で美しいと思いました。踊りはチャチなのですが、ショーとして見せるために作り上げた身体は美しかったです。僕に芸術的素養があったら、大理石でギリシア風の彫刻を作りたいと思った。

      本文ではご開帳うんぬんと書きましたが、正直、各踊り子さんがラストに必ず行う「開脚」はむしろ興ざめだと思ったくらいでした。ご開帳が無かったとしても、3年2ヶ月(e.g. ユニコーン『大迷惑』)くらいの幸せ感はありました。

      なお、僕をススキノマドンナに連れていってくれたおじさまは、ススキノの飲み屋で桜樹ルイに偶然出会ったという幸運の持ち主。しかも、その時は桜樹ルイのことを一切知らなかったという。話しているうちにマドンナに出演する踊り子さんだと知り、彼女から招待券をもらって見に行ったとか。羨ましすぎる。
      で、その経験から「木公を連れていってやるよ」となったわけです。

      この悪いおじさまに関しては、DX東寺に関しても逸話を聞いたことがありますが、それはまた別の機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。