カキのオイル漬け

11月21日放送のフジテレビ『知りたがり!』で山瀬まみが紹介していたカキのオイル漬けの作成に挑戦する所存。

以下、テレビで見たレシピを記憶した当方が、キッチンに立って調理した模様をお送りする。
詳しいレシピはESSE 2012年 12月・1月合併号 に掲載されているそうなので、そちらをご参照いただきたい。

【材料】
生牡蠣、塩、ピュアオリーブオイル、オイスターソース、黒胡椒、にんにく

材料


俺のお料理中継は、いつもこの画から始まる。


【カキを洗う】
水に大量の塩を入れ、手で揉んで洗った。

塩水でカキを洗う


大量のゴミが浮いてきてげんなりした。しかし、げんなりした分、牡蠣が清潔になったかと思うと嬉しい。


【カキを30秒茹でる】
湯には塩を適宜。さっと茹でたらペーパータオルにあげ、水分をよく取る。

カキを茹でた。


このあたりで、「もう少しいっぱい買えばよかった」と軽く後悔しはじめた。


【カキに下味を付ける】
塩、黒胡椒、オイスターソースを適宜。分量はよーわからん。

ボウルでカキに下味を付ける。


ボウルの中のカキの少なさを見て、俺は完全にめげた。

【カキを焼く】
オリーブオイルで、にんにくスライスと一緒に焼く。
4分ほどかけて、しっかり焼くのが良いとのこと。香ばしい風味が加わって美味しくなるそうだ。

カキを焼く。


4分と指定されていたのに、時計を見忘れた。


【オリーブオイルで煮立てる】
オリーブオイルをひたひたと追加し、3分煮る。

オリーブオイルを追加して煮立てる。


テレビでは「煮る」という表現が使われていたが、ジュウジュウ、ピチピチと揚っている音がして不安になる。


【1日寝かせる】
1日置くと、味がしみて完成。

容器に入れて明日まで寝かせる


作ったはいいけど、明日まで食べられない。



以上、今日はオイルに漬け込んで保存するところまで。
味のレポート等は、明日する予定。

できたカキのオイル漬けは3週間ほど持つそうです。パスタに入れたりすると美味しいとか。そのままでもイケルって。

コメント (6)

  1. トモエンジェル
    おお~すごい!明日のレポたのしみ♪
    • 木公
      早く食べたくてウズウズしています。1個くらい味見してもいいんじゃないかという誘惑にじっと耐えています。
      あと、家中にカキとオリーブオイルの良い香りが漂っています。それだけで、ご飯を3口なら食べられるかもしれない。

      簡単にできますし、牡蠣を大量に手に入れることがあったらぜひお試しください。
  2. りえてぃー
    あ、オリーブオイルがレヴェルアップして...る?
    • 木公
      スパルタタタタらっこ先生から「オリーブオイルがショボすぎ」と怒られたので、変えてみました。
      これで良かったんでしょうか?ブランドとかよくわからなかったので、アルファベットのパッケージのカッコ良さげなやつを購入しました。
      ちなみに、エクストラバージンオイルとピュアオイルの違いもわからない初心者の当方です。
    • りえてぃー
      実は私も、一番最初にアップされた写真を見た瞬間に、オリーブオイルにはツッコミを入れたいと思っておりました(笑)。日本のスーパーで簡単に買えるものの中では、これは限りなく正解に近いのではないかと思います☆ 私も製造法の違いとかはあんまわかってないですが、エクストラバージンは、パンにつけてそのままとか、サラダにかけたりとか生食でも美味しく頂けるって感じじゃないかなぁと思います。油大好きの私はエクストラバージンなら飲めますが、ピュアオリーブオイル飲むのはちょっとキツいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。