NHK『カーネーション』第109回

本ドラマのおかげで戦後の女性ファッション史について知識が増えたのはいいのだが、「そういえば、ブラジャーとかっていつ頃から普及したのだろうか?糸子はブラしてるの、ノーブラなの?」とか「悪ガキの間でスカートめくりが流行りだすのはいつ頃?ドラマで取り上げてくれないかな?めくるシーンを放送してくれ!」などといったことばかり考えるようになった下品な当方が、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の第109回目の放送を見ましたよ。

* * *

第19週「自信」

風邪で倒れていた直子(川崎亜沙美)は、上京した千代(麻生祐未)の手厚い看病のおかげですっかり回復した。
直子は服飾専門学校の同級生(斎藤:郭智博、吉村:ドヰタイジ、小沢:野田裕成)と一緒に撮った写真を見せながら話をしていた。入学前の直子は、自分自身を天才だと信じて疑わなかった。しかし、同級生に出会って、その考えを改めさせられたという。同級生の3人は、それぞれに豊かな才能を持っており、自分だけが突出しているわけではないことを思い知らされたという。しかし、それは嬉しい発見でもあった。将来、彼らが作る洋服はどんな素敵なものになるだろうかと、ワクワクするのだという。
そうして、千代は岸和田に帰って行った。

優子(新山千春)がオハラ洋装店を手伝うようになって1ヶ月、彼女の仕事ぶりも随分と様になってきた。特に、若い客は優子の方が打ち解けやすいようだった。未だ大事な仕事を任される機会はなかったが、自然と優子の接客の機会も増えていた。

ある日、若い妊婦(榎園実穂)が来店した。妊娠4ヶ月だが、翌月に友人の結婚式に出席するという。それに着ていくサックドレスを希望した。そこまで話を聞いて、優子は糸子(尾野真千子)に取り付いだ。少し話を聞いた後、糸子は優子に全てを任せてみる気になった。優子も力強く、自信満々で仕事をやりたいと答え、そうすることが決まった。
早速、優子が採寸を始めた。夜も遅くまでかかってデザイン画を描いた。途中、糸子が様子を見ようとしても、優子は完璧に描き上がるまでは見せたくないと言う。
優子が悩んでいたのは、妊婦の出産後の体型の変化だった。お腹が大きくても、小さくなっても、どちらでも似合うデザインにしたいと思っていた。しかし、それは難題だった。糸子は、結婚式さえ綺麗に着飾れればいいのであって、その後のことは考えるな、出産した頃には流行が変わっているかもしれないと無視するよう指示した。しかし、完璧主義者の優子は承服しかねた。

デザインが決まり、仮縫いも済んだ。その段階で妊婦を呼び出して調整することとなった。
しかし、その妊婦は酷いつわりのせいで痩せてしまっていた。急遽サイズを詰めなければ、彼女の体調のことを考えると、かなり手早く行う必要がある。糸子は少し心配したが、他の仕事に忙殺されて優子の面倒を見てやれなかった。

やはり、優子の完璧主義の性格が仇となった。立ったまま1時間以上も調整を行なってしまった。やっと仮縫い作業が終わった時、妊婦は気分が悪くなって倒れてしまった。
店の奥の布団で客を休ませた。優子は泣きながら謝り続けた。

しかし、客は優子を責めるではなく、むしろ優しい言葉をかけてくれた。「倒れたのはうちの勝手や。丁寧にやってくれたから時間がかかっただけやろ?」と、優子の仕事ぶりを褒めてくれた。おかげで、それ以上大事にはならなかった。
糸子も気が抜けてほっとした。しかし、それが優子にとって本当に良かったのかどうかは、糸子には疑問だった。むしろ厳しい客にあたってこっぴどく叱られた方がいい薬になったのではないかと思うのだった。

その日、東京の直子から電話があった。
何やらすごい賞を獲ったという。

* * *

優子が大失敗をして落ち込んでいる日に、直子が大抜擢されたという知らせ。
直子に対して引け目を感じている優子にとって、これはきついだろうなぁ。週明けに波乱か?

さて。
常々言っていることだが、当方は女性の足の裏フェチだ。
今日は、聡子役の安田美沙子がワンシーンだけ登場。しかも、深夜に寝室でデザイン画を描いている優子の横で、布団に寝ているというだけのシーン。
ところがですよ。その布団の中から、安田美沙子の足が飛び出しているんですよ。足の裏だけがペロッと見える構図なんですよ。これは嬉しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。