NHK『おかえりモネ』第4回

僕の観測範囲だけかもしれないが、一昨日は田村正和の訃報で暗い世相だったのに、昨日の新垣結衣星野源の結婚発表で一気に世間が明るくなったようで、なんかスゲェなって思っている当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第4回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週『天気予報って未来がわかる?』

百音(清原果耶)は森林組合課長の佐々木(浜野謙太)と共に、天気キャスター・朝岡(西島秀俊)を森に案内した。森林浴をしながら大きな声を出したり笑ったりするとストレスが解消されるとされている。
初めは躊躇していた朝岡であったが、ふたりに促されて仕事の愚痴を叫んだ。テレビの気象コーナーは2分30秒しかなくて短すぎるという恨み言だ。確かに、少し気分がよくなった。

その時、百音は森林組合併設のカフェの客たちの笑い声が聞こえた。こちらの声が向こうに聞こえたらしく、それを笑う人々の声だった。課長・佐々木には聞こえず、若くて耳がいいのだろうと笑い飛ばした。500mほど離れているので普通は聞こえるはずがないと言うのだ。
しかし、朝岡によれば、気象条件に酔ってはあり得ると説明した。音は、温度の高い方から低い方へ曲がる性質がある。現在、低気圧が接近しており、上空に暖かい空気、地表に冷たい空気がある。そのため、音が地表付近に留まり、音が聞こえやすくなっているというのだ。

そして朝岡は、この気象条件では雨が振りやすいと付け加えた。空の様子を観察し、おそらく10分後には雨が降り出すと予想した。3人が急いで森林組合の事務所に戻ると、予言通り雨が降り出した。

百音は朝岡の能力にいたく感心した。しかし、朝岡は科学に基づけばわかることだから、特別すごいことではないと冷静に説明した。そして、気象と人体の関わりについても話した。低気圧が近づくと喘息が悪化したり偏頭痛が起きる例、露になると関節が痛みだす例などを紹介した。それらは、気温差や気圧の変化による血管の収縮によって引き起こされるのだという。

さらに朝岡は、佐々木が咳き込んでいることが気になっていた。それは花粉症ではないかと言うのだ。佐々木本人はそれを否定した。くしゃみや鼻水は出ないし、ましてや森で仕事をしている人間が花粉症だとは信じたくないのだ。これまで検査を受けたこともない。
しかし、併設の診療所で医師・菅波(坂口健太郎)に診察してもらったところ、実際に花粉症であった。

その日の夜は、森の中の屋外舞台で能が披露されることになっていた。しかし、この雨では中止せざるを得ないと思われた。人々は能を楽しみにしていたので、重苦しい雰囲気になった。

百音は、朝岡にこの雨がいつまで降るか聞くことにした。夜までにあがれば、能は実行できるのだ。朝岡は、電話やネットで詳細な気象情報を集めた。その結果、午後4時には雨がやむだろうと予想した。その時刻になると、実際に雨がやんだ。百音はますます天気予報の凄さを知った。
さらに朝岡は、室内から予言を行った。外に出て山の方角を見ろというのだ。百音が言われたとおりにすると、そこには大きな虹が出ていた。

こうして、その夜、能が上演された。

* * *


まとめ記事では割愛しましたが、雨で能が実施されるかどうか人々が不安になっている中、自宅にいたサヤカ(夏木マリ)が錦袋から長さ50cmほどの筒をうやうやしく取り出していました。そこではなんだかよくわからなかったけれど、その後の能のシーンで横笛がクローズアップされていたので、先祖伝来の笛ってことでしょうか?それとも、短刀かなにかで、明日あたりの能のシーンの小道具として出てきたりするんでしょうか。

あと、百音(清原果耶)と医師・菅波坂口健太郎)のシーンも。人々が能で盛り上がっている中、菅波は見に行かないと言います。翌日、東京に帰る予定で、読むべき論文などの荷物整理をしなくてはならないという理由でした。百音は、そんなに勉強や研究が好きなら、隔週で宮城に来ないで東京で研究していても良かったのでは?などと口走ります。菅波はちょっとムッとしながらも、「ここに来ればなにかあるかもしれないと思った」などと答えるシーンでした。

さらに、まとめ記事では一切書いてませんでしたが、能披露の日は石ノ森章太郎原画展の初日でもありました。朝岡(西島秀俊)はグッズを買い込んで、バカみたいに堪能してました。

【今日の蒔田彩珠コーナー】
出番なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。