NHK『おかえりモネ』第45回

10年前の今日は東海道五十三クリングで京都三条大橋にゴールした当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第45回めの放送を見ましたよ。

* * *
第9週『雨のち旅立ち』

東京へ行って気象予報会社に転職することを報告するために実家に戻った百音(清原果耶)であったが、なかなか話を切り出すことができず、しこたま酒に酔いつぶれて眠ってしまった。うつらうつらと幼い頃の家族の楽しかった様子を夢に見た。そして目を覚ますと、さっぱりと晴れやかな気持ちになった。

百音は、やっと東京で気象に関わる仕事をしたいと打ち明けた。そしてそれは、東日本大震災の経験とも関わっているのだという。
震災の日、百音は高校入試の合格発表を見るために仙台に行っており、地元の島にはいなかった。帰ってこられたのは数日後だった。地元のみんなが目の当たりにした悲惨な状況を共有していないし、自分は何の役にも立つことができなかった。その後ろめたさが心の澱のように溜まっていき、もう島にはいられないと思ったのだという。

そうして高校卒業後に登米に行った。そこで気象に出会い、今の自分ならいつか誰かの役に立てるかもしれないと思ったのだという。
気象は未来のことが予測でき、それによって誰かが危険な目に遭うのを止められるかもしれない。大切なものをなくして傷つく人を生まないために、気象の仕事で人々を守りたいと強く思うようになったという。

家族は誰も口を挟まず、百音の決意に全員が賛成した。
家族の了承を得ると、百音は翌朝早くに登米に戻り転居の準備を始めた。

そしていよいよ出発の日。
森林組合の人々は明るくにぎやかに百音を送り出してくれた。しかし、サヤカ(夏木マリ)だけはその場にいなかった。

サヤカは山にいた。切られたばかりのヒバはまだそこに置かれており、サヤカはそれを愛おしく眺めていた。百音はサヤカがそこいることを知っていて別れの挨拶に来た。
サヤカは百音を見送るつもりはないと告げた。百音もそのことをよくわかっていた。

ヒバが切り倒されたため、その付近は空が大きく開けていた。日光がよく届くようになったので、そこにおかれたままのヒバはよく乾くし、ヒバのあった場所には新しい木がよく育つだろうとサヤカは話した。

いよいよ百音が立ち去る時、空のある方向を指差し、10分後に見るように言い残した。

一人になったサヤカはヒバの切り株に腰を下ろした。
何気なく足元を見ると、すでにもう新しい植物の芽が出ていた。続いて空を見上げると、百音の予言通り雲が虹色に光る彩雲が出ていた。
サヤカは声を上げて百音の明るい未来を祈った。

百音は晴れ晴れとした表情で駅に向かう道を歩いていた。

* * *

第一部・登米編は今日でラスト。
終始、演出が最終回っぽかったですね。主題歌の映像が流れず、本編中のテロップでサブタイトルや出演者が提示されてました。そして、サヤカ(夏木マリ)が新芽を見つけるというクライマックスに合わせて主題歌が流れはじめるとか。グッと来た、ずるい。

本編では割愛しましたが、耕治(内野聖陽)と亜哉子(鈴木京香)は、百音(清原果耶)はもう島には帰ってこないだろうと互いに話し合って納得していました。
一方、百音はサヤカと別れる時に「いってきます」と言っていました。対するサヤカも「いっといで」と応じます。

これって、『おかえりモネ』の帰る先は登米ってことを暗示してますよね。ラストはサヤカの「おかえりモネ」ってセリフで終わるんだろうなという確信がますます強くなってきたわけで。

以下、当方の予想。
たぶん、百音が登米に帰ってくるのは50年後だと思う。
ちょうど、能舞台の柱に使うヒバ材の乾燥が終わる頃。サヤカの遺志を継ぐこともあるし、ヒバの保管を依頼したのも百音なのだから、その後始末のために戻ってこなければならない。
50年後は百音が70歳になっていて、ちょうど今のサヤカくらいの歳にも符合するわけです。

ただし、サヤカはその時130歳になってるはずで、さすがに生きていない。だから直接言葉をかけることはできない。その代わり、ヒバを預けてある神社の宮司(百音が来る頃には次代か次々代)に手紙を預けてあるのでしょう。たぶん手紙の日付は百音が登米を発つ日あたり(2016年3月下旬)。百音の未来を祝福する言葉が並べてあって、最後に「おかえりモネ」って書いてあるに違いない。それを夏木マリがナレーションするって演出なんじゃないかと。

50年後ラストだとするなら、ひとつの心配事がある。
朝ドラで近未来が舞台になることはほぼないってこと。たぶん時代考証が難しいので未来物やSFはあんまりやらないんだと思う。
ところがですよ、ヒバが預けてあるのは神社なんです。おそらく神社の様子は50年後もそんなに変わらないと考えられる。しかも、セットを組むのはヒバが保管されている蔵だけでオーケー。現代風にセットを組んでも、まぁなんとかなる。
清原果耶の老婆特殊メイクってのも見どころの一つになるはず。

さらに言えば、登米パートのテーマの一つは、「伝承」ってことがあると思う。
70歳になった百音は誰かに伝えていかなければならない。ということは、百音に娘(実子かもしれないし養子かもしれない)がいるか、弟子のような人物がきっと出てくるはず。ドラマのラスト2週間くらいは、その後継ぎの成長や葛藤についてストーリーが展開するんじゃないかな。
跡継ぎのキャスト予想は、大胆に平手友梨奈でどうでしょう。言う事聞かない人物っぽいのが似合いそうな気がする。話題にもなるし(いや、そういうのでテコ入れしなくても、本作は順風満帆だろうと思うけど)。

てなわけで、50年後ラストだと思うな僕は。

【今日の蒔田彩珠
姉の話を真剣に聞く未知(蒔田彩珠)はいい子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。