NHK『おかえりモネ』第93回

大好きな人が自分の心に占める割合が増えることは嬉しいことなのだから、それと同様に大好きな人の物理的な体積がこの世界に占める割合が増えてもいいじゃないかと思った(単なる撮影角度のせいだったらごめんなさい。今度の金曜日に生で確認してきます)当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第93回めの放送を見ましたよ。

* * *
第19週『島へ』

竜巻で実家のカキ棚が破壊されたらしい。しかし、家族からはなんの報せもない。心配になった百音(清原果耶)は様子を見るために急いで帰省した。
確かにカキ棚は壊滅的な被害を受けていたが、悲壮感はなかった。大勢の人々が集まり、夜を徹して残ったカキを急いで出荷する準備をしていた。みなは和気藹々と作業をしており、むしろ明るくにぎやかだった。

百音が到着したのは、ちょうど深夜12時を過ぎた頃だった。その日は百音の誕生日である。
そのことに気付いた耕治(内野聖陽)は大いに喜んだ。生まれる時は大時化の海を船で渡った百音が、今年の誕生日は最近開通した橋を渡って陸路で帰って来たからである。

しかし、百音は自分の誕生日を祝ってもらう気にはなれなかった。実家の危機に対して、自分がまだ何も貢献できてないからだ。東日本大震災の時にも何もできなかったことの二の舞のように感じられた。
すぐさま百音は、カキの出荷作業を手伝い始めた。

こうして、深夜には作業も一段落がついた。夜食や酒が振る舞われ、集まった人々は休憩した。

百音の幼なじみたちも駆けつけていた。
その中でも、三生(前田航基)はひどく酒に酔って、みんなに絡み始めた。彼は実家の寺を継ぎたくないと言って過去に騒動を起こしたことがある。今では寺を継ぐ意思を固めたが、周囲は三生の気まぐれではないかと半信半疑だった。
寺を継ぐことをみんなに信じてもらうため、三生はこれまで伸ばしてきた髪をこの場で丸めると言い出した。こうして、にわかに三生の断髪式が始まり、彼は見事に頭を丸めた。

日が明けた。
百音は竜巻の状況について周辺を調べてみた。しかし、竜巻は海上で発生したと思われ、海には風の痕跡がほとんど残らないため状況がよくわからなかった。

百音は祖父・龍己(藤竜也)を気遣って声をかけた。カキ棚が壊され、彼はひと回り小さく弱ってしまったように見えた。しかし、龍己は落ち込んでいる素振りはまったく見せなかった。東日本大震災の時に比べれば大したことはないと話すのだった。
百音は龍己をはじめ、みんなが前向きに力強く生きていることに感服した。

その後、百音は未知(蒔田彩珠)とふたりきりで話をした。
こちらに戻ってくることを考えていると未知に相談した。

* * *

三生(前田航基)の断髪式に多くの時間が割かれていました。
百音(清原果耶)の誕生日は棚上げです。本人が嫌がったとはいえ、断髪式のついでにちょっと祝ってあげればよかったのに。

【今日の蒔田彩珠
昨日の放送に引き続き、にぎやかな輪の中で楽しそうにカキの出荷作業を行う未知(蒔田彩珠)でした。ただ、最後の百音から相談を持ちかけられるシーンは、未知らしいクールな表情になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。