NHK『おかえりモネ』第96回

新型コロナウィルスのワクチンのせいなのか、昨日の夕方からずっと眠くて、昨夜は早く寝たのにまだ眠い当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第96回めの放送を見ましたよ。

* * *
第20週『気象予報士に何ができる?』

百音(清原果耶)は故郷の島に戻って気象の仕事をすることを決めた。突風で破壊されたカキ棚の片付けを島民が総出で手伝っていることに心を動かされたからだ。自然を前に成すすべがなくとも、前向きに明るく生きている人々の姿を見て、自分も彼らと一緒に生きていきたいと思ったのだ。
会社に願い出て、地方営業所という名目で社員のまま派遣してもらえる算段もつけた。百音には最低限の基本給のみの支給であり、事業予算も30万円、2年以内に結果を出すことがノルマとなった。

朝の情報番組『あさキラッ』も降板し、オフィスの片付けも行った。百音はみんなに激励され、東京での最後の1日を過ごした。

住んでいたシェアハウスの片付けも一通り終え、明日美(恒松祐里)と酒を飲み交わした。

明日美は、百音をはじめ、幼なじみのほとんどが故郷に戻っていくことが不思議でならないと話した。多くの人は故郷を離れて何年か経てば地元のことなど忘れてしまうはずである。それなのに自分の親しい人は故郷に帰っていく。地元が大変な状況にあるから戻って貢献するのが当然だという雰囲気になっているのも気に食わないと話した。

また、明日美にとっては恋人と一緒にいることが何よりも大事なことである。彼女自身、ちょっとした喧嘩はあるものの、百音の同僚・内田(清水尋也)との交際は順調である。
百音にも菅波(坂口健太郎)という恋人がいて、彼は近々東京に戻ってくることになっていた。入れ違いになり、結婚を延期してまで百音が地元に帰ることが理解できないと話した。

一方で明日美は、百音が故郷に戻ることを心底喜んでいるという。百音は東日本大震災の時に何もできなかったことを気に病み、地元にいられないと思うようになってしまった。そんな百音が自ら里帰りを決めたことはとても喜ばしいことだと満面の笑みで話した。
百音は、明日美の笑顔に救われた思いがした。いつも明るい明日見には救われたと、百音は感謝を述べた。

そのままふたりは雑魚寝した。
夜中に宇田川が風呂を掃除する音が聞こえてきた。初めて聞いた時は不気味だったが、今ではむしろ心が休まる音である。

* * *

特筆することはないかな。淡々と百音(清原果耶)が東京を去ることが描かれたって感じで。

【今日の蒔田彩珠
百音が帰ってくると知った家族は大喜びします。耕治(内野聖陽)は、百音の部屋を勝手に掃除しようとします。そんな彼を、百音は嫌がるからやめたほうがいいと冷たく言い放つ未知(蒔田彩珠)がかわいくてかっこよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。