NHK『おかえりモネ』第116回

アニメ映画『空の青さを知る人よ』の主人公のベース演奏シーンは僕の大好きなバンドであるところのDrop’sのベーシスト・小田満美子さんがモデルになっているとのことで、それだけを目当てに冷やかし半分で見たのだけれど、思いの外お話も面白くてついつい熱中してしまった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第116回めの放送を見ましたよ。

* * *
第24週(最終週)『あなたが思う未来へ』

菅波(坂口健太郎)と亮(永瀬廉)は、百音(清原果耶)がラジオ放送する姿を眺めながら二人で話をした。

菅波は、「19対5」とつぶやいた意味を説明した。百音が亮たち幼なじみと過ごした時間が19年で、菅波と過ごしたのは5年だけである。共有した時間が多い分、亮たちのことを羨ましく思うと述べた。
それを聞いた亮は、人を大事に思うことは怖いことではないかと訪ねた。大事な人が自分の目の前から消えてしまうことを想像すると恐ろしくてたまらないと言うのだ。菅波は、確かに恐ろしいことだと同意した。しかし、だからこそ、今目の前にいる人を最大限大事にすることで、その恐怖に立ち向かうしかないのだと説いた。

放送を終える前に、亮は約束通り未知(蒔田彩珠)に会いに行った。遅れてきた亮に対して、未知は「相手が漁師なら、待つのが仕事」と軽口を言った。それは地元ではよく言われている冗談であった。

亮は真剣な表情になって話はじめた。
未知は、自分たちの過去のことを何も知らない別の人と交際したほうがよいのではないかと言う。未知は、亮のことや自分自身のことでひどく苦しそうな表情をすることがある。いっそ、何も知らない人と一緒になったほうが楽に笑えるだろうというのだ。
未知は、楽に笑いたくて亮と一緒にいるのではないと反論した。その言葉で亮は覚悟を決めた。
亮は、未知を取り巻くしがらみや苦しみをわかってやれるのは自分しかいないと豪語した。今は苦しそうにしている未知であるが、心の底から笑えるようにしてやれるのは自分しかいないのだと言い切った。そして、先日の嵐で転覆しそうな船の中で考えていたことは未知に会いたいということだけだったと話した。
その言葉に未知は泣き出した。そしてふたりは抱き合った。

その頃、百音は菅波とともに家に帰ろうとしていた。
菅波はひどく緊張していた。気仙沼と東京で離れて暮らしている二人のことを百音の家族にどう説明すればよいのかわからないという。
百音は、菅波が過去に述べた「一緒にいるということは二人の未来をともに考えることだ」という言葉を引用した。百音はその言葉を気に入っており、ふたりの関係を表すのに最適だと話した。自分たちの関係を聞かれたら、そっくりそのまま返せば良いと助言した。百音はそういう関係を良いものだと思っているし、その相手は菅波しかいないのだと話した。

そうしてふたりは百音の実家に到着した。
亜哉子(鈴木京香)と龍己(藤竜也)は暖かく歓迎したが、耕治(内野聖陽)の姿がなかった。耕治は逃げ出すようにどこかへでかけてしまったという。

* * *


男親が娘の婚約者に会いたがらないという話はよく聞くので、耕治(内野聖陽)がいなくなったことはわかるんだけれど。
未知(蒔田彩珠)までいないってどういうこと?姉の婚約者が挨拶に来る日に、でかけてるってどういうこと?一般的によくあることなの?
いや、未知を責めてるわけじゃない。脚本の問題だ。

【今日の蒔田彩珠
無事に亮(永瀬廉)と結ばれることになった未知です。良かったよかった。
以前の放送で、亮は「酔った未知は泣くか怒るかのどちらかだ」と言っていました。今日の放送の未知は酔ってなかったはずですが、泣くことと怒ることの両方が出てきました。お得でした。

亮は将来に渡って自分が未知を笑わせてやると約束しました。それが交際承諾の言葉となりました。
嬉しくなった未知は泣き出したわけです。未知を笑わせると約束したばかりなのに、亮が未知を泣かせることになりました。亮は泣かせてしまったと軽口を言います。
未知はその軽口に怒って、パンチを繰り出しました。こうして、いつもどおり泣いたり怒ったりの未知になりました。

ていうか、未知パンチがめっちゃかわいくて。俺もくらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。