NHK『おかえりモネ』第86回

2019年度上期の朝ドラは広瀬すず主演の『なつぞら』で、清原果耶がヒロインの生き別れの妹役で出てたなぁと思い出した当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第86回めの放送を見ましたよ。

* * *
第18週『伝えたい守りたい』

2019年9月8日(日)になった。百音(清原果耶)が上京、気象会社で働き始めて3年半が経った。相変わらず充実した毎日だった。

百音たちが支援を続けていた車いすマラソン選手・鮫島(菅原小春)がパラリンピック代表選考会で優勝した。百音は、鮫島の悲願達成を自分のことのように喜んだ。また、スポーツ気象の将来に繋がる結果となり、会社にとっても喜ばしいことだと思った。

その日の深夜1時50分、菅波(坂口健太郎)から電話がかかってきた。百音にとっては毎日の起床時間の10分前であるが、菅波にしては奇妙な時間であり、声にも元気がなかった。聞けば、容態のよくない老人の往診から帰ってきたところだと言う。
菅波は、患者一人一人と深く関わることを目的に登米の診療所に赴任した。しかし、件の患者は在宅治療を諦め、入院治療をすることになったという。それで菅波は落ち込んでいたのだ。
離れ離れになって2年となるが、百音は電話で声を聞くだけで菅波の心情を全て察することができた。菅波に優しく声をかけ、ゆっくり休むよう話した。

最後に菅波は、翌週に上京するつもりだと話した。

出勤した百音は、神野(今田美桜)にもうすぐ菅波が上京することを話した。すると神野は、菅波からプロポーズされるのではないかと囃し立てた。ちょうど百音の誕生日であるし、24歳の百音と31歳の菅波は結婚適齢期だというのだ。
しかし、百音は照れながら肯定も否定もしなかった。

その頃の朝岡(西島秀俊)は表に出ることは少なくなったが、いくつもの新事業のアイディアを進めていた。
テレビ局の高村(高岡早紀)には、15分間の気象バラエティ番組の企画を提案していた。企画書を受け取った高村は、実現は簡単なことではないと頭を抱えた。

同時に朝岡は、アプリ開発が得意な内田の協力を得て、新しいスマホアプリの開発を進めていた。全国の人々から現地の気象状況をリアルタイムで送ってもらい集約するアプリである。気象観測データとして表れるより早く、気象状況を把握できるのではないかと考えていた。まだテスト段階だが、すでに500人ほどのユーザーが利用していた。
中には、現在の天気とは関係のない情報も含まれていた。たとえば、天気に関わる天気の言い伝えである。曰く、裏山の枯川に水があふれると、麓の川が氾濫するなどといった話である。けれども朝岡は、そういう情報にも価値があると言って興味を示していた。

一方、百音も新しいプロジェクトを立案していた。会社で定期的に開催される新規事業審査会に初めて参加することになった。
その場で百音は、「あなたの町の気象予報士: 全国津々浦々計画」を発表した。

* * *

続きを読む

NHK『おかえりモネ』第10回

トイレの電球が切れた問題は、結局昨日1日はトイレのドアを開放して通路の明かりを取り入れ、アマゾンでLED電球を注文し今日の午前中に到着予定となった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の第10回めの放送を見ましたよ。

* * *
第2週『いのちを守る仕事です』

山中で雷雨に見舞われ、小屋に避難した百音(清原果耶)と圭輔(阿久津慶人)のところへ医師・菅波(坂口健太郎)から電話がかかってきた。子どもは低体温症になりやすく、意識を失った後。心停止になる場合があるという。実際、圭輔は眠ったような状態になっていた。百音は、菅波の指示通り圭輔の体と温め、彼が眠らないように話しかけ続けた。なんとか圭輔は目を覚ました。
その様子を確認すると、菅波はスマホのバッテリーを節約するためと言って一方的に電話を切った。どんなに百音が不安がっても、菅波はそれ以上聞き入れなかった。

その夜、百音と圭輔は無事に森林組合に戻ってくることができた。菅波は、圭輔の足の捻挫と低体温症の診断をしたが、大事には至っていないようだった。しかし、念のため病院で検査をするため救急車で運ばれることとなった。
圭輔の父(猪俣三四郎)は、命が助かったのは百音のおかげだと言って深く感謝した。

圭輔ら親子が去った後、菅波は、百音のおかげで助かったと思ってはならないと釘を差した。
百音は、気象予報士・朝岡と医師・菅波から電話で指示に従っていただけで、自分の判断では何をしたわけでもない。森林組合の一員として、危機にも対応できるプロにならなければならないと叱った。
加えて菅波は、百音が父・耕治(内野聖陽)と話すのも見ていた。百音がこれからここで自分の道を見つけたいと言っていたことをたしなめた。森林組合に正式採用してもらったのに、まだ何か別のものを見つけたいなどというのは、組合の人々に失礼だと言うのだ。
百音は甘えているというのが菅波の見解だった。

その夜遅く、百音はもう一度山に向き合おうと勉強をしていた。しかし、菅波の言葉が気になって身が入らない。
そんな時、気象予報士・朝岡から電話がかかってきた。百音は、翌日落ち着いてから電話するつもりだったと謝ったが、朝岡の意図は別のところにあった。
朝岡はまだ職場におり、今日の登米の天気の急変について検証したいのだという。朝岡によれば、予測できなかった時こそ入念に検証しなければ予報の精度が上がらないという。自然が相手のことだから絶対ということはない。しかし、少しでも確からしい情報を得ることが大事だなどと朝岡は話した。

さらに朝岡は、海と山と空は水が循環することで互いに繋がっていると話した。百音は気仙沼で育ったので海のことはよく知っている、今は登米で山の勉強をしている。できれば、海や山と関連する空のことも勉強してみてほしいと話した。それは面白いことだという。

翌日、百音は書店で気象予報士の本を手にとった。合格率は5%であるという記述が最初に目に留まり、怖気づいて書棚に戻した。
しかし、勇気を出してもう一度開いてみると「気象予報士は、命を守る仕事です」という記述が見えた。
百音はなにかを感じた。

* * *

続きを読む

あらためまして、あらためまして

さっき回転寿司食べてきたんだけど。
そこの店員さんが事あるごとに「あらためまして」と言うもんだから気になってしまって、思わず久しぶりにブログを書く次第。

その店員さんは30歳代くらいの女性。決して美人の部類ではないけれど、人懐っこそうな造作でずっと笑顔を絶やさず、丁寧で真面目な接客ぶりだった。
あらためて、以下に彼女の発言を書き起こしていこう。
続きを読む

降霊できなかった話

最初はこんな感じで呼び戻そうと思っていたんだけど、「内輪ネタすぎる。あと『湿っぽくしない』がテーマだからやり直し」とダメ出しされてしまった。
なので、ここで成仏させときます(一部加工)。

本番のフレーズは気に入っていただけたかどうかわかりませんが、裏事情はこちらです。ありがたみがねぇ。

なお、本番ファイルの配布はありません。ご了承ください。

また、僕と某未亡人だけが知っている裏事情が一つだけあるのですが、それはふたりだけの秘密です。

わかるやつだけわかればいい。

いしょうきしょう

■4月19日(晴れ)

服飾センスに欠ける好青年


なんと、iPhone用のケースが売られています

■4月26日(晴れ)

nemui desu


なんと、ユニクロで通販できます

■5月10日(晴れ)

なんと、1回めと2回目の合体です。

■5月17日(曇り)

なんと、これで喪に服したつもりらしいです。

■5月24日(晴れ)

なんとも意味がわかりません。

■5月31日(雨)

なんと、急にまともな衣装になったから雨が降ったと噂されています。

道標

それぞれの人には良いところも悪いところもある。誰しもそうだろうし、もちろん僕自身もそうだろうと思う。きっとそう。

個人ごとに良いところと悪いところの配分はまちまちで、僕はたぶん悪いところの比率が多いタイプだと自覚してる。分かってんなら改善しろよって話だろうけど。本人なりに努力はしているんです、傍目にはわからないかもしれないけれど。

この20年間でずいぶんと改善されてきたなぁと自己評価はしている。まだまだ道半ばだけれど。
続きを読む

名古屋に行くはずだったのに行かない話

本当は明日(ていうか、日付が変わったから今日)、名古屋に行く予定だった。
僕にとって大切な女性の人と、将来のことをアレコレを確認しあったり、ある種の契約みたいなもんを処理するはずだった。
年明けころからいろいろ調整を進め、2月に親戚の不幸があったからちょっと延期になって、明日にしたはずなのに、先方の事情でドタキャンされた。

まぁ世の中の人々にとってはどーでもいいことだけれど、当方の都合ではこの手のことは毎回書いていかないといけないわけで。
かといって、具体的に何なのかを書けないのはいつものこと。

いずれ日がくればご報告することもあるかもしれないし、ないかもしれないわけですが、そのときにはどうぞよろしくお願いいたします。
ご清聴ありがとうございました。

古本に挟まれていたスナップ写真

BOOKOFF奈良押熊店をブラブラしていたら、偶然に本棚の目立たないところで岡本太郎『壁を破る言葉』を見つけた。

岡本太郎の作品については、『太陽の塔』と『明日の神話』、および奈良市のひがしむき商店街のどこぞの店の前にある『手』は見たことがある。

しかし、彼自身の人となりや経歴はよく知らない。
昭和の終わり頃、晩年の姿をテレビではよく見かけた。「芸術は爆発だ!」がキャッチフレーズで、子供心にはエキセントリックでちょっとアブナイおじいさんにしか思えなかった。けれど、自分も歳を重ねていろいろな経験を積んでくると、彼の生き方や言動も理解できそうな気がしてくる。むしろ積極的に知っていきたい。
そんなわけで、ふと見つけた『壁を破る言葉』も何かの縁だと思ってパラパラと眺めてみた。

中身は、岡本太郎の語録集で、1ページに1-2文程度が掲載されているだけだった。断片的な情報の寄せ集めにすぎず、彼の経歴や人となりを体系的に知りたいという僕のニーズには合わなかった。
本棚に戻す前に、裏表紙ウラに書かれている著者紹介だけ読もうと思ったわけである。
続きを読む

あけおめことよろ2018

年明けのおめでたい気分のところ、のっけから辛気臭い話で恐縮です。
旧年中は、あちこちで体にガタがきたという話が持ち上がっていました。

我が最愛の山瀬まみさまが両足骨折で1ヶ月の休業を余儀なくされたり。加えて、当方の知人何名かも鎖骨を折っただの、肘を骨折しただので大騒ぎでした。
がんで手術したヤツもいたし、放射線治療だかなんだかでガリガリにやせて髪の毛真っ白で別人になってしまった人もいたし。
そこまでの大事に至らなくても、健康診断でマズいところが見つかって精密検査だの、内視鏡で患部を取るだのなんだのという人も続出だし。

幸いなことに僕にはこれといった大事件はなかったけれど、年末の1週間はひどい風邪をこじらせてしまって、半分近くベッドで寝て過ごしてしまった。3日後に原稿の締切やら、週末に研究会発表があるやらなのに、ちっとも進んでいなくて泣きそうです。
本当は、原稿とかそっちのけで年末に女の子とデート(デート?デートなのか!?)の約束もあったのだけれど、それもキャンセルしてしまった。そんくらい体がしんどかった。

健康大事。

数週間前に、同世代の人と酒を飲んだ。いつもヘラヘラしていて軽口しか叩かない彼が
「この歳になるとよく分かる。健康さえあればあとは何もいらない」
としみじみ話していた。
その時は、僕も年末風邪を引く前だったので、実感もなく適当に聞き流してしまったけれど、今は考えを改めた。

健康大事。

そんなわけで年も改まったことですし、今年は健康第一を目標に、不摂生な生活も見直していきたいと決意する所存であります。

合わせて、僭越ながらみなさまのご健康とご多幸をお祈りさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。