寝ずの番 / 中島らも

最近映画化されたらしいですが、中島らもの「寝ずの番」の原作を読んでみました。

性的で下品なネタのオンパレードだけれど、笑える。
中学生が英和辞典で “sex” に蛍光ペンで印をつけて、友達どうして回し見してこっそりクスクス笑い合うようなしょーもない下ネタに終始しているけれど、ケタケタ笑える。
そして、最後の2ページで、ちゃんとホロリとさせてくれる。
文庫で95ページくらいでサラッと読める。
僕が買った講談社版には、表題作のほかに6編の短編が収録されている。
本屋で角川版と見比べたけれど、講談社版の方が作品数が多かったのでこっちにしてみた。
あと、角川版は、表紙がモロに映画の登場人物になっていて、なんか気に入らなかった。
#本屋でカバーをかけてもらわない主義なので、外で読むとき恥ずかしい。

続きを読む

ときめきバトン

若井おさむ「アムロ漫談」

きっと、何かの番組のキャプチャだと思われ。
各放送局は著作権違反風味の動画については、YouTubeに対してガンガン削除要請を出しているそうなので、早めに見ることをお薦め。
#いや、各放送局の行動はもっともだけれど。

声がそっくりで笑える。
「オヤジが熱中しないわけだ」で笑えない人は、ガンダム第1話を復習すること。
赤信号は赤い彗星、青信号はグフ。では、黄信号は?これ、期末試験に出るよ、きっと。



ちなみに、ガンダム第1話では、きちんと公道でエレカ(電気自動車)を運転してるんだけどね。
さらにちなみに、カイ・シデンは大型特殊の免許をいくつか持っているそうだけどね(第3話)。

やきそば弁当を am/pm で購入

近所の am/pm に行ったら、地域限定のカップめんが多数陳列されていた。

道産子なので、もちろん、マルちゃんのやきそば弁当(北海道限定品)を購入。

やきそば弁当

やきそばを作ったお湯で粉末中華スープを作るというアイディアが、合理主義で知られる(?)北海道民のハートをがっちりキャッチするこの商品。
まさか、内地で買えるとは思ってなかったよ!いやっふー!


1年半くらい前に、Rinさんに送ってもらって食べた以来だ(なお、ジンギスカン味のやきそばは、かなりアレな味で、食べずに放置されていることは秘密)。
今日は Cafe Junk でたっぷりとご飯を食べてしまったので、明日じっくり堪能する所存。


全てのam/pm店舗で販売されているかどうかはわからないけれど、一度買って食べてみる価値ありますぜ、旦那。