NHK『ゲゲゲの女房』第89回

 昨夜、ものすごく久しぶりに恒例のアレを送ってもらったのに、悪夢の中で四苦八九した・・・などとオヤジ・ギャグを放つ当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第89回めの放送を見ましたよ。

* * *
「チャンス到来!?」

 布美枝(松下奈緒)とはるこ(南明奈)は、深大寺の茶屋で休憩していた。話題は茂(向井理)のことばかりであった。茂の食いしん坊は父(風間杜夫)譲りであること(父は同じ店で団子、まんじゅうを大食いした)、そばにある墓地は茂のお気に入りの場所であることなどを布美枝が話して聞かせていた。
 はるこは、先日、布美枝に対して漫画家の気持ちなど分からないと暴言を吐いたことを改めて謝った。そして、茂の作品に対する布美枝の見えない貢献を高く評価した。茂自身も自覚していないだろうが、妻として支えているから茂は漫画だけに打ち込むことができ、立派な作品が作れるのであると。野に咲くナズナのうに、目立たないがいつもそばにいて、可憐でありながらたくましいところが布美枝のいいところだと、はるこは言うのだった。

 そして、はるこは勢いのあまり、茂のことが好きだと口走ってしまった。失敗したと思ったはるこは、作家として尊敬している、夫婦として自分の憧れという意味であると、慌ててごまかす。しかし、布美枝は彼女が男女の恋愛感情として茂に惚れていると見抜いた。けれども、彼女の気持ちを慮って、気づかぬふりを突き通すのだった。

 はるこは、これまでの生活とはきっぱり決別して山梨へ帰っていった。上京のきっかけとなった深沢(村上弘明)にはハガキではっきりと断筆を知らせた。彼女の才能を評価していた深沢は残念がるが、漫画家の新陳代謝も仕方のないことだと冷静に受け止める。
 そして、はるこが去った下宿には、茂たちと一緒に写った写真だけが残されていた。

 浦木(杉浦太陽)が茂の家にやって来た。はるこが帰郷することを引き止めたり、自分に知らせたりしなかったのはどういうことかと、泣き崩れながらなじるのであった。

 そんな騒ぎの中、人気漫画雑誌の編集者・豊川(眞島秀和)が訪ねて来た。『別冊・少年ランド』への原稿依頼である。貸本漫画の依頼とは違うスマートで羽振りの良い依頼の仕方、そして何よりも、大手出版社からの依頼ということで、布美枝や浦木は茂以上に緊張してしまう。せっかくのチャンスを無駄にしてほしくないと、布美枝は身を縮こませるのだった。
* * *





 今日ははるこパートに関して、いろいろ当方好みな場面がありました。

 はるこが布美枝のことをナズナになぞらえるのですが、ナズナといえば第29回に出てきたアイテム。
 新婚当初、茂は仕事がちょっとうまく行っていなかった。そんな時、布美枝が勝手に仕事部屋を片付けたことに、八つ当たりもあって、怒鳴りつける。関係が気まずくなるが、茂はふと家の中に飾られているナズナに気づく。それではじめて春の到来を知り、季節感すらわからなくなるほど荒んだ生活をしていたことを反省し、また同時に、布美枝への心の距離が近づくというシーン。
 今日の放送では、うまい具合に絡めてきたなぁとうなりました。

 そして、本文ではサラッと書くしかありませんでしたが、はるこの部屋に残されていた写真。はるこの東京での生活は、全て茂の存在に象徴されていたわけです。仕事の憧れでもあったし、恋愛の対象でもあった。
 あまりに少女趣味なロマンチックすぎる演出ではありますが、決別の強い意志を机の上にぽつんと置かれた写真に凝縮させるという表現は嫌いじゃありません。大好きです。
 そして、開かれた窓からは明るい光が刺していて、穏やかな春の日でした。はるこの未来が明るいということを暗示していると読み取れます。
 「幸せになってくれよぉ、はるこぉぉ!」と朝からボロ泣きした当方でした。

 ・・・桜が散ってたのは縁起が悪いっつーのもあるけど、そこは涙フィルタが見えないことにしておいてくれたよ。

 ・・・複雑な女心がいまいち伝わってこないのは南明奈の演技が悪いっつーのもあるけれど、そこは彼女のラストシーンだからご祝儀で気にしないことにしておくよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (1)

  1. NHK『ゲゲゲの女房』第137回

     南明奈のことを「胸が小さい」の代名詞としている(参考)当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第136回めの放送を見ましたよ。 * * * 「妖怪…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。