NHK『おひさま』第41回

以前に一度取り上げていたにも関わらず、サントリーオールドのCMで國村隼の娘を演じているのが、夏子先生役の伊藤歩である(YouTubeで参考映像を見る)と今まで気づいていなかった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第41回目の放送を見ましたよ。

* * *
第7週「教室の太陽」

1941年(昭和16)秋、陽子(井上真央)が教師になって半年が過ぎた。

その日は、とても忙しい日になった。
福田(ダンカン)からは、修身(道徳)の指導案作成を押し付けられた。しかも、白紙の指導案をその日のうちに仕上げるように命じられてしまった。
夏子(伊藤歩)が研修で留守にするため、放課後の雑用も全て陽子が行わなければならなかった。
昼休みには、陸軍飛行隊と海軍飛行隊のどちらが強いかをめぐってケンカする子供たちの仲裁をしたため、弁当を食べることができなかった。

陽子は我知らずイライラとし始めるのだった。

放課後、掃除をしながら戦争ごっこをしていた幹太(相澤大翔)が学校のバケツを壊してしまった。その日の授業で物を大切にすることを教えたばかりなのに関わらず、早速言いつけが破られたことに陽子は頭に来てしまった。
バケツを直すまでは帰宅してはならないと幹太に言いつけ、陽子は指導案作成に戻った。

日暮れまでかかって、やっと指導案作成が終わった。ヘトヘトになった陽子は、家路を急いだ。

家に帰ってからも、何か忘れ物をしているような感じが拭えなかった。
しばらくして、やっと幹太のことを思い出し、急いで学校に戻るのだった。
* * *





このドラマで、陽子(井上真央)が本気で怒る姿というのは初めて見たような気がする。友達にからかわれてムスッとするシーンはあったけれど、笑い半分みたいな怒り顔だった。純度100%の怒りはこれまでなかったかと。
その怒ってる顔がなかなか良かったです。

それ以外は、あんまり見所がありません。
ていうか、昨日は体操ができない男の子が同級生の助けで克服するとか、貧乏な家への家庭訪問で軽いショックを受けるとか、そういうエピソードがあったわけですが、それらは今日の流れとはまったく関係がございません。
何の脈絡もない、プチ・エピソードの羅列ばかりであり、ストーリー的にはこのドラマは完全に死亡してるっぽいです。やれやれ。


あと、職員室で教員たちが弁当を食べるシーンでは、壁の時計が2時5分を指していました。ちょっとおかしくないか?
まぁ、この時代は14時ころに昼休みをとる習慣だったのかもしれないし、その日はたまたまみんなが忙しくてゼンマイを巻き忘れて止まったままだったのかもしれないけどさ。

やれやれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (4)

  1. いやいや…まとめて読みました、いつもいつもありがとう御座います。今日はまた夏日なんでしょうか、昨日は暑かった…朝の満員電車が冷房弱く設定されてて暑くて地獄です…まだ夏になっていないのに折れそうですぅ(>_

  2. 昨日(21日 土曜)はめちゃめちゃ暑かったですね。
    今日も熱くなりそうな予感。

    すでに夏を満喫しまくったので、明日から秋になってくれてもいいくらいです、はい。

  3. NHK『おひさま』第46回

    電子コミック雑誌『電撃コミックジャパン』2011年7月号で、漫画版『おひさま』の連載が始まったと知った当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第46回目の放送を見ましたよ。 * * * 第8週「それぞれの朝」 真知子の父・剛三(平泉成)は事業に失敗した。しかし、真知子(マイコ)は国民全員が等しく苦労に耐える時期だと言って気にもとめなかった。むしろ、喜んでいる様子だった。 陽子(井上真央)は、真知子がそこらのお嬢様とは違って、自分の力を信じ、逆境に強く、困ったときにもくよくよしない性格だと密かに…

  4. NHK『おひさま』第50回

    予定では明日は早朝から旅に出ることになっており、道中ワンセグの電波が受信できない時は当まとめ記事の幕引きですよ、と予告する当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第50回目の放送を見ましたよ。 * * * 第9週「お見合いと泣き上戸」 突然の訪問と婚姻の申し込みを礼儀正しく詫びながら、徳子(樋口可南子)は帰っていった。 良一(寺脇康文)は非常識な申し出に呆れ返り、断るつもりになった。しかし、どことなく嬉しそうな陽子(井上真央)の様子を見ていると、きっぱりと破談させるわけにもいかないと、躊躇する…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。