NHK『純と愛』第6回

HDDレコーダーの引き取り手が見つからず、部屋が片付かないので誰かお願いしますよと懇願する当方が、NHK朝の連続テレビ小説『純と愛』の第6回めの放送を見ましたよ。

* * *
第1週「まほうのくに」

米田(矢島健一)と露木(や乃えいじ)にスタンドプレイを叱責され、人格まで否定されたことに純は逆上した。感情に駆られ、ホテルを辞めると言ってしまった。
その瞬間、厨房洗い場の男(風間俊介)が皿を落として割った。
皆の注意がそちらに向かった瞬間を捉え、指導係の桐野(吉田羊)は一言二言でうまくその場を取り繕い、辞職宣言をうやむやにし、純を連れ出して事なきを得た。

ただし、桐野はもう一度純のことを厳しく叱った。
一つには、犬が飼い主を選べないのと同じように、従業員も上司を選べないのだから我慢しろとたしなめた。二つめには、ルール厳守を再度言い渡した。

自律性やその人なりのやり方、理想を認めてもらえないことに、純はまだ納得できなかった。そこで、桐野に仕事の理念や目標について聞いてみた。
しかし、桐野の反応は冷ややかだった。そのような質問自体が青臭いといって相手にしなかった。そして、自分の考えが正しいと信じ、それのみに固執する人間は成長をやめたのと同じだと手厳しく答えた。

ますます納得のいかなくなった純は、同僚の千香(黒木華)に相談した。面接の時の彼女は、ホテルで働くことへの大いなる憧れを語っていた。自分と同じ思いでいるに違いないと思えた。
しかし、彼女の反応は予想だにしないものだった。千香がオオサキプラザホテルに就職した本当の理由は、不景気で他に仕事が決まらなかったので仕方のないものだったという。面接の時に話した内容も、採用のための方便だったという。
そして、純に対する苛立ちをついに爆発させた。上司たちは個人ごとの評価ではなく、新入社員全員を一括りにして見る傾向がある。そのため、純の身勝手な行動で自分にも迷惑がかかるというのだ。今日一緒に行った深夜フロント研修でも、純が勝手にルームサービスを受けてしまったことで、自分の帰りまで遅くなってしまった。
それまでのおっとりとした雰囲気と打って変わって、千香はドスの利いた関西弁で一気にまくし立てた。

純は疲れきった。自分の来し方を思い返しては、昔から不器用な性格で、損な役回りばかりだったと落ち込むのだった。

やっと家に帰り着き、徹夜で疲れた体を休ませようとした矢先、実家の母(森下愛子)から電話がかかってきた。弟・剛(渡部秀)が真面目に予備校に通わないことを父・善行(武田鉄矢)がなじったことが引き金となり、剛が家を出ていく騒ぎになっているという。
純はイライラした。そもそも母が剛に甘い顔を見せるから彼がつけあがるのだと言って、母に責任を負わせた。ただでさえ、末っ子の家で騒動で動揺している母は純の言葉に深く傷ついた。純に対して、大阪に行った人間は宮古島の家族のことなど見捨てるつもりなのだなどと喚き散らして電話を切ってしまった。

純はますます腹がたって眠れなくなった。
大好きだった祖父(平良進)のことを思い出すばかりだった。祖父の思い出は、全て楽しく愉快であたたかいものだった。

ふと、祖父の言葉を思い出した。純が自我の強さで軋轢を生じさせたり、苦しい目に遭ったとしても、「ずっとそのままでいてよい」と応援してくれた。
その時初めて、それは例のストーカーが言ったのと同じ言葉だと思い至った。それで、彼のことがなんとなく心に引っかかるようになった。

仕事が終わる頃を見計らって、ホテルの厨房を覗きに行った。そこで例のストーカーを捕まえ、とっさに皿を落として、純の辞職を取り消してくれたことのお礼を告げた。
その時、名札を見て、彼の名が待田愛(まちだいとし)であることを知った。

それから、和やかに話をしようとしたのだが、愛がホテルの厨房で働き始めたきっかけを聞いて空恐ろしくなった。純がホテルの採用通知を受けたのは、愛の目の前であった。そこで愛も後を追って、このホテルで働き始めたのだという。
そう説明して、愛は純の顔をじっと見据えた。

純は後退りしながら、愛が「自分には人の本性が見える」と言っていたことについて説明を求めた。
愛によれば、人の顔を見るとその人の本当の顔がわかるのだという。強そうな人が怯えていたり、優しそうな人が冷たい顔をしているなどといったことがわかる。そのようなわけで、先日純が助けた老婆(川本美由紀)がスリ師であることもすぐに分かったのだという。

ただし、愛は人の本性を積極的に知りたいと思っているわけではなかった。そのため、人の顔を見ないようにいつもうつむいて歩いている。そのせいで、人にぶつかってばかりいるのだ。
けれども、純の顔だけは裏も表もなかった。愛にとって、そのような人物は初めてであった。だから、純にはいつまでも変わらず、裏表のない人物であって欲しかった。そのままでいて欲しいと懇願するのだった。

純には愛の話が信じられなかった。そして、恐ろしくて気味が悪くなった。愛を残して走って逃げた。
* * *



千香(黒木華)の豹変ぶりがよかった。愉快な芝居をしますね、黒木華。彼女がいるだけで、『純と愛』はあと2週間は戦える。
ただし、番組の前半でそのシーンが出てきた後、頭の中ではずーっと黒木華の怒り顔が頭にチラチラちらちらしていて、お話があんまり頭に入って来なかった。

純が愛を訪ねたのが、徹夜明け当日のことなのか、翌日以降のことなのかよーわかりませんでした。
「この前はありがとう」みたいに「この前」と言っていたので、日が経っているように思うのです。けれども一方で、同じホテルでいくらでも会うチャンスはありそうなのに、そういう大事なお礼を数日後に回すというのもよーわからんし。つーか、「腹がたって眠れない」と言っていた次のシーンがお礼を言いに行くシーンだったので、ますます時間の流れがわからなかった。

まぁ、いいんですけど。黒木華が楽しかったから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。