どくしょのたのしみ

プライベートなメールを「投稿記事」にしてしまうシリーズ第2弾

–投稿者: 「木公クン,本読まないよねー」呼ばわりするオンナ さん–
ね、ね、69おもしろかったでしょ?
読後に世界が、ぐぐっと広がってくるでしょ?
村上春樹、深いでしょ?魂に訴えかけてくるでしょ?

そーなんだよ、それが読書の楽しみってやつなんだよ。

あとはねえ、そうだなあ木公くんにあうのは
原田宗典 とか
中島らもなんかもいいかな。

でもね

もうちょっと、してから教えようと思ったんだけど
ほんとは、もうちょっといろいろ読んでから読んで欲しいのだけど

舞城王太郎
なんというか、荒唐無稽でジャンプの原作みたいで文体も読みやすくて
こいつぁ、すげえよ。
今回の芥川賞候補が「好き好き大好き超愛してる。
あたしが読んだのは
阿修羅ガール」三島賞受賞作
煙か土か食い物メフィスト賞受賞作
熊の場所

さしずめ「熊の場所」あたりがおすすめか。

情緒とかあんま、ないのですが、たたみかけるような強引な展開が心地よい。
でも、なんか幸せ信じて豊かに強く生きなきゃだめだ、ってなメッセージが根底に流れているのです。
きらっと希望にゃのー。
————————

へーい,夏休みの宿題よろしく,読書感想文でも書いてみま~す.
#そのうちね.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. あっしは、最近、ノンフィクションものとか
    ビジネス書とか技術系の本しか
    読んでないなぁ。

    現実世界の方がおもしろすぎて…と言うのは言い訳か。

  2. いやいや,僕がフィクション系を読むのは,いろいろと不純な動機があるわけで.^^;

    つーか,ノンフィクション系とフィクション系と,どっちが偉いとか偉くないとか,ないわけで.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。