オムロン文化フォーラム: 瀬戸内寂聴 2008年1月27日@京都

NHK京都文化センターオムロンが共催で、「オムロン文化フォーラム」という講演会を毎月行っているらしい。
例えば、10月はキダ・タロー(作曲家)、11月23日には田崎真也(ソムリエ)とか。

2008年1月27日(日)には、作家瀬戸内寂聴の講演会が京都の立命館大学で開催されるとのこと。

瀬戸内寂聴といえば、源氏物語の現代語訳で近年は有名だし、興味がわくところである。
さらに瀬戸内寂聴といえば、出家して尼僧として生きていることも有名だし、かなり興味がわくところである。
そして瀬戸内寂聴といえば、かなり刺激的な人生を生きてきたようだし、ものすごく下衆な興味がわくところである。

どんな人生かっつーことを、wikipedia の瀬戸内寂聴のページから抜き出してみよう。

・・・夫の教え子と恋に落ち、夫と長女を残し家を出る。正式に離婚をしたのち、東京へ行き本格的に小説家を目指すようになった。長女とは後年和解する。
三谷晴美のペンネームで少女小説や童話を書いていたが、1956年、処女作『女子大生・曲愛玲』で新潮同人雑誌賞を受賞しデビュー。しかし、その受賞第1作『花芯』で、ポルノ小説であるとの批判にさらされ、「子宮作家」とまで呼ばれるようになる。


現在の柔和な表情からは想像し難いほど、ファンキーな経歴の持ち主でいらっしゃる。

今回の講演会のタイトルは「わたしの源氏物語」となっているので、そういうファンキーな話がテーマではないだろうが、とにかく瀬戸内寂聴には興味津々の当方である。
できたら行ってみたいと思っている。

ちなみに、現在のところ web でこの講演会に関する情報はみつからない。
そこで、僕が拾ってきたチラシの内容を以下に転載。






第237回オムロン文化フォーラム

講師: 瀬戸内寂聴 (作家)

「わたしの源氏物語」


源氏物語が書かれてから来年はちょうど千年を迎えます。これを記念して京都では様々な催しが開かれます。
本フォーラムでは、「現代語訳 源氏物語」など源氏物語に関する著書が多数ある寂聴さんに源氏物語の魅力と読みどころを語っていただきます。

定員: 1,000名
日時: 1月27日(日) 14:00-15:30
場所: 立命館大学(衣笠キャンパス) 明学館
主催: NHK京都文化センター
共催: オムロン株式会社
後援: 源氏物語千年紀委員会

【問合せ先】
NHK京都文化センター
TEL: 075-343-5522
住所: 600-8216 京都市下京区東塩小路町849 ルネサンスビル内

【申し込み方法】
・第237回参加希望と明記の上、住所、氏名、年齢、電話番号とともに、上記NHK京都文化センターまで往復はがきで応募
・はがき1枚につき1回1名分しか申し込めない
・237回(瀬戸内)の応募締め切りは 1月12日
・参加費無料
・応募所多数の場合は抽選
・返信用はがきに自分のあて先を書くこと

コメント (2)

  1. 寂聴ちゃんは同じ誕生日なので応援しています。
    (ちなみに美輪さまや美川憲一も同じです)
    『夏の終り』には不倫とかぶっとんでた時代のこと淡々と書いてあります。
    たしか日経の『私の履歴書』にも執筆してたから、生き様知るにはそっちを読むといいかも。
    文壇から干されたりいろいろあったけど、明るくてファンキーで話面白くて、いいすね。当たるといいねー。っつうか、寂庵でやってる法話の会にも申し込めば?(12月はおやすみだから、1月のやつとか)面白いみたいだよ。
    http://www.jakuan.com/houwa.html

  2. 法話会、面白そうですね。
    参加費500円ですが、別に高くないですし。

    30分ほど質問タイムがあると書いてありますが、彼女のfunky life について質問してもいいんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。