NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第14回

放送開始から2週間、やっとアバンタイトル(オープニング前の本編)が毎日あるスタイルに慣れてきた当方が、 NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第14回めの放送を見ましたよ。

布美枝(松下奈緒)は、兄嫁(桂亜沙美)と連れ立って川辺に散歩に来ていた。他家から嫁いできた兄嫁だが、ふたりはとても気が合うようだ。
ところが、見合いの話になると布美枝は急に元気を無くしてしまう。自分の内気な性格や、生まれて初めて故郷を出ることなどを心配し、結婚しても上手くやっていけないのではないかと思い悩んでいるからだ。それに対して兄嫁は、そんなことは嫁にいく女なら誰でも経験することだ、それにどこに住んでも日常生活は変わらないのだから普段どおりにやればいい、と自分の経験を話すことで布美枝の気を楽にしてやるのだった。

その時、予定日まで1ヶ月あるはずの兄嫁が、急に産気づく。慌てた布美枝は、通りがかったリヤカーを半ば強奪し、それに兄嫁を載せて運ぶことにした。兄嫁は無事に女の子を出産したが、後日、リヤカー事件を思い出しては布美枝の大胆な行動に言及し、その意気があれば結婚しても大丈夫だと、ますます布美枝を励ますのであった。

年が明けて、ふたりの見合いの2日前。
東京・調布市の茂(向井理)は、質屋に向かった。質入していたフォーマルウェアを受け出そうとしているのだ。しかし、どうしても金が足りず、靴とネクタイしか取り戻すことができなかった。最終的には、東京に住む兄(大倉孝二)から背広を借りることで、なんとか形を整えることができた。
茂は、母(竹下景子)がガミガミとうるさいから結婚するのだと兄に話す。つまり、結婚してしまえばそれ以上文句も言われないだろうという屁理屈である。

そして、見合いの前日。茂は実家の境港に帰省した。
仕事の都合上、茂の滞在は1週間が限度である。その期間で全て解決させるため、母は向こう5日間のスケジュールを全て決めてしまっていた。

  • 25日(友引):見合い。茂は黙らせ、父(風間杜夫)が話す。
  • 28日(大安): 結納
  • 30日(先勝): 結婚式。式場予約済み。急ぐことには縁起がいい日。

一方の飯田家は落ち着いていたが、布美枝は期待と不安の夜を過ごしていた。

姉の早産など、ストーリー上はあまり関係なく、どうも尺伸ばしとしか思えないシーンなどもありましたが、テンポよく進むのでダレることはありませんでした。むしろ、ちょっとしたアクセントして効果的に思えましたし、布美枝の人となり(火事場の馬鹿力)を例示するのにも成功していたと思います。
茂と結婚して、貧乏生活の逆境の中でもうまく切り盛りして行くという姿に繋がるのでしょう、きっと。

今日は、質屋の主人役として徳井優が登場。Wikipedia の記述によれば、1989年に引越しのサカイのCMに起用され、関西圏では知名度を上げたといった記述があるのですが、僕はこの人のことをよく知らない。よく知らないけれど、『ちりとてちん』で1回だけ出てきて、特異なキャラクター(日本一哀れな借金取り)を演じていたり、あちこちのファンサイトで「徳井優、笑える!」なんて感じのちょっとした人気で、僕は顔と名前だけは覚えていました。そんな彼が、今日も端役で登場。関西のお茶の間を軽い笑いで包んだのだろうか、よー知らんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。