NHK『ゲゲゲの女房』第111回

 家にクーラーのないあたりは現在の村井家と同じ当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第111回めの放送を見ましたよ。

* * *
「鬼太郎ブームがはじまった」

 新人漫画賞の結果が発表された。自信満々だった倉田(窪田正孝)であったが、佳作にすぎなかった。倉田は激しく落ち込んだ。大賞受賞者しかデビューさせてもらえないので、彼はまだまだ下積みを続けなければならないのだ。アシスタントの給料では実家への仕送りが大変なことに加え、もう一つ見ていた夢が破れたのだ。

 家にかかってきた電話にいずみ(朝倉えりか)が出てみると、それは実家の父(大杉漣)からだった。帰郷して見合いをするようしつこく言ってきているのだ。いずみは強く反抗している。布美枝(松下奈緒)は、いずみが東京で何をやりたいのか希望を聞いてみた。それに合わせて、いずみを弁護してやろうとしているのだ。
 しかし、いずみは自分自身の将来像を見失いつつあった。要領を得ない説明であったが、どうやら好きな人がいて、その男との関係が進展しないことを悩んでいるようであった。布美枝は、相手が倉田かもしれないと気づき始めるが、確かめる前にいずみは消えてしまった。

 漫画賞のショックで、倉田は仕事にも身が入らない。庭で休憩していると、洗濯物を取り込むいずみがやって来た。今回の漫画賞への投稿は、いずみが郵便を出しに行ってくれた。その礼は、「金で買えない素敵なもの」にするという約束をしていた。顔を見るたびに催促するいずみ。
 しかし、倉田はまだお礼を準備できていないという。煮え切らない態度の倉田に対して、いずみは鎌をかけるつもりで、見合い話が持ち上がっていると告げた。倉田は当惑しながら、結婚祝いも一緒に贈らなくてはならなくなったと軽口を叩く。彼のつれない素振りに腹を立てたいずみは、急いで洗濯物を取り込むと部屋に駆け込み、泣き出すのだった。
 倉田は、新人漫画賞の大賞が取れたら、いずみに一番最初に知らせるつもりだった。それこそが、金では買えない素敵な贈り物だと思っていたのだ。しかし、それがかなわず、倉田も困惑していたのだった。

 数日後、過去に下宿していた中森(中村靖日)がやって来た。彼から、布美枝がどんなに茂(向井理)の支えになっていたかを聞いたいずみは、布美枝に謝る。何日か前に、夫に依存して生きているだけだと罵倒したことがあったのだ。布美枝は特に気にしていなかったと言いながら、むしろ最近は茂が忙しすぎてまともに向き合えないことを寂しく思うと話すのだった。

 布美枝はそれを口火にして、いずみに倉田のことを聞いてみようとした。しかし、邪魔が入った。
 浦木(杉浦太陽)が、『ゼタ』が窮地に立たされているという噂を持ってきたのだ。
* * *





 倉田のいずみに対する感情が、どうもはっきりしない感じです、僕には。

 彼女のことを好いているのだけれど、漫画賞の件(デビューして成功するまで我慢)で言い出せないでいたり、同僚の菅井(柄本佑)に遠慮しているように見える。
 その一方で、いずみのことを女性とは見ていない、単なる漫画バカのようにも思える。彼女へのお礼も漫画で返すのが一番だと思って、漫画賞のことを気にしているように見える。いずみの見合いに対して心ない言葉を投げるのも、賞の結果が芳しくなかったことで気が回っていなかったのではないかと解釈できる。

 よくわかっていないのは僕だけで、他の視聴者のみなさんにはまるわかりなのだろうか。

 永作博美主演の映画『同窓会』(監督はサタケミキオ=宅間孝行=去年の『つばさ』に出てた)とか見ていても、ある人に言わせれば「誰が誰のことを好きなのか、一発でわかる」とのことだが、僕は最後の最後までわかってなかったくらいだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。