NHK『おひさま』第24回

本当は今日を限りに本まとめシリーズをやめるつもりでいたのだが、昨日オルニオ氏がコメントを残してくれたので、最低もう1週間以上は判断を保留しようと思った当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第24回目の放送を見ましたよ。

* * *
第4週「母の秘密」
松本で出会った春樹(田中圭)と真知子(マイコ)は互いに惹かれあった。しかし、双方とも相手の気持ちに気づいていなかった。陽子(井上真央)だけはふたりの気持ちを知っていたが、真知子の境遇を考えると素直に喜ぶことはできなかった。

兄との約束は果たさねばならぬと思い、陽子は意を決して、預っていた詩集を真知子に手渡す。感激した真知子は、いつもの寄り道を断り、一刻も早く貰った本を読みたいと、笑顔を浮かべて駆け足で家に帰った。

残された陽子と育子(満島ひかり)は、普段どおり村上堂に寄った。そこで、陽子は春樹と真知子のことを育子に打ち明けた。
陽子は、自分の大好きな春樹と真知子の恋が成就するのはたいへん嬉しいことだと思う。しかし、許婚との結婚という運命を受け入れ、春樹のことを諦めかけている真知子にそのことを伝えるべきかどうか悩んでいることを告げた。
それを聞いた育子は、ふたりには絶対に秘密にしておくべきだと意見した。他人の運命を左右するようなことを不用意に行うことは許されないと言うのだ。その考えに賛成した陽子は、黙っておくことに決めた。

一方で陽子は、育子の様子がおかしいことに気づいた。朝から、顎に絆創膏を貼っていることも気になった。本人は大きなおできができたと主張していたが、それが嘘であるらしいことを見抜いていた。
正直に話し始めた育子は、進路の事で父親と揉めたのだという。東京女子大学に進学したいと打ち明けたところ猛反対された。父が娘に直接手を出すことはなかったが、激昂してちゃぶ台をひっくり返し、割れた茶碗の破片が育子に当たって腫れたのだという。
娘に怪我を負わせた原因を作ったことに、父はしょぼくれてしまったという。育子の方もショックを受けた。意見が衝突したことではなく、父を愛しすぎていることで自ら板挟みになってしまっていることが辛いのだという。大嫌いな父親であったなら家を飛び出すこともできただろうに、父を愛しているがためそれができないのだ。


現代の陽子(若尾文子)は、当時の女生徒は学校を卒業したら結婚するのが当たり前で、進学や就職することはとても特殊なことであったと、房子(斉藤由貴)に改めて説明した。そして、陽子自身も教師になる夢を抱いていたが、それを誰にも言えなかったと回想した。


ある決意を持った当時の陽子は、小学校に向かった。
* * *




陽子、育子、真知子は行動も考えも一心同体なのだろうと思っていたのだが、ここに来て隠し事ができてしまった。つまり、真知子にのみ春樹の恋心が伝えられていないのだ。
これって、一方では真知子の気持ちを慮った友情と言えなくもないが、他方では真知子に対する裏切り行為だよなぁ、と思ったり。多分この後、ふたりが知っていたということが真知子にバレるんだろうけど、このドラマの展開上、裏切りとか背信とかいう話にならずに、「私のことを気遣ってくれてありがとう!」とお花畑ルンルン展開になるんだろうなぁ、と。
そりゃ、朝っぱらから「なんで黙ってたのよ!ひどいわっ!」などというドロドロ展開を見るのは重苦しいが、あまりに都合の良すぎる友情ばかり見せられてもつまらんぞ、と。

ていうか、「当時の女には自由がなかったのよ」ということがこのドラマのテーマであり、それを軸に登場人物たちの葛藤が描かれるというのは理解するが、全てがそれに収斂するのは一本調子で退屈するよなぁ、と。


さて、来週は失恋モードのドロドロ話らしいっすよ。

コメント (4)

  1. ウラオ
    私もここでドラマの内容を見てます。楽しみにしてるんです。会社出掛ける時間で見られない…うーん…困ってたら貴殿サイトを発見!(☆▽☆ )嬉しい限りだす
  2. 木公
    ありがとうございます。
    ご期待に添えるよう、なんとか頑張りたいと思います。

  3. ウラオ
    お返事嬉しい(☆▽☆ )!!

    プロフィールを今日初めて見ました!木公さんはきこうさんとお読みするんじゃ無くてまつさんとお読みするんですね!勝手にきこうさんと決めつけてた私…。私、まつさんと同世代です。何だか勝手に嬉しくなり返事しちゃいました、頑張って続けて欲しいです。


  4. 木公
    同世代の方の応援があると、俄然やる気が出てきます。
    どもです。

    ちなみに、「木公」ですが、僕も変換するときは「きこう」と打ち込んでるので、まぁ、どっちゃでもいいという話もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。