『おと・な・り』(監督・熊澤尚人/主演・岡田准一/助演・麻生久美子)

『おと・な・り』タイトル

ある男性カメラマン(岡田准一)と女性花屋店員(麻生久美子)は古いアパートの隣人。このアパートの壁は驚くべきほど薄く、隣室のちょっとした物音は全て筒抜けだ。
都会に暮らすふたりは、互いに相手の顔も素性も知らない。隣から聞こえてくる雑音に、時には腹を立てつつも、自分の生活の一部として心地良くも感じている。

それぞれがそれぞれに、自分の将来を大きく左右する重大な局面を迎えている。もちろん、相手がそうだとは知らないし、相手に伝えようとも思わない。薄い壁1枚で隔てられているのみだが、ふたりの人生は決して交わることはない。

・・・そんなお話。

ネタバレしない程度に作品紹介をしようと思うと、どうしても地味な内容になってしまう。
けれども、これは僕の大好きな映画ベスト5にランクイン。ぜひオススメしたい。

単に麻生久美子が見たくてレンタルした映画だが、麻生久美子が出演していなかったとしても、この脚本と演出は気に入ったことだろうと思う。




隣同士に住む男女にまつわる話であるから、
「どーせ、最終的にふたりはくっつくんでしょ?最初はちょっとしたトラブルや誤解でいがみ合うんだけれど、ふたりが力を合わせなくては解決できないような事件が勃発し、それを乗り越えることで恋に落ちる → ハッピーエンド っていう、ありがちなストーリーでしょ?」
と、多くの人が思うに違いない。
実際、僕はそういう予想の上に見始めた。

しかし、その予測はあっさりと裏切られる。ご心配なきよう。
ていうか、映画の早い段階で、どうやらその予測は間違いだと気付かされる。そして、結末予想の修正を行う。
しばらく見ていると、「やっぱりそうきたか。底が浅いのぉ。」なんて気分になってくるのだが、その矢先に、またしても予想が裏切られる。
少なくとも、僕は予想を外しまくった。最後の最後まで展開が読めなかった。

そういうわけで、とてもいい脚本だと思いました。その意味で、僕の映画ベスト5にランクインなわけです。


タイトル『おと・な・り』もなかなか凝っている。掛詞だ。
ふたりの関係を表す「お隣り」。あちこちから聞こえてくる「音」。良い意味でも悪い意味でも「大人」になることを迫られる登場人物たち。
これらが、場面設定、表現演出、脚本構成の3要素にそれぞれちゃんと活かされているのがスゴイ。

とても良い映画を見ました。


その他、今回、谷村美月を初めてちゃんと見ましたが、とても良い女優さんのように思いました。流暢な関西弁をしゃべるなぁと思っていたのですが、大阪府堺市出身なんですね。現在公開中の映画『阪急電車』にも出演しているそうなので、彼女にも大きなウェイトをかけて同作を見に行こうと思いました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (1)

  1. 『おと・な・り』ロケ地: 神奈川県清川村と埼玉県所沢市

    先日、映画『おと・な・り』を見て激しく感激してしまったた当方。 ちょっと調べたら、ロケ地の一部が当方宅からとても近いことがわかった。車で20分くらい。 映画と関係なく、地元の同僚の人々からも観光名所として勧められていた場所でもあった。 そんなわけで、一昨日、神奈川県愛甲郡清川村の宮ケ瀬湖に行ってきた(参考: 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団のページ)。 ここは10年ほど前にダム開発に伴ってできた人工湖。 そして、映画『おと・な・り』で主人公(岡田准一)の高校時代の思い出の場所として出てくる所。 映画のシーンは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。