NHK『おひさま』第3回

歳のせいか、最近、朝早く自然に目が覚めるようになり、何の苦も無く7:30からNHK BSプレミアムを見ることのできる当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第3回目の放送を見ましたよ。

* * *

第1週「母のナミダ」

10月、運動会の日。
陽子(八木優希)はいつものように早起きし、弁当を作るために台所へ向かった。しかし、そこではすでに母・紘子(原田知世)が運動会の弁当を作っていた。身体の弱い紘子であったが、この特別な日だけは自分一人で弁当を作りたいと言うのだ。献立は、どれも陽子の大好物であった。

いよいよ陽子の出場する徒競走の番になった。
直前、陽子の親友のユキ(荒川ちか)は何かを言い出したい様子を見せていたが、すぐにそれを打ち消した。

陽子の順位は2位だった。直後に走ったユキは1位だった。ユキは一等賞として、真新しいノートと鉛筆をもらい、心の底から喜んだ。陽子も、自分の成績などそっちのけで、まるで自分のことのように大喜びした。
それを見ていた母・紘子は、自分の娘が人のことを思いやることのできる、いい子に育っていると喜んだ。そして、自分の命が長くないことを悟っているせいか、自分がいなくなっても陽子のことは何も心配はいらないと、涙を流すのだった。

ところが、その翌日、ユキは学校に姿を見せなかった。
沈痛な表情を浮かべる夏子先生(伊藤歩)が、ユキは名古屋へ奉公に出ることになったと発表した。別れが辛くなるから誰にも言わないで欲しい、最後の思い出に運動会にだけは出場したい、と頼まれていたという。

陽子はすぐに学校を飛び出した。一心不乱に走り、リヤカーに載せられているユキにやっと追いついた。

* * *


学校の先生になりたいユキであったが、貧乏な家の都合で進学もままならないというのは昨日のお話。もう少し引っ張るのかと思ったら、本日お別れの運びとなりました。実際には明日まで決着は持ち越しですが。
前半は明るく愉快な運動会のシーンが続くので、「陽子の楽しい幼少時代」という穴埋め的内容かと思っていたのですが、後半で親友との別れを持ってきた。こういう対比をされると、辛くなるからやめてくれー、と思うものの、王道の演出に心をぐっと掴まれます。

ところが、涙腺決壊直前で、リヤカーのナンバープレートを見て吹き出した。
「長野 758」がそれ。長野から名古屋(758)に働きに出るユキ・・・。
そこは遊び心を見せる場面じゃないだろー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。