NHK『おひさま』第58回

今日は2ヶ月半ぶりのあるにゃんとの面会日である当方が、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』の第58回目の放送を見ましたよ。

* * *
第10週「今日だけの花嫁」

結婚式の翌朝。それは、和成(高良健吾)の出征の日である。

陽子(井上真央)は学校を休んで和成を見送りたいと思っていた。しかし、和成の強い意向でそれを断られた。

和成はごく普通の1日を過ごしたいと思っていたのだ。戦争がなければ、和成は家業の蕎麦屋で働くはずだった。その場合、和成が家にいて、学校へ出かける陽子を毎朝見送るという生活になるはずだ。そんな1日を味わいたいというのだ。
陽子や和成の両親(串田和美、樋口可南子)は彼の考えを最大限尊重しようとした。湿っぽいことは一切なしで、互いに笑い合うよう務めた。

陽子が出勤する時間になった。和成は玄関の外まで出て陽子を見送った。和成は天の太陽を指差し、どこへ行っても必ず太陽を見ていると約束した。それは、陽子のことをいつも思うという意味だ。
ふたりは笑顔で別れた。しかし、相手の顔が見えなくなるや否や、ひっそりと目に涙を浮かべるのだった。

そして、和成が出発する時を迎えた。
身支度を整えた和成は、両親のいる厨房に顔を出した。「夕飯はどうする?」「いらない」などといった気軽なやりとりを交わすと、ちょっと近所にお使いに出るかのような素振りで出て行った。店の客たちも、これから戦地に向かう青年だと気付く者は一人もいなかった。

陽子は子どもたちの前ではいつも通り明るく接していた。しかし、一人になると辛い思いに押しつぶされそうになった。様子を感じ取った夏子(伊藤歩)が何も言わず寄り添ってくれた。それをきっかけに、陽子は思いを爆発させた。そして、夏子に正直な気持ちを打ち明けることで気を取り直すことができた。

和成の実家へ帰宅した陽子は、すっかり明るい気持ちを取り戻していた。家族や和成の肖像写真に明るく挨拶すると、笑顔で店の手伝いをするのだった。
* * *





なんか、井上真央が泣いてばかりでいいかげん飽きてくるわな。
主人公が泣きまくるのをこんなに見るのって『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』の山下真司以来ではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。